テレビディレクターの1日のスケジュール・生活スタイル

テレビディレクターの業務スケジュール

企画から収録準備までの生活

テレビディレクターは、どのような生活を送っているのでしょうか?

ここでは、ディレクターの生活スタイルを紹介します。

ディレクターの出社は、おおむねゆっくりです。

もちろん、人によって異なりますが、午前11時頃にテレビ局に出社し、プロデューサー・放送作家などの制作陣と番組企画を決定する会議に参加します。

放送作家が企画案を提出することが多いですが、ディレクターも企画を考えることも往々にしてあるので、会議までにその資料づくりなどをアシスタントディレクター(AD)に指示しておかなければなりません。

そして、ロケやスタジオ収録が近々に迫っているときは、カメラマンやフロアディレクターなどのスタッフとの打ち合わせが入ります。

どんな企画なのか、どんな画を撮りたいのかなど、番組を実際に演出するディレクターが自らの演出プランを彼らに伝えることは、大事な作業です。

収録から編集までの生活

ロケや収録がある日は、番組や担当コーナーによってさまざまですが、ほぼ1日を費やします。

場合によっては、地方ロケや海外ロケもあるので、自宅に帰れない日々が続くことも多いです。

収録が終わった後は、編集業務にとりかかります。

たいていの場合、編集で必要な業務を手伝うアシスタントディレクターとともに、パソコンに向かい編集を長時間し続けます。

出社後、編集室にこもり、いつの間にか24時間が経過していたということもざらにあるでしょう。

眠気との戦いが始まります。

そんななかでも、次回の番組企画会議が入ったときは、出席しなければなりません。

ディレクターは朝から晩まで多忙な生活を送っているのです。

番組制作会社で働くテレビディレクターの1日

番組制作会社で働くテレビディレクターは、企画やロケハン、編集などさまざまな業務を効率よくこなしています。

基本的に取材やロケ、打ち合わせのような対外的な業務を日中のうちにこなし、夕方から夜にかけては編集作業や資料の読み込みなど個人でできる作業をすることが多いようです。

11:00 出社~担当番組の企画会議
テレビ局に出社して、プロデューサーや放送作家と一緒に担当している番組の企画会議を行います
11:30 新番組の企画書作り
会議での意見を踏まえて新番組の企画書を作成します
12:00 次回ロケコーナーのロケハンへ
ADと一緒に次回のロケで使いたい場所のロケハンに行き、現地で写真を撮ります
14:00 現在担当コーナーの編集
担当しているバラエティ番組のコーナーの編集作業に入ります
18:00 現在担当コーナーのスタッフ試写
できあがった映像を番組スタッフで試写して意見交換をします
22:00 試写後の修正をかねた編集
試写会で出た意見を反映させながら再び編集作業を行います
28:00 編集室にて仮眠
作業が一区切りしたところで編集室で仮眠を取ります
6:00 起床後、新企画の資料読み
早起きして、その日行われる企画会議に向けて資料を読み込みます
8:00 カフェで朝食を取る
朝食を取りながら今朝のニュースをチェックしたりメールに返信したりします
11:00 新番組の企画会議に出席する
担当している新番組の企画会議に出席します

テレビディレクターの勤務時間・休日