映画監督の給料・年収

映画監督の平均年収・給料の統計データ

映画監督の収入は大変なバラつきがあるので、一概にはいえない部分があります。

映画監督の収入には運や才能、実力、映画の興行収入などさまざまな要素が作用しています。

映画監督の平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
脚本家放送作家・監督・演出
(転職会議)
440万円 20代前半:-万円
20代後半:283万円
30代:350万円
40代以上:750万円
映画監督
(給料バンク)
359万円~471万円 20代の給料:29万円
30代の給料:29万円
40代の給料:29万円
初任給:29万円

映画監督の手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、映画監督の平均年収は400万円前後となると考えられます。

月額総支給額に換算すると33万円となりますが、一般的な職業のように毎月支給されるわけではありません。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業とさほど変わらないといえるでしょう。

映画監督の初任給はどれくらい?

駆け出しの新人監督の場合、スポンサーがついている商業映画を作成すると、1本あたり約400万円といわれています。

ただこのレベルで仕事ができる監督は、新人では恵まれていると考えてよいでしょう。

どんなに映画が大ヒットして興行収入が得られても、興業会社が多くのお金を持って行き、中間管理職的な立場である映画監督のもとにはあまり入らないケースも見られます。

ちなみに日本映画監督協会では、最低報酬として350万円の金額設定があります。

映画監督の福利厚生の特徴は?

映画監督はフリーランスと同様の働き方をしている人が多いため、基本的には会社の福利厚生は受けられません。

ただし、映像制作会社に就職して段階を踏んで映画監督を目指す場合は各種保険や休暇などが利用できる場合もあります。

映画監督の給料・年収の特徴

映画製作は赤字になることも

自主製作やアマチュアの場合、自分の貯金を切り崩したり、借金をして映画制作にあたる人もいます。

アマチュアで活躍する映画監督の場合は収入がほとんど見込めず、赤字になることも日常茶飯事です。

しかし制作会社に就職して段階を踏んで映画監督を目指す場合は、収入の形態が変わってきます。

監督としてではなく会社員としての給与になり、初任給は20万円ほどだといわれています。

アマチュア監督の中には、映画製作のためにアルバイトをしながら作品作りに取り組む人も少なくはありません。

有名映画監督の収入は破格の金額に

世界に有名映画監督は、作品を1本撮影するだけで1000万円以上の収入を得ることができるともいわれています。

映画の出来にかかわらず、監督の名前だけで人々の注目を集めることができるので、公開前にある程度の興業収入を見込めるからです。

たとえば宮崎駿監督・北野武監督・堤幸彦監督など、名前を聞くだけでいくつかの作品が思い浮かび、ファンも多くいることが想像できるでしょう。

そのため有名監督は引く手あまたで、監督側が作品を選ぶという贅沢なこともできるようになります。

こうした監督の仲間入りをすることができれば、低予算〜高額予算なものまで、自分の感性にもとづいて撮りたいものを自由に撮ることができるのです。

監督として実力が認められれば、駆け出し監督と比べものにならない位の報酬を得ることができます。

年に1本映画を撮れば、あとは悠々自適な生活を送れる位の収入が手に入る場合もあるのです。

映画監督の給与は本当にピンキリで、収入面でも厳しい世界ではありますが、逆を言えば大きな成功を手にすることもできる仕事です。

映画監督が収入を上げるためには?

作品を多く手掛ける

映画監督は年に何本の作品を手掛けるかで、年収は大きく変わって来ます。

映画監督の中にはヒット作を何本も手掛け収入をアップさせる人もいますが、こうした働き方ができるのは実力が認められたごくわずかな人のみです。

作品をヒットさせる

契約によっては、監督した作品のDVDやグッズなどでの二次使用料も収入となる場合があります。

また作品がヒットしテレビで放送されたり、動画配信サービスで配信されたりすると、子の分も二次使用料が入ります。

興行成績に恵まれ、DVDなどの販売実績が伸びるようになると、さらに評価が高まり、収入面でも安定します。