テレビADの給料・年収

番組制作会社のADは厳しい

一般的に給料が高いとされているテレビ業界。

しかし、これはあくまでディレクターやプロデューサーとして番組制作の中心人物として活躍している場合です。

まだ「駆け出し」とされるADの場合は、年収250万円程度から600万円前後におさまることが多いようです。

キー局の社員の場合は、数年でディレクターに昇格して年収1000万円に達する人もいます。

地方局では、キー局ほどの年収はないものの、だいたい500万円程度が目安になります。

しかし、番組制作会社の場合は、同じADといってもキー局と同じほどはもらえないのが実情です。

未経験では、月収18万円からスタートの場合も多いようです。

テレビADの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
AD
(求人ボックス)
421万円 月給:35万円
バイト時給:1015円
派遣社員時給:1654円
アシスタントディレクター
(転職ステーション)
331万1500円 -
ディレクター・AD
(転職会議)
351万円 20代前半の年収: 276 万円
20代後半の年収: 354 万円
30代の年収:   527 万円

テレビADの年収は、平均的には300~400万円ほどになります。

ただし、これは番組制作会社やプロダクションに雇用されているADの場合です。

テレビ局のディレクターとして入社した局員が、入社後の見習い期間にADとして働く場合は、最初から高収入になります。

雇用形態によって収入に大幅な差があることに注意が必要です。

テレビADの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

テレビADの手取りの月収は、平均すると20~30万円前後になります。

仕事の特性上、残業が非常に多いので、たくさん働いた月ほど手取りが増えるのです。

この金額は雇用先によって変わるのはもちろんのこと、年齢やADとしてのキャリアによっても変わります。

企業によってはボーナスが出ることもありますが、ADという見習いの立場である以上、それほど高い金額にはならないでしょう。

テレビADの初任給はどれくらい?

テレビADはあくまでもディレクターのアシスタントという立場であり、雑務をしながら見習いとして働いています。

そのため、初任給はそれほど高くはないのが実情です。

未経験では、月収18万円からスタートの場合も多いようです。

残業や休日出勤が非常に多い職種なので、手当がつけばこれよりももっと高い金額になります。

テレビADの福利厚生の特徴は?

テレビADの福利厚生については、雇用先によって異なります。

テレビ局や大手の番組制作会社に正規雇用されている人の場合、毎月の給料に加えて扶養手当や配偶者手当が支給されることがあります。

さらに、社宅や寮があったり住宅手当があったりと、福利厚生が充実していることが多いです。

一方、契約社員やアルバイトとしてテレビADをしている人の場合は、福利厚生にはあまり期待しないほうがよいでしょう。

テレビADの給料・年収の特徴

AD時代に辞めてしまう人も

テレビ局というと年収が高いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

実際に、キー局でディレクターやプロデューサーへと昇格すれば、年収は1000万円クラスへと上がっていきます。

しかし、そこにたどり着くまでの厳しいAD時代を乗り切れず、辞めてしまう人も多いといわれています。

テレビ制作の仕事では、決まった勤務時間はほぼないのが実際のところです。

ロケがあれば夜中でも土日でも出かけなければなりませんし、何かトラブルで進行が遅れれば、終わるまでは帰れません。

駆け出しのAD時代は、プライベートの時間を優先させることは非常に難しいのです。

しかし、この時期を乗り越えることで高収入のディレクターやプロデューサーへの道が拓けます。

夢とやりがいを大切に

番組制作に携わりたいと考えている人の多くは、「自分で番組を企画したい」という気持ちを持っていると思います。

しかし、一般的にAD時代は自分の企画を発表できる機会はありませんし、まるで雑用だと思える仕事をこなさなければならない日々が続きます。

ディレクターや出演者に怒られたり、頭を下げなければならなかったりすることもあるでしょう。

「華やか」や「高給」のイメージがつきまとうテレビの仕事ですが、活躍している人は、給料が一番ではなく、とにかく仕事が楽しいのだそうです。

どんなに辛く苦しい日々があっても、仕事にやりがいを見い出して、どんな逆境にも負けない強い気持ちが必要でしょう。

テレビADの勤務先別の給料・年収

テレビ局に勤めるテレビAD

民放のキー局やNHKなど、放送局から局員として正規雇用されているADは収入が高い傾向があります。

キー局の場合は実力次第で年収が上がるので、ディレクターに昇格してから数年で1000万円に達する人もまれにいます。

地方局では、キー局ほどの年収はないものの、だいたい500万円程度が目安になります。

一般的な会社員と比べると十分な金額といえるでしょう。

番組制作会社に勤めるテレビAD

番組制作会社に勤めるテレビADの場合、テレビ局に比べると年収はそれほど高くはありません。

だいたい300~400万円ほどの年収になりますが、東京や大阪などの大都市の番組制作会社と地方の番組制作会社でも差が出てきます。

地方の場合は月収20万円以下の給料となることも多いので、できるだけ福利厚生が充実しているところを選びましょう。

テレビADの正社員以外の給料・年収

派遣社員

テレビADのなかには、派遣社員として働いている人もいます。

時給は1500~2000円ほどです。

派遣社員のメリットはさまざまな番組やテレビ局で仕事ができるということです。

幅広い経験を身につけたい、業界内での人脈を広げたいという人にとっては魅力的な仕事となるでしょう。

アルバイト

アルバイトのテレビADとして働く場合、時給はおよそ1000~1500円ほどになります。

勤務時間が長く、突発的な残業となることも多いので、時間に余裕のある大学生が就くことが多いようです。

体力勝負のハードなアルバイトではありますが、就職活動でマスコミ業界を目指す学生にとって人気のあるアルバイトです。

テレビADの働き方の種類・雇用形態

テレビADが収入を上げるためには?

ADという立場のままで収入を上げたいのであれば、今よりも待遇のよい番組制作会社やプロダクションに転職するのが近道となるでしょう。

基本給が高いのはもちろんのこと、残業代をきちんと払ってくれて、住宅手当や配偶者手当などの福利厚生面でサポートしてくれる、雇用条件のよい企業で働くことが大切です。

これは当たり前のことのようですが、とても大切なことです。

残業代や手当てが支払われない企業の場合、どんなに残業しても手取りが増えずモチベーションが保てなくなってしまうことがあるからです。

ハードワークが多い業界だけに、優良企業をしっかり見極めて働くようにしましょう。