「テレビAD」とは

テレビAD_画像

ラジオ番組の企画・構成を行い、現場監督として制作スタッフをまとめ上げる。

テレビ番組の企画・制作に携わる場合、基本的にまずはAD(アシスタントディレクター)からのスタートになります。

プロデューサーが予算や人員などの責任も取る総監督、ディレクターが番組を演出する現場監督とするならば、ADはディレクターの補佐として、彼らの手足となって動く役回りを担います。

ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。

テレビ局は、四大卒以上の学歴が求められますが、番組制作会社では専門学校卒の人を受け入れることや、学歴不問でアルバイトを募集することもあります。

ADは24時間態勢で動き回らなければなりません。

「楽しそう」という気持ちだけでは、体力的にも精神的にも続けることができないでしょう。

「テレビAD」の仕事紹介

テレビADの仕事内容

ADはテレビディレクターの右腕

テレビ番組の企画・制作の現場において、現場監督であるディレクターの補佐的な役割を果たすのがテレビAD(アシスタントディレクター)です。

出演者のアポとりやロケ先のリサーチ、移動や宿泊の手配、はたまたロケ弁当の手配…と、その仕事は多岐にわたります。

たいていの場合、ロケ先に一番に乗り込んでロケがうまく進むようセッティングしなければなりませんし、満足に睡眠時間や食事がとれない日が続くことや休日返上で働くことも珍しくありません。

ハードな仕事ではありますが、ほとんどのディレクターやプロデューサーはADを経験した上で昇格しています。

AD時代は番組制作の流れを体得する、とても貴重な時間といえるでしょう。

テレビADの就職先・活躍の場

テレビ局や制作会社で活躍

テレビADの主な就職先はテレビ局や番組制作会社です。

ほとんどの企業においてディレクター志望者は入社後にまずADとなり、さまざまな経験を積みながら下積み時代を過ごします。

具体的な活躍の場としては、番組企画会議からロケ収録、そして編集までのすべての過程において、ディレクターをアシスタントすることになります。

このAD期間中にディレクターからさまざまな演出法などを勉強しておくことがとても大切なのです。

テレビADの1日

ADのタイムスケジュール

ADは、テレビ番組制作のすべての過程における裏方を担います。

10:00 出社~担当番組Aの企画会議用資料作り
11:00 担当番組Aの企画会議出席
13:00 担当番組Bの次回ロケ企画リサーチ(電話取材)
16:00 担当番組Bの取材予定先との連絡(情報の精査)
18:00 担当番組Bのスタッフ試写
22:00 試写後、担当番組Bのディレクターと打ち合わせ
24:00 担当番組Cのロケ準備
4:00 起床後、担当番組Cへロケ出発

テレビADになるには

テレビの制作現場に就職

ADになるためには、基本的にテレビ局か番組制作会社のどちらかに就職する必要があります。

テレビ局はたいていの場合、四年制大学卒業以上の学歴が求められます。

特に東京のキー局では、内定者は六大学レベル以上の学生が大半を占めているという現状があるようです。

番組制作会社では専門学校卒の人を受け入れることや、学歴不問でアルバイトを募集することもあります。

そこからADの仕事に携われるチャンスもあるでしょう。

テレビADの学校・学費

大学や映像の専門学校に進学を

テレビのディレクターが活躍するのは、テレビ局やテレビの番組制作会社です。

現在でも大手テレビ局に就職するためには高学歴が必要だといわれているので、テレビ局への就職を目指すのであれば難関大学に進学しておくと可能性が広がるでしょう。

番組制作会社を目指す場合も、映像に関する知識・技術などを勉強できる学校・専門学校に進学すると放送に関する法律や放送の歴史を知ることができます。

仕事に生かしやすいでしょう。

テレビADの給料・年収

駆け出しADの厳しい現状

一般的に給料がいいとされるテレビ業界ですが「駆け出し」とされるADの場合は、年収250万円程度から600万円前後におさまることが多いようです。

キー局の場合は実力次第で年収が上がり、数年で1000万円に達する人もまれにいます。

地方局では、だいたい500万円程度が目安になります。

番組制作会社の場合はテレビ局と同じほどはもらえないのが実情で、未経験のADだと月収18万円からスタートの場合も多いようです。

テレビADのやりがい、楽しさ

将来の夢の実現のために

ADの仕事は、ディレクターの演出プランが実現できるように雑務をこなすことです。

ディレクターの助手になり、ロケ・編集をともに過ごします。

その期間は、長い場合には数ヶ月に及ぶこともあります。

その間、ADはディレクターのロケ方法・演出法・編集の技術をディレクターの間近で見ています。

ディレクターを目標にしているADとしては、将来のための勉強ができているというやりがいを感じながら日々業務に励んでいます。

テレビADのつらいこと、大変なこと

心身ともに過酷な仕事

テレビADの仕事は非常に過酷なので、体力的にも精神的にもつらい状況が訪れることは多くあります。

ロケ準備をし、長時間のロケに臨み、ロケ終わりに編集の準備、さらにディレクターとともに連日に渡る編集に立ち会わなければいけないので、数日間ゆっくり寝れない日が続いて心身ともに疲労してしまいます。

