脚本家のつらいこと・大変なこと・苦労

脚本家のつらいこと・大変なこと

一人での孤独な仕事

脚本は自分ひとりでも執筆できますが、逆を言えば一人でずっとコツコツと書き続けなければいけません。

通勤ラッシュや人間関係に悩まされず自分一人でできる作業ですが、逆にいえば苦しんでいても誰も助けてくれないという環境です。

また一人でいることが嫌いだったり、すぐに外に出歩きたくなったりするタイプだと、長時間の脚本執筆がストレスにつながることにもなるでしょう。

締め切りに追われている場合は、一人で机に向かい仕事をしなければならず、孤独な戦いであることも苦労するところです。

不安定な仕事

脚本家は、テレビ局などから脚本執筆の依頼がなければ仕事がありません。

近年はテレビの視聴率が下がっていることや、映画の予算が抑えられていることもあり、確実にヒットする実力ある脚本家に仕事が集中しているという現状もあります。

たとえヒット作を出した脚本家でも、一度視聴率がとれなかったりファンから批判が殺到したりすれば、契約を打ち切られる可能性があります。

その際には自分で企画や脚本を持ち込んで営業をしなくてはなりません。

脚本家はひとたび仕事がなくなると収入がなくなってしまうため、安定した仕事がしたいという人には向いていないといえます。

脚本家の悩み

スランプに陥る

常に面白い脚本を作り出し、大ヒットするようなストーリーを生み出したい、これはどんな脚本家でも願うことでしょうが、現実はそれほど甘くはありません。

どんな巨匠でも書くものすべてが傑作になるわけはありません。

また数を追うにしたがって、ネタを使い果たしてアイデアが枯渇してしまうこともあります。

納期に追われ一生懸命絞り出したアイデアも、現場の監督やテレビ局のプロデューサーに突き返されることも少なくありません。

それが何度も繰り返されれば、自分にも苛立ちとフラストレーションがたまってきますし、現場からの脚本家としての評価も下がっていくことになりかねません、

スランプに陥るとこれまでのような仕事ができなくなってしまうだけでなく、信頼関係も損ねてしまうことになりかねません。

精神的負担が大きい

脚本家があまりのプレッシャーに耐えかねて、執筆を放棄するということはこれまでにも例があります。

小説家芸術家でも時折見られますが、創造的な喜びが逆に生みの苦しみになり、困難極まるハードワークと化します。

また執筆は基本的に一人仕事のため、実際協力してくれる人はほとんどいません。

そうした苦しい作業にも耐えられる精神力が必要といえるでしょう。

脚本家を辞める理由で多いものは?

脚本家は仕事が軌道に乗るまでは生活していくことが難しいため、多くは兼業をして生活を支えています。

小説家のように一度ヒットすれば注目を浴びるという職業ではありませんし、収入が急激にアップするということもあまりありません。

多くの脚本家は、脚本家として大成する前に、生活のために夢をあきらめてしまう人が多いようです。