「放送作家」とは

テレビ・ラジオ番組の企画を考え、各シーンで使われるセリフやナレーションを台本に書く。

放送作家(構成作家)は、テレビやラジオの番組の構成を考える仕事です。

担当する番組は、バラエティ、音楽番組、ドキュメンタリーなどさまざまで、ドラマや報道以外のすべてのジャンルになります。

プロデューサーやディレクターなどと番組の企画案を考え、アイデア出しをし、会議で決まったことを企画書にまとめていきます。

放送作家になるために、学歴や資格は必要なく、決まったルートもありません。

現在活躍している放送作家の経歴もさまざまです。

仕事をもらうためにはコネクションが大事になるので、放送作家の養成スクールで学びながら、人脈をつくるのも有効です。

多チャンネル化や、インターネットでの番組配信などにより、放送作家の需要は増えています。

「放送作家」の仕事紹介

放送作家の仕事内容

放送作家は、テレビやラジオ番組の台本を書く仕事です。

番組の構成を考えることから「構成作家」と呼ばれることもあります。

まずは企画を考え、出演者のセリフ、アナウンサーが画面に合わせて読むナレーション、場面設定などを台本に細かく書き起こしていきます。

バラエティ、ドキュメンタリー、音楽番組などさまざまなジャンルで活躍できる仕事ですが、自分の得意分野を持ち、その番組を中心に活動する人が多いです。

放送作家になるには

放送作家は、独立して働く人が多い仕事です。

そのため、特別な学歴や資格が必要な仕事ではありません。

一般の大学を出て、テレビ局勤務ののちに放送作家に転身する人もいれば、高校卒業後に放送作家の養成スクールで学び、コンテストなどに応募し、放送作家としてデビューする人もいます。

とにかく企画力やアイディアが重視されるため、ラジオ番組に何度も面白いハガキを投稿していたら、ディレクターから声をかけられ放送作家になるという人もいます。

放送作家の給料・年収

放送作家は、担当する番組1本ごとの報酬で収入を得ています。

有名作家の場合、週に10本近くのレギュラー番組を抱えることも珍しくなく、番組1本当たり10万円程度を稼いでいるようです。

放送作家としてキャリアを積み、人気番組を担当すれば収入はどんどんアップしていくため、何千万円という年収を得ることも夢ではありません。

しかし、会社員でないため不安定さは常につきまとっています。

特に駆け出しの頃は貧乏暮らしを覚悟する必要があるでしょう。

放送作家の現状と将来性・今後の見通し

テレビの視聴率は昔に比べて下がっていると言われますが、CS放送など多チャンネル化が進んでいるため、新しい放送作家が活躍できるフィールドも十分にあります。

また、現状では一部の人気放送作家に仕事が集まりがちですが、才能と実力が認められれば年齢関係なく大きな仕事を任されるようになります。

常に腕を磨き、アイディアを研ぎすませ、苦境にもめげず「面白い番組を作りたい!」という情熱のある人が生き残っていける世界です。