女性の場合は特に激務で体調を崩してしまうリスクもあるので、心身ともにタフな人のほうが向いている業界といえるでしょう。

テレビADに向いている人・適性

優先順位をつけられる人

ADがディレクターから頼まれる仕事は、想像以上に多岐に渡ります。

情報収集・情報の確認、番組で使う美術セットや編集で使うイラストの発注、ロケのスケジュール作成、などなどここですべて挙げることは不可能なほどです。

これらの仕事を要領よくこなすためには、どの仕事が大事で今すべきことは何なのかをはっきりと把握する必要があります。

山のような量のタスクを整理して優先順位をしっかりとつけられる人がADには適任です。

テレビAD志望動機・目指すきっかけ

視聴者を楽しませたい気持ちが原点

ADがテレビ業界に飛び込む志望動機として特に多いのは「視聴者を楽しませたいから」という思いでしょう。

テレビ番組にはドラマ・バラエティ・ドキュメンタリー・報道・スポーツなど、さまざまなジャンルがあります。

どんな番組でも共通しているのは、視聴者に「何かを伝える」という点です。

番組を見てくれる人々を楽しませたり、感動させたり、唸らせたりしたいという強い欲望を持っている人がよいテレビマンとなれるのです。

テレビADの雇用形態・働き方

アルバイトの雇用が多い業界

テレビ業界は、慢性的な人手不足の業界だといわれています。

ADの仕事は非常に多いので、正社員や派遣社員としての雇用はもちろんのことアルバイトを募集しているテレビ局や制作会社はたくさんあります。

社員とバイトのADは雇用形態や待遇も違いますが、責任能力が違うため、同じミスをしても社員のADの方が責任を追求されることが多いです。

しかしながら、番組制作における仕事の内容は社員もバイトもまったく同じです。

テレビADの勤務時間・休日・生活

時間のやりくりがポイントに

ディレクターのアシスタントをしているADは、ディレクターから連絡があればいつでもどこでも対応することが求められます。

一般的なサラリーマンのような決まった勤務時間はありません。

特に、ドラマや朝の生放送を担当していると、週に何度も会社に泊まらなければなりません。

自由に休日を取ることは難しいので、時間を上手に使ってきちんと休憩して、家に帰宅できる日を少しでも多く作ることも仕事を続けるには必要な能力です。

テレビADの求人・就職状況・需要

テレビ局以外は求人が多い

テレビ局では毎年一定の人数が社員として新卒採用されていますが、大手テレビ局では高学歴の方が採用される傾向にあり、非常に狭き門となっています。

番組制作会社の場合は一年中アルバイトのADの求人が出ていることが多いので、テレビ局にこだわらなければADとして就職をすることは簡単かもしれません。

ただし、企業によって得意なジャンルが違うので自分がどんな番組を作りたいかをよく考えてから就職することが大切です。

テレビADの転職状況・未経験採用

未経験でもチャレンジ可能

人手不足であることが多い番組制作会社では学歴不問でアルバイトを募集することもあります。

また、テレビ業界での経験がない人でも、中途採用でADとして採用されることがあります。

テレビが好きで「どうしてもこの業界に飛び込んでみたい」という人は転職でチャレンジしてみるとよいでしょう。

ただし、駆け出しのうちは給料も低く休暇もなかなか取れない過酷な状況が続くので、ある程度の覚悟をしておいたほうがよいでしょう。

テレビADの現状と将来性・今後の見通し

過酷な労働現場の中で

テレビの制作現場で一番過酷な労働を課せられているのが、ADです。

その名の通り、ADはディレクターのアシスタントを務めます。

複数の番組を掛け持ちして担当しているADも少なくないため、なかなか家に帰れず会社に泊まり込み徹夜をするような生活が続きます。

「誰でもなれるのがAD。なかなか続けられないのがAD」というのがテレビ業界でよく囁かれる言葉なので、一人前になるためには根気・根性・強い精神力が必要です。