「番組制作会社社員」とは

番組制作会社社員_画像

放送局からの依頼を受け、テレビ番組やラジオ番組制作を行う会社に勤める人のこと。

放送局のテレビ番組やラジオ番組を制作するのが、番組制作会社の仕事です。

番組を企画する「ディレクター」や、出演者である「キャスター」「リポーター」、撮影をする「カメラマン」、編集をする「編集マン」など、さまざまな職種のプロフェッショナルが所属しています。

クリエイティブな仕事に携われるという大きな魅力がありますが、近年ではテレビの視聴率が下がっており、苦しい状況が続いている業界でもあります。

不規則な勤務も多いですが、精神的にも肉体的にもタフで、テレビの仕事にやりがいを感じられる人であれば活躍していくことができるでしょう。

「番組制作会社社員」の仕事紹介

番組制作会社社員の仕事内容

テレビやラジオの番組を制作

番組制作会社の主な仕事は、放送局のテレビ番組やラジオ番組の企画・制作を担当することです。

ドラマやスポーツの生中継や音楽番組、バラエティ番組やドキュメンタリー番組など、特定のジャンルに限らず、さまざまな番組を請け負っています。

具体的な業務の内容としては、インターネットや電話でのリサーチや街頭調査、関係者の取材や撮影、スタジオ収録、編集や映像加工、台本作成などになります。

ディレクターであれば企画の立案そのものから携わり番組制作に関するあらゆる業務を一手に任されることも珍しくありません。

私たちがテレビで目にする人気番組の多くが実は番組制作会社によって作られているものだといっても過言ではないでしょう。

番組制作会社社員の就職先・活躍の場

放送局の子会社や関連会社も

番組制作会社の中には、放送局の資本が入った番組制作会社が数多くあります。

たとえば公共放送であるNHKの「NHKエンタープライズ」や「NHKプラネット」、テレビ朝日の「テレビ朝日映像株式会社」、フジテレビの「フジクリエイティブコーポレーション」、TBSの「TBSビジョン」、テレビ東京の「テレビ東京制作」などです。

このほかに放送局の垣根を越えてさまざまな番組に携わっている独立系の番組制作会社もあります。

番組制作会社社員の1日

スケジュールは臨機応変に

10:00 出勤
11:00 ロケの準備
12:00 昼食休憩
13:00 ロケ現場に到着
18:00 帰社してインタビュー起こし
21:00 退勤

番組制作会社の労働時間は不規則になりがちです。

ドキュメンタリー番組の撮影であれば取材相手に合わせて臨機応変に撮影を進める必要がありますし、バラエティ番組であればスタジオの収録日時に合わせて予定を組みます。

事件や事故が起きたときに呼び出しを受けて現場に直行することもあります。

番組制作会社社員になるには

新卒採用、中途採用で募集

番組制作会社で働くために特に必要とされる資格や学歴はありません。

人手不足の業界なので新卒採用、中途採用ともに積極的に行っており、年齢も特に問わないことが多いようです。

未経験者でもチャレンジしやすい業界といえるでしょう。

入社の時点ではディレクターの場合は特にスキルを求められませんが、カメラマンや編集マンの場合は専門学校で学んだ人や放送局でのアルバイト経験がある人を即戦力として優遇することがあります。

番組制作会社社員の学校・学費

学歴は重視しない傾向

番組制作会社の採用試験では、応募の条件として「高校卒業」あるいは「大学、大学院を卒業」以上の学歴を必要としているところが多いようです。

放送局の正社員の場合は採用試験の倍率が異常に高く難関大学出身の高学歴者が多い傾向がありますが、番組制作会社の場合はさまざまです。

撮影をする「カメラマン」や映像編集をする「編集マン」を志望する場合は、映像の専門学校に通って技術を身につけてから就職試験を受ける人もいます。

番組制作会社社員の資格・試験の難易度

自動車免許が必須なケースも

また、海外でのロケに人材を派遣する番組制作会社の場合、語学が堪能であることを証明する「TOEIC」や「英検」のような資格を重視することもあります。

自分が就職を希望する番組制作会社の仕事内容を事前に調べた上で役立ちそうな資格を就職前に取得しておくとよいでしょう。

番組制作会社社員の給料・年収

収入はそれほど高くない傾向

大手放送局の社員は給料が高く、待遇がよいことでよく知られており、30代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

これと比較すると番組制作会社の給料や年収はあまり高くはないという現状があります。

一般的にいうと年収は300万円から600万円ほどと考えておいてよいでしょう。

アシスタントディレクター(AD)やアシスタントカメラマンの場合、入社直後は時給1000円前後からのスタートになることもあります。

番組制作会社社員のやりがい、楽しさ

クリエイティブな仕事の楽しさ

番組制作会社社員の大きなやりがいは、クリエイティブな世界で働くことができるということでしょう。

「こんなテーマの番組はどうか?」「こんなスタイルで撮影したら面白そう!」「この出演者を抜擢しよう」と、意見の飛びかう職場は非常に刺激的ですし、ワクワクやドキドキを追い求める緊張感もあります。

