女性の番組制作会社社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の番組制作会社社員の現状

テレビ番組の制作現場は、昔は男性のスタッフが中心の現場となって働いていました。

男性がカメラマンやディレクター、女性はリポーターやキャスターなどの出演者として制作に携わるのが一般的だったのです。

番組制作会社でも、制作スタッフは男性中心の採用を行っていました。

しかし、時代の変化とともに女性の社会進出が進み、現場も大きく変わりつつあります。

今は多くの番組制作会社で、ディレクター、AD、キャスター、リポーター、カメラマン、編集マンとあらゆる職種で女性が活躍しています。

テレビ局でも女性管理職が続々と誕生しているのです。

女性社員の産休や育休の制度に力を入れ始めている企業も多いので、女性も挑戦しやすい環境があると考えてよいでしょう。

女性の番組制作会社社員の強み・弱み

番組制作会社によっては、女性のスタッフの力を特に必要としていることもあります。

テレビは主婦を中心とした女性をメインターゲットにしている時間帯も多いため、視聴者の視点で考えられる人が重宝されるのです。

生活に役立つ知識を取り上げる情報番組や介護や育児などの問題に切り込む報道番組。

あるいは恋愛ドラマなどでも、女性スタッフを積極的にチームに入れています。

また、撮影の際にも女性がいることで雰囲気が柔らかくなり、取材交渉が円滑に進められることがあります。

これは女性のディレクターやカメラマン、リポーターならではの強みといってもよいでしょう。

その一方で、男性のスタッフに比べると体力がないことは弱みでもあります。

長時間のロケや残業に耐えられるよう、しっかり体調管理をすることが大切です。

番組制作会社社員の結婚後の働き方・雇用形態

番組制作会社社員は、結婚後は業務の内容やスケジュールを調整しながら働く人も多いようです。

また、「仕事を減らしたい」とか「出勤日を少なくしたい」という場合、あえて正社員から契約社員になるケースもあります。

給料は下がりますが、プライベートとの両立は目指しやすくなるでしょう。

ディレクターやカメラマン、リポーターなどの職種の場合、会社を辞めてフリーランスになる人も珍しくありません。

実力があって放送業界にコネクションがあれば、自分の力で仕事を勝ち取ることが可能です。

会社勤めのときよりも収入がアップする人もいます。

ただし、フリーランスの場合は不安定な生活になることも覚悟する必要があります。

配偶者に安定した仕事と収入があればリスクは少ないでしょう。

番組制作会社社員は子育てしながら働ける?

番組制作会社で働く女性には、大変な一面もあります。

この仕事は勤務時間が不規則で、制作に携わるスタッフは定時になったら帰れるというわけではありません。

休日出勤や深夜残業も避けて通れないことがあります。

また、担当する番組によっては遠方のロケや出張が多く、一週間ほど家に帰れない日もあります。

家族と過ごす時間を充実させたいと考える女性にとっては、ストレスに感じることもあるかもしれません。

ただし、最近では女性の社員が増えていることもあり、働き方に配慮する会社が増えています。

子どもが小さいうちは出張のない仕事につくことも可能でしょう。

ディレクターやカメラマンとして業務を続けることが難しくなったとしても、事務方のスタッフとして続けられることもあります。

努力と工夫次第で、子育てしながらでも働くことは可能です。

番組制作会社社員は女性が一生働ける仕事?

番組制作会社は、テレビ番組の制作に携わるというクリエイティブな経験ができるのが大きな魅力です。

情報番組やドキュメンタリー番組の制作では、女性ならではの視点を生かすこともできます。

そのぶん、放送直前には残業が続きハードワークになることがあります。

女性が働くにあたって大変な一面はありますが、自分のアイディアやセンスを発揮できるのでやりがいは大きいでしょう。

会社によっては、結婚や出産のタイミングで出張や残業のない仕事に回してもらうことも可能です。

また、番組制作会社を辞めたとしても、独立してフリーランスとして働くという道があります。

このように、番組制作会社で働くことは、女性の働き方の選択肢を増やすことにつながるでしょう。