女性のテレビディレクターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のテレビディレクターの現状

毎日忙しく過ごしているテレビディレクターも、普通の男性であり女性です。

もちろん恋愛だってします。

しかし、テレビディレクターの仕事は、本当に多忙を極めます。

ロケの準備・編集・打ち合わせなどで自然と職場にいる時間が長くなるので、なかなか他の職場の人と出会う機会がないようです。

特に女性のディレクターの場合、仕事の特殊性を理解してくれる人でなければ付き合い続けることが難しいという事情もあり、どちらかというとディレクター同士、ディレクターとアシスタントディレクター、またプロデューサーとの恋愛が多いといわれています。

職場恋愛であればお互いの仕事への理解もありますし、一緒に暮らすことで食事をしたりテレビを見る時間を確保したりして愛を育むこともできるのではないでしょうか。

女性のテレビディレクターの強み・弱み

女性がディレクターをすることの最大の強みは、女性の視点でものを考えられることです。

テレビの視聴者は女性が多く、特に情報番組や料理番組、ドラマなどは主婦層の支持を集められるかどうかで視聴率が決まるといっても過言ではありません。

テーマの選び方から出演する俳優アナウンサーのキャスティング、演出やナレーションの台本まで、女性が興味を持つようなものにすることが大切です。

また結婚や子育て、介護など、女性の立場でなければわからない苦労もあります。

女性がディレクターとして番組制作に携わることで、このような視点に立って番組をディレクションできることは大きな強みとなるでしょう。

もちろん、男性ディレクターに比べると体力的に劣る部分があったり、男性中心の職場のなかで立ち回る大変さがあったりすることはありますが、女性だからできないということは決してありません。

テレビディレクターの結婚後の働き方・雇用形態

テレビディレクターとして働く女性は、結婚後どのような働き方をするのでしょうか。

これに関しては、個人によって選ぶ道が異なります。

「今まで通り自分が中心となって積極的に番組を作っていきたい」という人の場合、特に働き方を変えることなく仕事を続けることが多いようです。

その一方で、「家事と両立をするために出張や深夜残業をなくしたい」とか「家族との時間を優先させるため仕事をセーブしたい」という人の場合、ディレクターではなくて補助的な業務に移ることもあります。

また、妊娠や出産をきっかけに働き方を大幅に見直したいという人の場合、社員を辞めてフリーランスのディレクターになることもあります。

フリーランスになれば、自分のプライベートを優先させて仕事を入れることも可能なので、細々と働き続けたいという人にとってはピッタリの働き方といえるでしょう。

テレビディレクターは子育てしながら働ける?

ディレクターとして活躍している女性のなかには、結婚し、出産した後、現場に復帰する方々もたくさんいます。

生活のために仕事として現場復帰なさる方もいますが、どちらかというとテレビを制作することへの喜びを感じるため復帰する方が多いようです。

テレビディレクターは大変な仕事ではありますが、チームでものづくりをすることの面白さや自分が伝えたいメッセージを多くの人に伝えられる喜びのある仕事なので、子育てをしながらでも続けていきたいと考える人は多いのでしょう。

最近では多くの放送局や番組制作会社で産休や育休の制度が確立されてきています。

子どもが小さいうちは時短勤務で働ける職場もあるのです。

子育てしながらでもなんとかしてディレクターを続けていきたいという熱意があれば、仕事を続けることは決して不可能ではありません。

テレビディレクターは女性が一生働ける仕事?

テレビディレクターの世界は、男性女性の比率で考えれば確実に男性社会だといわれています。

一般的な仕事に比べると明らかに激務であり家に帰ることもままならないディレクターという職業は、体力も気力も必要とされるのです。

そういった理由から、昔からテレビの業界は女性の数が少ないのでしょう。

しかしながら、このような現状のなかでも第一線で活躍している女性のディレクターはたくさんいます。

その方々は、過酷な仕事でも責任を持って業務に取り組んでおり、着実に実績を積み重ねていっています。

また、最近では働き方改革が叫ばれるようになり、深夜残業や長期の出張など、ハードな働き方をなくそうとする動きが高まってきています。

これからは女性のディレクターがますます働きやすい職場になると期待されているのです。

熱意さえあれば、女性が一生やりがいを感じられる職業になることは間違いないでしょう。