映画宣伝のつらいこと・大変なこと・苦労

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

映画宣伝のつらいこと・大変なこと

体力勝負の仕事

映画宣伝は、時間と現場が許せば撮影にも立ち会うことがよくあります。

映画の撮影は朝早くから夜も遅いことが多く、ロケともなれば遠方まで向かわなければならないことも珍しくありません。

また映画公開間際となり宣伝が山場に差し掛かると、終電近くまで帰れないこともよくあります。

体力勝負の仕事で、さらに不規則な生活になることが多いので、自分の体調管理が重要です。

細かい気配りが必要

映画宣伝の仕事は、マスコミだけでなく監督や俳優への取材をすることもあります。

取材前には各マスコミのスケジュール管理だけでなく会場の確認やお茶、弁当などの買い出し、ヘアメイクやスタイリストさんの手配など非常に多くのことをこなさなくてはなりません。

取材当日は時間が押さないよう調整したり、逆に時間が巻いている(早まっている)ときには早めに次の取材先に連絡をしたり、苦情が出ないよう、常に先回りをして動かなければいけません。

取材中も時間と会話の内容をチェックしながら立ち会いつつ、飲み物は足りているか、次の取材先の準備は万端か、常に気を配らなくてはなりません。

撮影現場での取材に関しては、監督やカメラマンなど、現場スタッフの邪魔にならないよう、より時間と場所を調整し、動くことが必要とされます。

周囲の人たちに細かな気配りができなければ、この仕事は続かないでしょう。

映画宣伝の悩み

多忙な毎日

映画宣伝の仕事はとにかく多くの仕事をかけています。

映画宣伝というと、宣伝の企画、撮影現場の進捗のチェック、マスコミ&関連各所へのプレスリリース、試写会の準備や取材対応などマスコミ関係の仕事のイメージがあるかもしれません。

それだけでなく、映画館へのチラシ納品や前売り券の手配、宣伝物の内容チェック、パンフレット製作などその仕事は非常に多岐に渡ります。

常にいくつもの案件が同時に動いているため、マルチタスクをこなさなくてはならず、仕事の優先順位を確認し、要領よく動くことが必要です。

さらに取材やプレスリリース配信など、あらかじめ決められたスケジュールに沿って流動的に動くため、休憩がとれない、自分の仕事が後回しになって残業が多いなどと、苦労も多くあります。

常にアンテナを張らなくてはならない

世の中にはどんな映画が求められているか、どんな映画が観客に刺さるのか、そんなアンテナを張ることも仕事をする上では重要です。

いくら自分がいいと思っていても、お客さまに受け入れられなければ意味がありません。

そのため、世の中では今何が流行っているのか、どんなものがトレンドなのかといった情報に対しては常にアンテナを張っている必要があります。

寝る時間がないほど忙しくてもテレビや雑誌に目を通したり、次の映画のネタになりそうな本を読んだり、インプットする時間を捻出することが重要です。

映画宣伝を辞める理由で多いものは?

映画宣伝の仕事を辞める理由は、仕事が多忙すぎる、給料が安いといった仕事環境によるものが大半です。

ただし、憧れの仕事だからとこうした不満に耐えながら働き、宣伝プロデューサーを目指す人も多いのが実情です。

また近年映画業界は衰退傾向にあり、配給会社が倒産・減少するなど厳しい現実もあります。

一部の大手配給会社以外は、映画がヒットするかしないかによって大きく経営が傾く場合もあり、安定を求めたい人には向いていない部分もあります。

映画へ対する情熱を持ち、自ら道を切り開いていく姿勢が求められるといえるでしょう。