このサイトはテレビプロデューサーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「テレビプロデューサー」

仕事内容
テレビプロデューサーは、番組企画、予算、キャスティングなど、番組制作の統括的な責任者となる人のことを指します。カメラマン、音響、照明など、現場スタッフたちをまとめる業務はディレクターが中心となりますが、プロデューサーは一歩離れたところから現場を見て、進行状況などをチェックし、管理していきます。予算の計画やタレント事務所への出演依頼などもプロデューサーの重要な役目となっています。
なるには
テレビプロデューサーになるには、まずテレビ局に入社するところからスタートします。まずはADとして雑用含めさまざまな業務をこなしながら、番組制作の流れを学んでいきます。その後、ディレクターに昇格し、多くの番組を手がけてようやくプロデューサーになることができます。キー局の採用は有名大学卒業生が中心ですが、テレビ局の下請けとして番組作りを行う制作会社では、専門学校卒やアルバイトから働ける可能性もあります。
給料
テレビ局全体に言えることですが、地方局よりもキー局のほうが給料は高水準となっています。キー局のプロデューサーは年収1000万円を超える人がほとんどで、さらにキャリアを積めば2000万円以上稼ぐ人もいます。番組制作会社の場合は年収500万円程度という人もいますが、人気番組を手がけると高収入が得られるようです。深夜や早朝、休日に働くことも多く、長時間勤務になりがちな仕事であるため、好きでなければ続かない仕事と言えるでしょう。
将来性
テレビプロデューサーもクリエーターの一人であるため、いかに視聴者に面白いと思ってもらえるものを、わかりやすく、ときに斬新な視点で形にできるかが勝負になってきます。趣味と仕事が一体化している人が多いため、本当に番組作りをしたい人にとっては毎日が新鮮で、やりがいを感じられるでしょう。時代と共にメディアも多様化しており、新しい流れをつくることができるプロデューサーが求められています。