自分の発想力や企画力を生かした仕事がしたい人にとっては、飽きのこない挑戦し甲斐がある舞台となることは間違いありません。

番組制作会社社員のつらいこと、大変なこと

ハードワークを乗り越えて

テレビ番組の制作現場は非常に慌ただしく、スタッフの多くが締め切りに追われながらギリギリのスケジュールで仕事をしています。

とくに、番組作りの司令塔となる立場であるディレクターは不規則な生活になることが多く、企画の提出前や台本作成時、VTRの編集の際には職場に泊まり込んで作業をすることも珍しくありません。

アイディアが浮かばないときや取材相手に断られたときには精神的に追い詰められることもあるようです。

番組制作会社社員に向いている人・適性

倫理観と正義感がある人

近年、テレビや新聞などのメディアにおける作為的な演出に対して、世間から厳しい目が向けられるようになっています。

昔と違ってインターネットがあるため、制作側が「これぐらいの情報操作なら誰も気付かないだろう」と思ったことでもあっという間に世間に暴かれて広まってしまうのです。

こういった問題を起こさないために、番組制作会社で働く人には、高い倫理観と正義感と責任の重さを忘れずに仕事に向き合う姿勢が求められます。

番組制作会社社員志望動機・目指すきっかけ

好きな番組を語れる準備を

番組制作会社の面接では、この仕事を目指すきっかけとなった志望動機や好きな番組について質問されることが多いようです。

また、番組制作会社によっては、自社が制作に携わっている番組に対する率直な意見や感想を求めてくることもあります。

志望する企業がどの放送局のどのような番組を制作しているのかをできる限り事前によくリサーチした上で、番組の魅力や改善すべき点などを整理して自分の意見をまとめておくとよいでしょう。

番組制作会社社員の雇用形態・働き方

非正規雇用でスタートすることも

番組制作会社の求人は必ずしも最初から正社員で採用されるとは限りません。

この業界は不規則な勤務時間やハードな仕事内容、クリエイティブな作業を続けていくことの精神的なプレッシャーなどから一人前になる前に離職してしまう人が少なくないので、契約社員やアルバイトなどの試用期間を経て適性を見極めた上で正規雇用されるケースが珍しくないのです。

試用期間の待遇については就職の際によく確認しておくことが大切です。

番組制作会社社員の勤務時間・休日・生活

暦通りには休めない職種

番組制作会社は勤務時間が事前に把握しにくく突発的な休日出勤や深夜残業も多いのが特徴です。

屋外での撮影や収録は天候に左右されやすくスケジュールが組みにくい上に、番組が完成した後に「スポンサーが内容に難色を示した」「出演者がスキャンダルを起こした」などの突発的なトラブルで放送直前に内容を変更せざるを得ないこともあります。

暦通り休みを取れる仕事ではないので、プライベートとの両立には努力や工夫も必要です。

番組制作会社社員の求人・就職状況・需要

人手不足で需要は高まる傾向

近年ではテレビ局の予算削減の影響から制作会社への外部発注が増えており、慢性的な人手不足に陥る番組制作会社も少なくはありません。

このため、新卒採用はもちろんのこと中途採用も行っており、春や秋だけではなく年間を通して人員を募集している企業も多く見受けられます。

年齢や性別、学歴や職歴、資格の有無などを問わず人間性を重視して採用する企業もあるので、この業界で働きたい人は積極的に挑戦してみるとよいでしょう。

番組制作会社社員の転職状況・未経験採用

未経験者も歓迎の業界

番組制作会社や職種によっては新卒採用・中途採用ともに「未経験者歓迎」としているところもあります。

撮影機材の知識や専門的なスキルが必要となるカメラマンや編集マンの場合は経験者を求める傾向がありますが、ディレクターの場合はリサーチ能力や交渉能力、演出力があれば未経験者でも思わぬ才能を発揮することがあるからです。

ただし、採用後には先輩の補助業務を行うアシスタント扱いからのスタートになるのが一般的です。

番組制作会社社員の現状と将来性・今後の見通し

テレビ離れが進む時代に

近年ではインターネットの発展によって誰もが簡単に動画サイトやHPにコンテンツをアップし、多くの人に自主制作の番組を見てもらえるようになりました。

同時に若者のテレビ離れが進み、放送業界で働く人々がこの現状に危機感を抱いています。

番組制作会社の社員が「番組作りのプロフェッショナル集団」として生き残るためには、企画力や発想力、映像センス、編集テクニックなど、卓越した技術を磨き続けることが必要不可欠です。