映像クリエイターの仕事内容

映像クリエイターの仕事とは

映像クリエイターとは、さまざまな場面で流れる映像をデザインし、作り上げるのが仕事です。

CG(コンピューターグラフィクス)技術を駆使したゲームやアニメ、Web上で流れるアーティストのミュージックビデオなどを見ながら育った若い世代から注目が集まっている職業です。

豊富な映像コンテンツが次々と生み出される現代社会において、映像クリエイターの活躍の場はどんどん広がっており、今後さらなる需要が見込まれる職業です。

映像クリエイターの業務の内容

映像クリエイターが手掛けるのは、テレビのコマーシャルや映画、CG(コンピューターグラフィックス)技術を駆使したゲームやアニメ、アーティストのミュージックビデオやゲームなど多岐に渡っています。

近年はインターネットやスマートフォンが普及し、さまざまなシーンで動画・映像が使用されるようになったため、動画や映像による広告を手掛けることも多くあります。

映像クリエイターの役割

映像を手掛ける際には、大きく分けると制作スタッフと技術スタッフの2つの役割があります。

制作スタッフはプロデューサーやディレクターなど映像コンテンツに関する企画や制作を手掛けます。

技術スタッフは編集オペレーターやCGクリエイター、音声マンなどで、それぞれ専門技術をもったスペシャリストです。

両方を一手に手掛ける人もいますが、基本的にはこの両者が協力し合いながら、一つの映像コンテンツを作り上げていきます。

映像クリエイターの勤務先の種類

映像クリエイターは、映像制作を専門に請け負っている制作会社や、テレビ局、広告代理店などで勤務しています。

近年は結婚式やお葬式などの冠婚葬祭で流すプロフィールビデオやメッセージビデオを制作する専門の企業も増えてきています。

映像クリエイターの仕事の流れ

映像クリエイターの仕事は、クライアントとの打ち合わせから始まります。

ここでターゲットとなる視聴者層や伝えたいメッセージ、予算などを確認していきます。

その後、制作スタッフが具体的な企画を考えてシナリオや絵コンテを作ります。

OKが出ると作業に取りかかりますが、出なければ何度でもやり直しをします。

実際に制作に入ると、映像の撮影を担当するカメラマンやCG部分を制作するデザイナー、映像を編集するオペレーターなど技術スタッフが動き出し、すべての作業を監督するディレクターが作業をまとめながら制作を進めていきます。

実際の作業をどれくらい分業するのかは企業の規模やスタイルによっても異なり、個人で活動している映像クリエイターは全工程に携わることも珍しくありません。

映像クリエイターと関連した職業

映像クリエイターと似た仕事に、映像作家があります。

映像作家とは映像作品を制作する作家の総称で、基本的には映画やテレビドラマの監督、演出家のことを指しますが、最近ではCMやPV、MVを手掛けるディレクターやCGクリエイター、映像クリエイターのことを指すこともあり、これらを複合して行う映像作家も少なくありません。

映像クリエイターという名称が普及し認知されてきているなかで、今後映像作家という職業との明確な違いはなくなってくると考えられます。

映像作家 の仕事