このサイトは番組制作会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「番組制作会社社員」

仕事内容
特定の資格や免許を必要とする職業ではありませんので、採用試験に合格すれば誰もがこの仕事に就くことができます。学歴に関してもあまり重視されないことが多く、どちらかというと人柄や番組制作に対する情熱、映像センスなどが求められます。この業界は人材の入れ替わりが激しく、新卒採用はもちろんのこと、年間を通して中途採用をしていることも珍しくありません。ディレクターやカメラマンの場合、就職後しばらくはアシスタントとしての採用となるのが一般的です。
なるには
放送局の社員は高収入であることで知られていますが、番組制作会社の場合は、給料や年収はそれほど高くはありません。東京に本社がある大手の番組制作会社と地方の番組制作会社では収入や待遇には大きな差がありますが、一般的にいうと年収は300万円から600万円ほどと考えておいてよいでしょう。入社後は契約社員やアルバイトの立場からのスタートとなることも多く、アシスタントディレクター(AD)やアシスタントカメラマンの場合、時給1000円前後になります。
給料
放送局の社員は高収入であることで知られていますが、番組制作会社の場合は、給料や年収はそれほど高くはありません。東京に本社がある大手の番組制作会社と地方の番組制作会社では収入や待遇には大きな差がありますが、一般的にいうと年収は300万円から600万円ほどと考えておいてよいでしょう。入社後は契約社員やアルバイトの立場からのスタートとなることも多く、アシスタントディレクター(AD)やアシスタントカメラマンの場合、時給1000円前後になります。
将来性
インターネットの発展とともにテレビ番組の視聴率が下がり、放送業界にとっては苦しい状況が続いています。視聴率不振の煽りを受けて予算削減に追い込まれる放送局も多く、人手不足で番組制作会社の現場にしわ寄せが来ていることもあるようです。人材確保や労働環境の改善は業界にとっての課題とされています。同業者間の競争が厳しい業界でもあるので、これからの時代に生き残っていくためには、プロフェッショナルとしての確かな技術が必要となることも間違いないでしょう。