テレビプロデューサーの需要・現状と将来性

テレビプロデューサーの現状

 

テレビ番組制作の場において、テレビプロデューサーは「総責任者」としての役目を果たします。

「ヒト(スタッフ)」「モノ(コンテンツ)」「カネ(予算)」のすべてに対する権限を持ち、良質な番組を完成させるために、それらを正しく動かしていきます。

テレビプロデューサーになるには、AD(アシスタントディレクター)やディレクターとして長年経験を積む必要がありますが、すべてのディレクターがプロデューサーになれるわけではありません。

しかし、プロデューサー抜きで番組制作が行われることは決してないため、もしプロデューサーになることができれば、いち現場担当者とは違う大きな責任を抱えて仕事をすることが可能になります。

実力を磨いて業界内で知名度を高めていけば独立して個人で仕事をしていくこともできるので、テレビプロデューサーはさまざまな選択肢がある職業といえるでしょう。

テレビプロデューサーの需要

 

テレビ業界は衰退傾向にあるといわれて久しい現代ですが、今はSNSなどインターネットを利用して急速に情報が拡散していくため、面白い番組を作って話題となれば爆発的なヒットにつながる可能性も十分に秘めています。

民放からNHKまでどんなテレビ局でも、才能やセンス溢れるテレビプロデューサーを強く欲しているのが現状です。

昔に比べるとテレビ番組にかけることができる予算は減っていますし、テレビ業界においてコンプライアンスや倫理観が強く求められるようになったことや、番組制作において何かトラブルがあれば即座にネットで拡散される世の中になったことから、プロデューサーの責任や果たすべき業務の範囲は広がってきています。

そのぶん「優秀な人でなければ務まらない」という認識が今まで以上に業界内に広まってきていると考えてよいのです。

能力のあるテレビプロデューサーであれば、フリーランスになったとしても引く手あまたとなるでしょう。

テレビプロデューサーの将来性

テレビプロデューサーもクリエイターの一人であるため、視聴者に面白いと思ってもらえるものを、いかにわかりやすく、ときに斬新な視点で形にできるかが勝負です。

時代とともにメディアも多様化しており、従来のやり方に便乗するだけではなく、自らの手で新しい流れをつくることができるプロデューサーが求められています。

テレビプロデューサーはテレビに関わる職業のなかでは収入も高水準にあり、とくにキー局のプロデューサーになれば大きく稼げるというイメージが先行しがちです。

しかし、プロデューサーも他のクリエイターと同様、相当な実力が問われる仕事であり、このポジションに就けば一生安泰というわけではありません。

若手の実力あるプロデューサーは次々と出てくるため、これからも感性を磨き続け、時代の流れのなかで世の中に求められる番組を作り続けていく必要があります。

テレビプロデューサーの今後の活躍の場

ひと昔前までは、テレビプロデューサーはテレビ局の社員であることが多く、自局のテレビ番組しか担当しないというのが当たり前のことでした。

しかし、近年ではフリーランスのテレビプロデューサーとして活躍する人も増えてきています。

フリーランスになれば放送局の垣根を越えて自由に仕事をすることができるので、地上波やBSのテレビ番組だけではなく、インターネット放送局の番組、動画チャンネルやSNSでの配信、ラジオ番組なども手掛けることができます。

また、個人の活動として、テレビ番組の演出の方法を語ったり企画書の作り方を教えたりする講座を開くことも可能です。

「新しいことをやってみたい」「面白いことを極めたい」という熱意があれば、何でも挑戦していくことがきます。

これからの時代のテレビプロデューサーは、今まで以上に活躍の場を広げていくことができることは間違いないでしょう。