映像クリエイターの給料・年収

映像クリエイターの平均年収・給料の統計データ

映像クリエイターの給料や年収は、就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。

映像業界は資格や学歴がなくても働くことができるぶん、とにかく徹底した実力主義の業界として知られています。

映像クリエイターの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
その他の映像・音響・イベント・芸能関連職
(転職会議)
332万円 20代前半:266万円
20代後半:301万円
30代:373万円
40代以上:493万円
映像クリエイター
(転職ステーション)
287万円 -
映像/イベント/芸能関連
(DODA)
323万円 男性:341万円
女性:296万円
20代: 287万円
30代 :371万円
40代 :464万円
50代〜:460万円
生涯賃金:1億8002万円

各社のデータより、映像クリエイターの年収は280〜350万円の間となる実態が見えてきます。

映像クリエイターの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、映像クリエイターの平均年収は300万円前後となると思われます。

ボーナスを年間でおよそ3ヶ月とすると、月額総支給額は20万円、ボーナスは年間60万円ほど支給されていると考えられます。

東京都で勤務する映像クリエイターで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は17〜18万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています。

映像クリエイターの初任給はどれくらい?

映像クリエイターとして就職したとしても、すぐに映像制作ができるわけではありません。

まずは下積みや先輩のアシスタントして仕事を覚えていくため、新卒者や未経験の中途採用者は、月給17~20万円前後からのスタートが一般的です。

映像クリエイターの福利厚生の特徴は?

基本的には一般的な福利厚生を受けることができますが、小規模な制作会社では福利厚生が十分でないことも多くあります。

「仕事への適性や熱意を見極めるまでは正規雇用はしない」「昇給は成果に応じて」というケースも珍しくないので、よほど福利厚生の充実している企業へ就職できない限りは最初から良い待遇を期待するのは難しいと思っておいたほうがよいでしょう。

映像クリエイターの給料・年収の特徴

決して高収入ではない

映像制作の仕事は、業務量が安定しないことや、経費削減の余波を受けて人件費を削らざるを得ない現状があり、決して高収入とは言えない厳しい現実が待っていることもあります。

不規則な生活やハードな業務内容だけではなく、給料の安さに耐えかねて離職してしまう人も少なくありません。

映像クリエイターというと華やかなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、決して高収入の職業とは言えません。

フリーランスとして活躍する場合

フリーランスで活動している映像クリエイターの場合、収入は完全に出来高制です。

映像の仕事を一本引き受けると数万円~数百万円の契約になり、放送するメディアや尺、そして何よりも映像クリエイター自身の知名度や実力によってその金額は大きく変わります。

世界にその名を知られているような映像クリエイターの場合は、当然報酬も高額になります。

一方でまだまだ無名の駆け出しの映像クリエイターの場合、膨大な作業時間に対してわずかな報酬しかもらえないということもあります。

しかしアマチュアの映像クリエイターでも、動画サイトで何百万回も再生されるようなヒット映像を作ることができれば、それなりの金額の収入が入ってくることもあります。

とにかく人気や実力が収入に直結する業界なので、映像クリエイターとして生計を立てていくのには相当な力量が必要です。

映像クリエイターの施設別の年収

企業の正社員として働く場合

一般的には、テレビ局や広告代理店、大手の映像制作会社の正社員として採用されている人はとくに待遇が良く、キャリアを積めば、年収600〜700万円くらいにはなるようです。

また昇進してチーフになれば、年収1000万円以上の高収入になることもあります。

小規模な映像制作会社の場合

いわゆる下請けの仕事が多い小さな映像制作会社で働く場合は待遇が悪いことが多く、大企業の半分ほどしか収入がないことも少なくありません。

正社員だったとしても、年収200~300万円ほどというのは決して珍しくありません。

非正規雇用の場合

正社員ではなく、契約社員やアルバイトなどの非正規雇用者として時給1000円ほどで働くケースもあるようです。

専門的な技術を必要とする仕事ながら、ほかのアルバイトと時給としては大差ないといえます。

映像クリエイターが収入を上げるためには?

映像クリエイターが年収を上げるためには、より規模が大きく待遇の良い企業へ転職することです。

メディア系の仕事は転職する人も多いため、実績や経験があれば比較的転職も容易にすることができます。

またフリーランスとして働く方法もあります。

制作会社を退職するまでに人脈を気付いておけば、社員として雇用契約を解消した後もそのまま業務委託契約を結んで同じ仕事を続けることもできます。

フリーランスになるメリットとしては、仕事を自分で選ぶことができるようになることです。

ただし本人の実力や実績によっては仕事がなくなり一気に生活が苦しくなる可能性もあり、リスクを伴うということを十分覚悟する必要があります。