映画配給会社社員のつらいこと・大変なこと・苦労

映画配給会社社員のつらいこと・大変なこと

深夜や早朝に働くことも

映画配給会社の仕事は、絶対ではありませんが、不規則な生活になりやすい要素をはらんでいます。

というのも、まず洋画の買い付けを行うにあたっては海外の映画会社と連絡を取る必要があることが多いのです。

そうなると、どうしても時差の影響があるため、深夜や早朝に対応しなくてはならないケースが出てきます。

ときには徹夜になることもあるほどです。

眠い目をこすりながら働くのは、映画配給会社ならではの大変さといえるでしょう。

また、土日は舞台挨拶などのイベントが入って出勤することもあります。

決まった休日がなかなか取れないことがあるのも、映画配給会社社員のつらいところです。

「映画が好き」「この業界で活躍したい」という強い気持ちがなければ、なかなか長続きしないでしょう。

スケジュールが流動的に

映画の買い付けや宣伝、劇場視察などはルーティンワークではなく、日々決められた時間通りに動けない業務が多々あります。

そのため、勤務先によっては、定められた勤務時間があるようでないような状況になっていることも珍しくありません。

急な打ち合わせが入ったり、交渉が上手くいかずに残業続きになったりすることもあります。

スケジュールが流動的になることから、「プライベートの予定を立てづらい」と感じている人もいるようです。

もちろん、こうした忙しさは企業によって異なりますが、どの映画配給会社もそれなりの忙しさはあると考えておいたほうがよいでしょう。

体力はもちろんのこと、気力も必要なのが映画配給会社の仕事です。

映画配給会社社員の悩み

映画は昔から娯楽の一つとして多くの人に愛されてきたものです。

しかし、インターネットの発展やレンタル市場の成長により、映画産業はかつてのピークの頃に比べると衰退傾向にあります。

映画業界における各社の生き残りは決して簡単なことではありません。

実際、最近では中小規模の配給会社が倒産している例も見られます。

たとえ大手であってもヒット作を世に送り出すことができなければ経営は厳しいものとなってしまいます。

これからの時代、どうやって生き残っていくのか。

頭を悩ませている映画配給会社は決して少なくないでしょう。

10名以下の小さな組織で回している企業もたくさんあり、個人のビジネスセンスや嗅覚、努力が会社の運命を大きく左右します。

「その映画が当たるか、当たらないか」ということについては若干ギャンブル的な要素もあるのが現実です。

会社に所属することで一番に安定を求めたいという人には苦労が多いと感じる仕事になるかもしれません。

映画へ対する情熱を持ち、自ら道を切り開いていく姿勢が求められるといえるでしょう。

映画配給会社社員を辞める理由で多いものは?

映画配給会社を辞める理由としては、仕事のハードさや待遇、やりがいを持てないことがあげられます。

この他にも、映画配給会社ならではの理由として「映画をビジネスとして扱うのがつらくなった」というものがあります。

仕事として映画を扱う以上は、ヒットするかどうか、採算が取れるかどうかを常に考えなければいけません。

自分がどれだけ惚れ込んだ映画でも、ヒットしそうになければ映画館で流すことはできません。

こうしたジレンマに悩むなかで、「映画は趣味のままのほうが心穏やかに過ごせる」と感じる人もいるようです。

好きなことを仕事にすることならではの難しさともいえるでしょう。

映画配給会社への転職を考えている方へ

映画配給会社への転職を目指す場合は、求人案件数が豊富なリクルートエージェントを利用するのも一つの方法です。

リクルートエージェントでは仕事の紹介だけでなく、キャリアコンサルタントによる現状把握、分析、転職するべきかどうかのアドバイスまで受けることができますので、まずは気軽に相談してみましょう。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。