放送作家への転職・未経験採用はある?

放送作家への転職状況は?

放送作家の養成スクールには、社会人として企業で働いている人も所属しています。

他の業界で仕事をしながら「いつかは放送作家になりたい」という夢を抱いて転職を目指している人がとても多いのです。

実際に、このような状況からチャンスを掴み放送作家への転職を成功させる人も少なくありません。

この業界は実力主義として知られており、学歴が資格の有無、キャリアの長さよりも、とにかく面白い企画を出すことができて他人を惹きつけるような台本が書ける人が重宝されるのです。

なかには全くの未経験から放送作家に転身して売れっ子になる人もいるので、放送作家への転職を目指す人は積極的にチャレンジしてみるとよいのではないでしょうか。

放送作家への志望動機で多いものは?

放送作家への志望動機で多いものは、やはり「テレビが好き」「ラジオが好き」という気持ちを仕事に繋げたいということでしょう。

この業界を目指す人は日常的にテレビやラジオを視聴している人が多く、毎週欠かさずに見ている大好きな番組があったり、憧れの放送作家がいたりするのも珍しくありません。

一度は他の業種に就職したけれど、やはり「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを諦めきれずに転職に踏み切るケースは多いようです。

この他にも、「クリエイティブな仕事がしたい」という理由から志望することもあります。

放送作家は常に企画を出すことを求められるので大変な一面もありますが、新しいことが好きな人や面白いことを考えるのが得意な人にとっては魅力的な職業であることは間違いありません。

放送作家の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から放送作家になるには

放送業界で働いたことがない人が放送作家になるにはどうすればよいのでしょうか。

まず、未経験者がある程度の企画力や文章力を身につけるためには、放送作家の養成スクールやシナリオ講座などに参加するとよいでしょう。

テレビやラジオの番組というのはあくまでも第三者が見たときに面白いかどうかが重要なので、自分一人で台本を書く練習をするよりも誰かに見てもらって的確にアドバイスしてもらうほうがレベルアップに繋がります。

また、スクールや講座では現役の放送作家が指導をしていることが多いので、見込みがある受講生には積極的にコンクールやアルバイトを勧めてくれます。

こうしたコンクールで入賞したり放送作家の事務所で見習いとして働き始めたりすることから、デビューのチャンスを掴むことができます。

放送作家への転職に必要な資格・有利な資格

放送作家の転職に必要となる資格は特にありません。

この職業は発想力や企画力、あるいは文章力が試されるため、資格や免許を取得することで仕事がもらえるようになるわけではないのです。

転職にあたって有利になる資格も特にはありませんが、言語に関してはできるだけ知識を深めておくと役立つかもしれません。

たとえば、漢字検定を受けて漢字に詳しくなるとか、英検やTOEICなどの語学の試験を受けて語学力を高めておくと、文章を書くときに生かせることがあります。

また、担当する番組によってはロケハンに行ったり取材に行ったりする機会もあるので、車の運転ができると便利です。

時間に余裕があるうちに、自動車の普通免許を取得しておくとよいでしょう。

放送作家への転職に役立つ職務経験は?

放送作家への転職に役立つ職務経験は、放送関係の仕事です。

たとえば、テレビやラジオのディレクターをしていた経験があれば、企画の立て方や構成の仕方がわかります。

ディレクターではなくてADをしていたという人でも、ロケやスタジオ収録の段取りがわかるぶん、台本を書きやすいというのがあります。

放送業界ではなくても広告や広報の仕事をしていた経験があれば、どのようなキャッチコピーがお客さんの心を掴むのか想像しやすいでしょう。

マーケティングの仕事をしていた人の場合、どんな企画が視聴率を取れるのかを考えるのが得意かもしれません。

放送作家の仕事は非常に幅広いので、さまざまな職務経験を役立てることができるのが魅力です。

放送作家への転職面接で気をつけるべきことは?

放送作家への転職面接で気をつけなければいけないことは、正しい日本語で受け答えをするということです。

放送作家はその名の通り「作家」という職業です。

豊富な語彙力を武器に、的確な日本語を使って文章で表現をするのが作家の役割です。

ですから、面接では言語能力の高さもしっかりチェックされています。

面接官からの質問に答える際には、わかりやすい言葉で説明できているかどうか、正しい敬語を使えているかどうか、自分なりに工夫しながら答えるようにしましょう。

また、放送作家はコミュニケーション能力も求められる職業です。

面接では礼儀正しい挨拶をすることや笑顔で受け答えをすることなど、社会人としての基本的なマナーも大切にしましょう。

放送作家に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

放送作家に転職するにあたって年齢制限はあるのでしょうか。

これに関しては、シナリオコンクールや養成スクールの応募を見てみると年齢制限を設けないのが一般的なので、基本的には何歳になっても挑戦できることが多いようです。

ただし、放送作家としてデビューすると、見習いとして小さな仕事からスタートすることになります。

バラエティ番組の中のひとつのコーナーを受け持ったり、番宣や行政の広報番組などの五分ほどのミニ番組を担当したり…というような形です。

仕事の規模が小さいぶん、当然報酬も少なくなります。

仕事量も不安定なので家族を養っている人にとっては厳しい収入といえるでしょう。

年齢だけではなく、こうした経済的な問題をよく考えたうえで転職することが大切です。

未経験から放送作家の転職での志望動機

未経験から放送作家に転職するのであれば、説得力のある志望動機が必要です。

たとえば、「高校生の頃から深夜のラジオ番組のリスナーをしており、毎週ハガキを送ってきました。次第に自分のハガキが読まれる頻度が高くなり、放送の企画に自分も携わりたいという夢を持つようになりました。就職して今年で三年経つのをきっかけに、思い切って転職に踏み切りました。」というような志望動機だと、たとえ未経験であっても放送業界への情熱や愛情が伝わるので、説得力が増します。

離職率の高い業界でもあるので、未経験者の場合は特に漠然とした憧れではなくて、「この業界が好きでたまらなくて、絶対にこの職業で食べていきたい」という強い覚悟があることをしっかりと伝えることが大切です。