放送作家の1日のスケジュール・生活スタイル

放送作家の業務スケジュール

テレビやラジオの放送作家はどのような一日を過ごすのでしょうか。

人気放送作家の場合、その生活を一言で表すと「多忙」です。

たとえば、朝9時からテレビ局で番組の打ち合わせがある場合。

このために、事前に企画書や仮台本などを作っておかなければなりません。

打ち合わせが終わったら、別番組の台本作成のためにロケハンへ。

そして、夕方からまた別の打ち合わせが入り、夜からスタジオでの番組収録に見学に行き、深夜にはラジオの生放送へ向かいます。

さらに打ち合わせ・ロケハン・収録・生放送の合間に、番組制作のための資料読みや台本書きをこなさねばなりません。

このように一日中、予定が詰まっているのが人気作家なのです。

この他にも、雑誌のインタビューや、テレビ雑誌などへの連載等を持っている場合は、さらに忙しくなります。

時間を上手く使いながら効率よく仕事をこなしていくことが大切です。

テレビ局で働く放送作家の1日

民放のテレビ局やラジオ局で番組を担当している放送作家の場合、収録当日は朝から晩まで忙しい一日を過ごすことになります。

複数の番組を掛け持ちしているときは、日付が変わってもまだ仕事が終わらないということも珍しくありません。

09:00 テレビ局にて、担当番組の企画会議

ディレクターやプロデューサーと企画の内容を詰める

12:00 収録番組のスタジオ見学

担当している番組の収録に立ち会う

13:00 制作会社にて、担当番組の次回オンエア試写

担当した番組のスタッフ試写に参加する

16:00 空き時間に、図書館にて試写後のナレーション原稿改訂

試写での修正を踏まえて、ナレーション原稿の最終版を書き直す

17:00 テレビ局にて、担当新番組の企画会議

テレビ局で新しい番組に関する会議を行う

21:00 空き時間に、喫茶店にて資料読み、及び、明日の企画会議用企画書作成

企画に必要な資料を読み込んで勉強する

23:00 ラジオ局入り。番組生放送までにリスナーからのハガキ選び

担当しているラジオの生放送に向けて準備をする

27:00 担当ラジオ番組、生放送終了。その後、HPの放送後記更新

生放送に立ち会い、終わったらHPの文章も更新する

28:30 帰宅後、明日の企画会議用企画書仕上げ

帰宅したあとも仕事の仕上げをする

放送作家の勤務時間・休日