テレビ局への転職・中途の未経験採用はある?

テレビ局社員への転職状況は?

 

テレビ局の採用は新卒採用がメインではありますが、最近では中途採用を行っているところもあります。

中途採用の場合、新聞社や出版社での勤務経験があるマスコミ関係者、番組制作会社のディレクターが応募することが多いようです。

フリーのリポーターやキャスターが正社員の雇用を目指して応募したり、地方局で働いていた人がキー局の中途採用にチャレンジするケースもあります。

NHKの局員が民放の試験を受けたり、逆に民放の局員がNHKの試験を受けたりして、業界内を移動するケースもあるようです。

このような中途採用を利用すれば、新卒で第一希望のテレビ局に就職できなくても夢を叶えることは可能です。

長期的な視野を持ちながらキャリアアップを目指すとよいでしょう。

テレビ局社員への志望動機で多いものは?

 

テレビ局社員への転職は非常に人気があります。

テレビ局の新卒採用試験は非常に倍率が高いため、この時点で不合格だったものの諦めきれない人が中途採用にチャレンジしてくるのです。

なかには全く関係のない業界に就職したにもかかわらず「やっぱりテレビに携わる仕事がしたい」と決意して転職に踏み切る人もいます。

また、番組制作会社に就職して働いていた人が「もっと待遇のよいところで働きたい」と転職を目指すこともあります。

このように人気のある中途採用ですが、採用人数は決して多くありません。

退職や休職で欠員が出たぶんの若干名しか採用しないことも珍しくないのです。

テレビ局は新卒採用だけではなく、中途採用もかなりの狭き門となっています。

試験に向けて対策をしっかり練ることが大切です。

テレビ局社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

未経験・社会人からテレビ局社員になるには

 

それでは、全くの未経験者が転職でテレビ局への入社を目指すことは可能でしょうか。

結論からいうと、これは決して不可能なことではありません。

最近のテレビ局はどこも番組の視聴率が下がり、厳しい局面に立たされています。

今までの常識にとらわれずに、視聴者の心を掴むような新しい企画を作りたいと考えている局も多いのです。

そのために、別の業界で仕事を経験してきた人の知識や柔軟な発想力を取り込もうと考え、異業種からの転職を歓迎している局もあります。

たとえば、最近では番組の中で視聴者のTweetをリアルタイムで放送したり、インターネット上で動画を再配信したりする試みが増えています。

IT関係の仕事に関わってきた人であれば、テレビとネットが連携した新しい企画を考えられるかもしれません。

今までテレビ業界に携わったことがない人でも能力を生かせる可能性は高いのが現状です。

未経験者でも転職に挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

テレビ局社員への転職に必要な資格・有利な資格

テレビ局社員を目指す場合、とくに必要となる資格や免許はありません。

ただし、中途採用の応募には「四年制の大学卒業以上の学歴があること」が条件となっていることがあります。

また、人材育成のプランによっては、30代前半までに年齢制限されていることもあります。

まずは各テレビ局の中途採用の採用HPを見ながら、自分が応募できるかどうかしっかりチェックしましょう。

テレビ局社員に必要な資格・スキル