映画配給会社で働くには(大学学部・学歴)

映画配給会社社員になるまでの道のり

映画配給の仕事をするには、大きく分けると2通りの方法が考えられます。

大手映画会社の配給部門に配属されるか、あるいは独立系映画配給会社に就職するかです。

前者の場合、国内では「東宝」「東映」「松竹」といった大手映画会社が挙げられます。

日本人であれば一度は名前を聞いたことがある会社ばかりでしょう。

これらの企業では基本的に製作と配給の両方を行い、東宝のように興行まで行っている企業もあります。

このほか、アスミック・エースやギャガといった配給会社もありますが、これらの会社で新卒を採用している会社はほとんどありません。

大手の一部では定期的な採用も行っているものの、それでも採用人数はごくわずかとなっています。

映画配給会社の社員の採用が狭き門であることは間違いありません。

映画配給会社社員になるのに有利な資格はある?

映画配給会社の社員として働くために必要な資格はありません。

しかし、海外の作品の買い付けを行う際には語学力が必須となります。

洋画を視聴する際には、その国の言語が理解できたほうが台詞のニュアンスや雰囲気を正確に感じ取ることができるからです。

海外の企業と交渉や打ち合わせを進めるためにも、自分で言葉を話せるほうが圧倒的に有利でしょう。

英語はもちろんのこと、中国語や韓国語など、さまざまな言語に関する資格を取得しておくのがおススメです。

映画配給会社社員に必要な資格やスキルはある?

映画配給会社社員になるための学校・大学学部

映画配給会社に就職するうえでは、大卒の学歴が必要になることがあります。

大手企業の場合は試験の倍率も非常に高く、難関大学の出身者も多く活躍しています。

採用にあたって特別有利になる学部や学科はないようです。

人文系など文系学部出身の人が多いようですが、理系でも就職することは可能です。

新卒の場合は特別なスキルが求められる場面は少ないので、どちらかというと人間性や熱意の勝負になるでしょう。

語学力はあるに越したことはないといわれますが、それだけで就職が決まるわけではありません。

英語ができないからといって諦める必要はないのです。

ただし、洋画配給を行う場合には英語力は業務上必須になってくるので、注意が必要です。

映画配給会社社員に向いている人

映画配給会社の社員に向いているのは、何よりも映画が大好きな人です。

買い付けにしても宣伝にしても、業務では常に映画と向き合うことになります。

世間の流行や観客の反応を知るために、新作の映画はすべてチェックするという人もいるほどです。

ときには残業や休日出勤が続きハードワークになることもありますが、映画を愛する気持ちがあれば乗り越えられるでしょう。

これに加えて、よい映画を見極めるセンスや熱意があることも大切です。

映画配給会社社員に向いている人・適性

映画配給会社社員のキャリアプラン・キャリアパス

映画配給会社への就職を目指す人は、正社員として採用され、買い付けや宣伝など希望の部署に配属されるのが理想的ではないでしょうか。

しかし、この業界は採用人数が少ないので、希望通りの就職ができる人は決して多くはありません。

映画業界への就職を熱望してマスコミの就職試験対策に力を入れたにもかかわらず、全社から不採用ということもあります。

こうした場合、まずはアルバイトとして業界に入り込み、そこから経験を積んで社員へとステップアップする人もいます。

また、新卒では第一志望の企業に就職できなくても、転職活動をして中途採用に合格できることがあります。

希望通りに就職できなくても、夢を諦めずにコツコツ努力することが大切です。