1分でわかる「テレビAD」

仕事内容
テレビADは「アシスタントディレクター」、つまりディレクターの補佐的な役割を担う人のことを言います。

ディレクターは番組制作の現場で多くのスタッフを動かすため、手がいくらあっても足りません。

そこで、ADはロケ地の情報収集、アポイントメントの取得、弁当の手配、収録に必要なグッズの準備…など、挙げきれないくらいさまざまな仕事をこなします。

その場の状況に応じて臨機応変に動くことが何より大切です。
なるには
テレビADもディレクターと同じく、テレビ局や番組制作会社で働いています。

プロデューサーやディレクターになる前に、ADからスタートするのが業界の基本です。

テレビ局の場合は大卒者の採用がほとんどですが、アルバイトであれば学歴問わず働けることもありです。

番組制作会社の場合は、社員であってもあまり学歴は問われません。

場を読む力など頭も使うことも多いものの、勉強の知識以上にフットワークの軽さや人間性が求められます。
給料
番組制作の下積み期間でもあるテレビADの平均年収は250万円〜400万円程度ですが、キー局勤務だと500万円以上を稼ぐ人もいます。

この仕事は実力主義の面も大きいため、力を発揮すればするほど給料はアップしていくでしょう。

アルバイトの場合、時給800円~1000円程度で働く人が多いようです。

テレビ局や大手制作会社は給料も待遇も安定しているものの、長時間労働や不規則な生活は必須。

特にAD時代は休日に仕事が入ることや、寝ずに働くこともよくあります。
将来性
いい番組を作るためには、縁の下で活躍できるADの存在が必要不可欠です。

とにかく気が利き、細やかに動ける人であれば、どんな現場でも重宝されるでしょう。

そして、ADとして活躍すればするほど、ディレクターへのステップアップも早くなると言えます。

しかし、取材先との交渉やタイムスケジュール管理など厳しい場面に遭遇する機会も多く、収録中はピリピリとした雰囲気もあるため、タフな精神力と体力を持っている人が活躍できます。