番組制作会社社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

番組制作会社社員を目指すきっかけで多いものは?

番組制作会社を目指すきっかけとして多いのは、やはり「テレビ番組が大好きだから」というものです。

子どもの頃から日曜の朝は必ず戦隊アニメを見ていた。

音楽好きで音楽番組は欠かさずチェックしている。

バラエティ番組を見るのが毎日の息抜きになっている。

そんな経験から、「自分もテレビ番組を作る仕事に就きたい」という夢が生まれることが多いのです。

また、テレビ局ではなく番組制作会社を選ぶ理由として、「制作現場で思いきり働きたい」という思いを持っている人も多くいます。

番組制作会社ではディレクターやカメラマンなど職種別の採用になり、仕事を通して専門性を高めることができます。

さらに放送局のように部署の異動や転勤がないため、長く同じ現場で活躍することができるのが魅力です。

番組制作会社社員の志望動機の考え方

番組制作会社の試験を受けるうえで問われるのは、「なぜテレビ局ではなくて番組制作会社に入社したいのか」ということです。

この理由に関しては人によってさまざまでしょう。

「大卒の学歴がなくてテレビ局に応募できなかった」「テレビ局を受験したが合格できなかった」というケースだってあるかもしれません。

しかし、面接や書類審査で志望動機を述べる際には、できるだけ前向きな理由を述べたほうが印象はよくなります。

たとえば、テレビ局にはない番組制作会社のメリットとして、さまざまなジャンルの仕事ができることがあります。

民放やNHK、BSなど、複数のチャンネルの番組を作る場合もありますし、放送局の「報道」「制作」などさまざまな部署と連携していることもあります。

ひとつの放送局に入社するよりも幅広い経験ができるので、志望動機ではこのような点をアピールすることもできるでしょう。

番組制作会社社員の志望動機の例文

ドキュメンタリー番組を作りたい

「高校生の頃に、御社が制作したドキュメンタリー番組を拝見しました。

離島の医師の人生を取り上げたもので、島民の暮らしに寄り添うその姿が丁寧に描かれていたのを覚えています。

ディレクターと医師の信頼関係が画面から伝わってくるような温かい番組でした。

その番組を見たときに心から感動して、自分もいつかはこんな番組を作りたいと思うようになったのです。

御社でディレクターとしてドキュメンタリー番組を作るのが、今の私の夢です。」

バラエティ番組で世の中を元気に

「私はバラエティ番組やお笑い番組を見るのが大好きです。

小学生の頃、友人関係のことで悩んで学校に行くことが苦しかった時期がありました。

そんなとき、家に帰ってから明るい番組を見て思いきり笑うことで、また明日も頑張ろうと思えていました。

バラエティ番組やお笑い番組は、世の中の人々に元気を届けることができる大事なコンテンツだと思います。

数々の人気番組を手掛けている御社で、一流のバラエティ番組を作れるディレクターを目指したいです。」

ドラマのカメラマンになりたい

「私の夢は、ドラマ専門のカメラマンになることです。

中学から大学までずっと演劇部に所属しており、舞台を観に行ったり映画やテレビドラマを見たりすることが趣味でした。

演技をしている役者の表情から指先一本一本までに込められた思いを感じられる瞬間が一番好きです。

そしてそんな瞬間を映像として切り取り、多くの人に伝えられるカメラマンという仕事に大きな憧れを感じます。

このような夢を抱いていることから、ドラマ専門のカメラマンを多く輩出している御社を第一志望として考えています。」

番組制作会社社員の面接で聞かれること・注意点

番組制作会社の面接では、学生時代に打ち込んできたことや志望動機などを尋ねられます。

サークル活動や留学経験、アルバイトで感じたことなど、自分だけのエピソードを存分に語れるようにすることが大切です。

放送系の専門学校で学んだ人は、専攻していたコースや自信があるスキルについてもアピールできます。

また、会社によっては、自社が制作に携わっている番組に対する意見や感想を求めてくることもあります。

受験する会社がどの放送局のどのような番組を制作しているのか、事前にしっかりリサーチしておくことが必要不可欠です。

その上で、その番組の魅力や改善すべき点などを整理してまとめておきます。

日頃からテレビを見ながら、自分だったらどんな工夫をするか、あるいはどんな演出をするか考えておくとスムーズに意見がいえるでしょう。

番組制作会社社員の自己PRのポイント

テレビ局にはない番組制作会社の特徴として、さまざまなジャンルの番組を手掛けていることが挙げられます。

民放やNHK、BSなど、取引先の放送局もさまざまですし、報道番組、バラエティ番組、ドキュメンタリー番組など内容にも幅があります。

好奇心が旺盛な人や博学でマルチに活躍できる自信がある人は、このような自分の適性を自己PRにつなげるとよいでしょう。

また、放送局の社員は年齢とともに管理職にキャリアアップしますが、番組制作会社の社員は現場でずっと働き続けることが多いのが特徴です。

「プロフェッショナルとしてひとつの現場に立ち続けたい」という思いがある人は、志望動機にこうしたビジョンを絡めるのもよいかもしれません。

番組制作会社社員の履歴書で気をつけるべきことは?

番組制作会社の履歴書では、学歴や職歴を記入することになります。

しかし、「高卒だから不利になるかも」とか「営業経験しかないからディレクターになれないかも」などと考える必要はありません。

番組制作会社の採用活動では、学歴や職歴よりも人柄や能力を重視することが多いといわれています。

たとえ学歴が高卒であっても、放送業界が未経験であっても、よい人材だと判断されれば採用されることがあります。

特に「学歴不問」をうたっている番組制作会社の場合、学歴に関しては重視しないのが当たり前です。

履歴書はあくまでも基本的な情報を得るための書類、と考えるとよいのではないでしょうか。

履歴書以外のエントリーシートや面接を採用の決め手とすることが多いので、履歴書だけにとらわれずに自信を持って臨みましょう。