映画宣伝の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

映画宣伝を目指すきっかけで多いものは?

映画宣伝を目指すきっかけ

映画宣伝で一番多い志望動機は、やはり「映画が好き」ということです。

もともと映画好きな人が、映画携わることを仕事にしたいと考えるパターンが一般的です。

また「宣伝やプレスの仕事に興味がある」という志望動機もよくみられます。

映画の宣伝を担当するのは外部のパブリシティ会社も多く、パブリシティ会社に就職後、「映画宣伝」の担当になる人も多いためです。

そのほか、小さなころから映画に興味を持ち業界の仕事を目指す人もいれば、学生時代に配給会社や、映画館でアルバイトをしているうちに興味がわいたというケースもあります。

マスコミ業界からの転職

中途採用の場合、同じマスコミ業界からの転職を志望してくる人も少なくありません。

雑誌編集者、テレビ広報から、芸能事務所のマネージャーなどからの転職志望者は、仕事内容もある程度把握しており、順応性が高いことから転職成功率も高くなっています。

映画宣伝の志望動機の考え方

映画宣伝になるために、映画に対する情熱をアピールすることは重要ですが、映画宣伝の仕事は、映画をビジネスとしてとらえなくてはなりません。

自分目線で「面白い作品かどうか」を判断することもありますが、客観的かつ広い視野を持って「ヒットしそうな映画」を見極めていく必要があります。

また、映画に関する権利やお金に関する交渉事も多く、こうした背景を理解しているかがポイントとなります。

タレントやセレブと会いたい」「メディアに関わる仕事がしたい」といった、華やかなイメージに憧れて映画業界を目指す人も少なくありません。

しかし、ただ憧れだけで勤まる仕事ではないため、仕事内容をしっかりと理解し、そのうえで熱意を伝える姿勢が大事になります。

映画宣伝の志望動機の例文×3

好きな映画を絡めた志望動機

私が貴社を志望した理由は、子供の頃に見た映画がきっかけです。

家族で初めて見た「○○」という映画が忘れられず、大きくなってからその配給をしたのがこの会社であると知りました。

これまで映画館で数えきれない本数の映画を観てきましたが、この最初の映画がなくては今の自分はないといっても過言ではありません。

自分がした体験と同じようなことを、一人でも多くの人に感じてもらえるよう、宣伝の仕事に従事したいと思っています。

趣味を自己PRにした志望動機

映画が好きで、ヒット作から単館作品まで週1回は映画を見ています。

映画の感想を自分のSNSで発表していたところ、好評になり、「○○」という作品の感想を書いたときには××人もの人に見ていただきました。

自分が書いた感想を読んで、映画館に足を運んでくれた人もいます。

自分がこれまで多くの映画を見た経験や、書き貯めてきた文章の力を生かして、映画の宣伝をしていきたいです。

アルバイト経験のある人の志望動機

私は学生時代、映画館でアルバイトをしていました。

映画を見終わったあと、お客さまが感想を話したり興奮した様子で席を立ったりしているのを見て、映画というエンターテインメントのすばらしさを実感しています。

しかし、実際には映画館に足を運ぶ人は少なくなってきており、とくに同世代の若い世代では映画を見る人があまりいません。

より多くの人に映画の魅力を伝え、映画館に足を運んでもらえるよう、宣伝マンとなって尽力していきたいです。

映画宣伝の面接で聞かれること・注意点

コミュニケーション力

映画宣伝という仕事は、社内外問わず人との関わりがとても多いお仕事です。

宣伝プランニング、スケジュール調整、パブリシティ手配など、さまざまな場面でやり取りが必要ですが、相手との信頼関係が深いほど、仕事もスムーズに進み、よりよい結果を残しやすくなります。

コミュニケーション力や協調性といった部分はよく見られますので、自己アピールできるようにしておきましょう。

映画に関する質問

映画に関する質問が出る場合も多いです。

詳しいに越したことはありませんが、採用で重視されるのは知識だけではなく「協調性」「素直さ」「コミュニケーション力」といった人間的な要素であるということを覚えておくとよいでしょう。

映画宣伝の自己PRのポイント

映画配給会社の面接は、比較的フランクな雰囲気の中で行われることもあるようです。

形式的な質問ではなく、よりその人の個性がわかるようなことを聞かれることもあり、事前にしっかりと準備をしておくというよりは、自分らしさを存分にアピールする気持ちが大事です。

また、直近で見た作品や好きな映画作品についての質問は非常に多いです。

心を打たれた作品を語ることはもちろんですが、志望する配給会社が手掛けたものかをあらかじめチェックしておくことも必要です。

あらかじめいくつか回答を用意しておき、わかりやすく簡潔に思いを語れるようにしておくとよいでしょう。