映画宣伝のやりがい・楽しさ・魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

映画宣伝のやりがい・楽しさ

担当した映画が大ヒットする

自分が宣伝を担当した映画が、ヒットするのは一番のやりがいです。

どのような宣伝を打つか、どのようなメディアに打ち出していくか、どういうターゲットに売っていくか、それには何を企画したらよいのか、といった映画宣伝のアイデアが成功したことの現れです。

映画が目標を大きく超えてヒットしたときにはそれまでの苦労も忘れるほどの達成感に包まれます。

さらに、映画のエンディングロールには宣伝広報として自分の名前が流れます。

映画をしめるエンドロールで自分の名前を観たときには、非常に誇らしい気持ちになるでしょう。

多くの人との出会いや人脈

映画に出演する俳優や原作を手がけた作家、映画を作る監督など普段なかなか出会うことのない人たちと出会えるのはこの仕事の魅力です。

映画の企画段階から公開後まで、担当する期間は短くて半年から長いと2年近くかかることもあり、当然関わりも深くなります。

人生において、とても貴重な機会や体験に出会えるのは、ひとつの大きなやりがいです。

また、とにかくさまざまな調整や手配をしなければいけない仕事なので、その分、人脈もどんどん広がっていきます。

テレビ、雑誌などのマスコミ、その映画の製作委員会に名を連ねる企業など、さまざまなお仕事の人との出会いは毎日刺激的で、築いた人脈は今後の自分の成長にもつながります。

宣伝プロデューサーへのステップアップ

映画宣伝の仕事に携わり、実績を残し認められると「宣伝プロデューサー」に昇格します。

宣伝プロデューサークラスになると、企画や脚本から参加することも多く、給料もアップし、そのやりがいは非常に大きくなります。

宣伝周りすべての取りまとめ、人付き合いや、調整、部下への指示だしなど、さらに充実した日々を送ることになるでしょう。

映画宣伝の仕事内容

映画宣伝の魅力

日々刺激を受ける仕事

映画には、日本映画(邦画)と外国映画(洋画)があります。

その規模も、全国の劇場チェーンで300館以上を超える大作と呼ばれる作品もあれば、都内数館しか公開されていない単館系の作品と呼ばれるものまでさまざまです。

映画宣伝は、どういった作品を宣伝するにも、出演している俳優や監督、スタッフの方々を動かし、その映画の魅力をメディアに向けて語っていただくのが仕事です。

出演キャストや監督などと深くかかわる機会も多いため、芸能界や、マスコミの方々と密なコミュニケーションをはかることが多くなり、とても刺激的なお仕事です。

自分の感動を多くの人に伝える

俳優や監督を起用した宣伝以外にも、人気タレントを起用したイベント、社会問題と絡めたイベントなど、映画の宣伝になる面白いイベントやネタを常に考え、実行することも必要です。

自分が感動した映画の魅力を世の中に届けたいという気持ちを持ち続け、それを届けるにはどうしたらよいかと日々奔走することは、ほかの仕事では味わえない充実感です。

ときには映画宣伝が仕掛けた仕事が世の中に大きな話題を呼び起こすことができますし、爆発的なヒットのきっかけとなることもあります。

多くの人々を巻き込み、その楽しみを分け合いながら仕事ができるという点では、非常に恵まれた職業といえるでしょう。