テレビディレクターになるには

テレビディレクターになるには

テレビディレクターになるには、いくつかのルートがあります。

一つ目は、テレビ局に入局するという方法です。

テレビ局の制作部門に入ると、まずはアシスタントディレクター(AD)からスタートすることがほとんどです。

そこで数年間、下積みとして番組制作の基礎を学んだのち、ディレクターに昇格することが一般的なルートとなります。

テレビ局によっても異なりますが、キー局、地方局とも5年前後ADを経験し、ディレクターになる人が多いといわれています。

ちなみにテレビ局の制作部門では、四年制の大学卒業以上の学歴が求められるので、テレビ局への入局を目指すのであれば大学に進学しておくことが大切です。

二つ目に、テレビの番組制作会社やプロダクションに入社するという方法があります。

テレビ局への入局に比べると、こちらは学歴の条件や採用試験の倍率が厳しくないので、比較的入社しやすいといえるでしょう。

もうひとつ、フリーランスのディレクターとして働く道もありますが、実績がなければ仕事が来ないので、経験者のみが選べる方法と考えるべきでしょう。

テレビディレクターの資格・難易度

テレビディレクターになるために必須とされる資格や免許はありませんが、テレビ局や番組制作会社の採用試験を受けなければいけません。

この試験が非常に難関とされています。

特にテレビ朝日、フジテレビ、TBSなどの民放のキー局の入社試験や、公共放送であるNHKの職員採用試験は、難関大学の出身者が数多く受験することで有名です。

新卒で入社できる確率は決して高くはないので、どうしてもディレクターになりたいのであれば、ローカル局や番組制作会社で働くことも視野に入れて就職活動を行うとよいでしょう。

テレビディレクターになるための学校の種類

テレビディレクターになるための学校としては、大学か映像系の専門学校があります。

テレビ局に就職してテレビディレクターになることを目指す人の場合、四年制大学卒業の学歴が条件となっていることが多いので、まずは大学に進学しておくことが大切です。

文系・理系はどちらでもかまいませんし、学部に関しても特に指定はありません。

ただし、一般的な傾向としては難関大学の卒業生が採用されることが多い業界なので、大学のレベルに関してはできるだけ高いほうがよいでしょう。

番組制作会社やプロダクションのテレビディレクターを目指す人の場合、学歴は特に気にしなくてもよいでしょう。

映像系の専門学校やマスコミを目指す学生を集めたスクールがあるので、このような学校で勉強しておくと就職後に役に立ちます。

テレビディレクターになるためにはどんな学校に行けばいい?

テレビディレクターに向いている人

映像が好きな人

テレビディレクターは映像を撮影したり編集したりする仕事に携わっています。

ディレクターとして活躍するためには、映像が好きでセンスがあることが必須です。

論理的な人

番組のコンセプトやメッセージをきちんと視聴者へ伝えるには、論理的にものを考えられることが大切です。

人間関係を築くのが上手い人

チームで仕事をする機会が多いテレビディレクターは、人間関係を築くのが上手い人のほうが適任です。

欲しい映像を撮るには、スタッフ・出演者・一般人など数多くの人間と上手に付き合うことも求められます。

テレビディレクターに向いている人・適性・必要なスキル

テレビディレクターのキャリアプラン・キャリアパス

テレビディレクターのキャリアは、一般的にはアシスタントディレクター(AD)になるところからスタートします。

入社後の5年ほどはADとして先輩ディレクターの補佐を行い、仕事の流れや演出の方法について学びます。

ある程度の経験を積んだらディレクターとしてデビューし、ミニ番組や情報番組のなかの特集の一部など短い尺の番組を担当します。

実力が身についたら、特番や大型番組、ゴールデンタイムの番組を任されるようになります。

ディレクターを経験したあとはデスクやプロデューサーとなり、全体の統括を務めるのが一般的なキャリアパスです。

テレビディレクターを目指せる年齢は?

テレビディレクターを目指せる年齢に関しては、特に制限はありません。

しかし、番組制作会社やプロダクションの中途採用では、35歳未満の人材を募集していることが多いようです。

その理由として、ディレクターは入社後まずはアシスタントディレクターとして数年間の修行をしなければいけないので、できるだけ若いうちに修行を始めた方が将来的に長く現場で活躍できるからだといわれています。

また、残業が多くハードな現場でもあるので、体力がある人間のほうが適任だとも考えられています。

テレビディレクターを目指すのであれば、20代あるいは30代のうちにチャレンジするのがよいでしょう。

テレビディレクターは高卒から目指せる?

テレビディレクターは資格や免許、学歴がなければ働くことができない職業ではありません。

豊富なアイディアや映像的なセンス、高いコミュニケーション能力があれば、たとえ高卒であっても優秀なディレクターとして活躍することは可能でしょう。

ただし、注意しなければいけない点もあります。

一般的には、テレビ局の正社員は四年制の大卒の学歴が必要です。

学歴を重視しない番組制作会社やプロダクションに入社するのであれば高卒でも問題ありませんが、もしもテレビ局への就職を目指すのであれば、大学に進学しておくことが必須です。

テレビディレクターは女性でもなれる?

テレビディレクターというと男性のイメージが強いかもしれません。

実際、テレビ業界は昔から男性が多く活躍してきた業界であることは間違いありませんが、最近では少しずつ女性のディレクターも増えてきています。

女性がディレクターとして働くにあたっては、体力的に厳しいことや忙しくてプライベートの時間が持ちにくいという難しさはありますが、女性ならではの視点でよい番組を作ることができるという強みもあります。

最近では結婚や出産を経て長く働き続けている女性ディレクターも増えてきているので、女性だからといってこの仕事を諦める必要はありません。

女性のテレビディレクターのキャリアパス・結婚後の生活