このサイトは照明スタッフを目指す人のための情報サイトです。

照明スタッフとは?

照明スタッフは、コンサートや演劇などの舞台、テレビや映画の撮影現場、あるいは結婚式やファッションショーなどのイベント時に照明を用いた演出を行う仕事です。舞台監督やディレクターなどと打ち合わせながら、使用する照明機材や内容を考え、場の雰囲気や出演者の魅力を引き出すためのライティングを行います。仕事をするうえで特別な資格が求められるわけではありませんが、舞台芸術や照明について学べる専門学校や大学を出て、制作会社やイベント会社、テレビ局などに就職する人が多いようです。正社員として会社に勤務する人の年収は300万円~600万円程度と幅があるようですが、なかにはアルバイトとして働く人もいます。近年はLEDを使ったもの、映像と音楽を組み合わせたものなど照明の新しいスタイルが生み出されており、時代のニーズに合わせた照明技術を身につける必要があります。

照明スタッフの仕事内容

ミュージシャンのコンサートや演劇の舞台、テレビや映画の撮影現場、結婚式やファッションショーにおいて、照明を使った演出を担当するのが照明スタッフの仕事です。

舞台監督やディレクターと打ち合わせをしながら使用する照明の機材や照明チェンジのタイミングなどを決め、主役の魅力を最大限に引き出すためのライティングを行います。

大掛かりな照明を使う場合は、照明のプランニングを行うプランナーと機材を扱うオペレーターのチームで仕事をすることになります。

光や電気に関する知識はもちろんのこと、芸術的なセンスや高いコミュニケーション能力が必要とされる職業です。

照明スタッフになるには・必要な資格は?

照明スタッフは、特別な資格や免許が必要とされる職業ではありません。

就職にあたって学歴は関係ありませんが、一般的には舞台芸術や照明に関して学べる専門学校や大学を卒業してから就職をめざす人が多いようです。

また、機材の扱い方から光や電気に関する知識など非常に専門的なスキルが求められる職業なので、アルバイトや契約社員などで見習いとして働いてある程度の経験を積んでから就職試験を受ける人もいます。

就職先によっては、公益社団法人である日本照明家協会が行っている「舞台・テレビジョン照明技術者技能検定制度」の資格保持を条件にしているところもあります。

照明スタッフに向いている人

照明スタッフに欠かせないのは、豊かな感性です。

照明のプランニングをする際には、演劇や音楽などの制作者の意図を汲み、出演者を最も輝かせることができるライティングを作り出さなければいけません。

オペレーターとして照明機材を操作する場合も、演劇の場面転換や音楽の転調のタイミングに合わせてセッティングを変えることになるので、演出を理解できる能力がマストです。

「演劇を見ていると眠くなってしまう」「音楽が苦手で曲が覚えられない」というような人では厳しいでしょう。

もともと芸術的なものに高い関心があり、舞台を見ることやコンサートやライブを聴きにいくことが大好きな人であれば、その豊かな感性や培ってきた経験を十分に生かすことができるのではないでしょうか。

照明スタッフの就職状況・雇用形態

照明スタッフを募集しているのは、公共のコンサートホールやテレビ局、照明専門の制作会社などです。

音響や照明のスタッフを自社で採用しているような大規模な結婚式場でも採用していることがあるので、やりたい仕事の内容に合わせた就職先を選ぶとよいでしょう。

雇用形態としては、正社員以外にも契約社員や派遣社員が多いという実態があります。

非正規雇用で見習いとして入社し、数年間の経験を積んでようやく正社員にキャリアアップできるというケースも多いようです。

また、照明の仕事は、コンサートやライブ、結婚式やファッションショーなどのイベント時に発生するものなので、こうした仕事の前後だけアルバイトやパートを多数雇っている企業もあります。

照明スタッフの給料・年収・待遇

照明スタッフの給料や年収は、所属している組織や仕事の量によって大きく左右されますが、一般的には年収300万円〜600万円くらいです。

大手テレビ局の技術職の照明部に正社員採用されている人やフリーランスの照明スタッフとして高い人気を誇る人の場合は高収入も可能ですが、一般的には高収入をめざすのはなかなか難しいようです。

また、この業界は実力主義なので、ある程度の経験を積んで一人前とみなされるまでは見習い社員として働くことも珍しくありません。

見習い社員の試用期間については企業ごとに違うので、求人票をチェックしてみる必要があります。

イベントがある際のアルバイトやパートの照明スタッフの場合は、時給1000円前後です。

照明スタッフの生活・勤務時間・休日

演劇や音楽、結婚式などのイベントに関わる照明スタッフは、このようなイベントを中心に据えて仕事の予定を組むことになります。

一般的にイベントは土日祝日に集中することが多いので、平日に照明のプランニングや機材の準備をしておいて、土日祝日に本番を迎えるという流れになるのがイベントに携わる照明スタッフの働き方です。

テレビ局や芸能関係のスタジオの撮影に携わる照明スタッフの場合は、平日の撮影に参加して土日は休めるということもあるようです。

ただし、いずれの場合もとにかく終了時間が読めず、本番の進行が滞ったときや撤収に時間がかかるときには長時間の残業が発生することは珍しくありません。

不規則なスケジュールの中で働くことになるので、タフな人のほうが向いている現場です。

照明スタッフの現状と将来性

近年、照明や映像技術の革新とともに、照明スタッフの仕事の幅が広がっています。

コンピューターを使って照明のプログラミングやコントロールをすることで多彩な演出パターンを組み込めるようになり、より自由な表現ができるようになってきました。

また、「プロジェクションマッピング」という建物の壁に立体的な映像を映し出す技法が確立されるなど、映像と音楽や照明を組み合わせた新しいショーのスタイルも増えています。

その一方で、「省エネ」「節電」「エコ」が叫ばれる時代のなか、LEDの照明器具を使用するなど、電力を無駄遣いしない仕組みや演出を考えることも求められるようになっています。

まだまだ大きな可能性や課題があり、挑戦しがいのある職業といえるでしょう。