テレビADになるには

テレビADになるには

 

テレビADになるためには、基本的にテレビ局番組制作会社、あるいはプロダクションなどのどこかに就職する必要があります。

就職試験では筆記試験や面接試験があり、テレビ局の場合は応募の際に四年制大学卒業以上の学歴が求められるのが一般的です。

また東京のキー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)では、内定者は六大学レベル以上がほとんどを占めるのは事実だそうです。

就職試験では、何百倍もの倍率をくぐり抜けなければなりません。

番組制作に携わりたいという強い意思がある場合、難易度の高い大学に入っておくことは、キー局に入るためのひとつの強みになるでしょう。

番組制作会社の場合は学歴や年齢を問わずADを募集していることが多いので、倍率はそれほど厳しくありません。

ちなみに、NHKではADという職種は存在せず、入局後はディレクターからのスタートになります。

テレビADの資格・難易度

テレビADとして働くうえで、絶対に必要とされる資格や免許はありません。

番組制作会社やプロダクションの場合は学歴に関しても不問とするところが多いですが、テレビ局の100%子会社の場合は、局と同じく四年制大学卒業が求められるところも多いので注意が必要です。

また、会社によっては、ADの仕事内容としてロケや取材の際に車を運転することがあるので、自動車の運転免許を持っていることを条件にしていることもあります。

特に地方局の場合は車がなければどこにも行けないということも珍しくないので、ADをやるからには運転免許が必須ということも珍しくないようです。

ADを目指すのであれば学生のうちに免許証を取得しておくとよいでしょう。

テレビADになるための学校の種類

テレビ業界を目指すためには、大学に進学するか、あるいは専門学校やマスコミ志望者向けのスクールに通って勉強するかのどちらかを選択する人が多いようです。

大学は文系でも理系でもかまいませんし、学部に関しても特に指定はありません。

放送系の学科に進学する人もいますが、必ずしもこのような学科で専門知識を学ぶ必要もありません。

ただし、将来的にディレクターやプロデューサーを目指していきたいのならば、できるだけレベルの高い四年制大学に入ることで可能性が広がるといわれています。

専門学校の場合は、映画やアニメなどの映像作品を学ぶ学校が人気です。

撮影の際に使う機材の使い方を学んだり、編集のテクニックを学んだりと実践的な知識を身に付けることができるのが専門学校の強みです。

テレビ局や制作会社でバイトしているADのなかには、大学や映像系の専門学校に通っている学生もたくさんいます。

学校で教わる演出法や放送の歴史についての知識も、テレビマンになるには必要なものですが、アルバイトとして実際の制作現場に出て放送される番組に携わることは、テレビマンとしての生きた糧となるでしょう。

テレビADになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学学部・専門学校)