映像クリエイターへの転職・未経験募集はある?

映像クリエイターへの転職状況は?

映像制作会社はクリエイティブな仕事に携わることができるというイメージがあることから、就職活動をする学生からも人気のある企業のひとつです。

しかし実際に働き始めてみると、不規則な生活になることや深夜残業があることから離職する人も多く、人材の入れ替わりが激しい業界としても知られています。

こうした現状を踏まえ、映像制作会社では第二新卒の採用や中途採用に力を入れているところもあります。

他の業界からの転職をめざす人にとっては、チャンスの多い業界といってもよいでしょう。

映像クリエイターへの転職の志望動機で多いものは?

中途採用の場合、同じ業界で働いていた人や、関連する業界で働いていた人が志望することが多いようです。

たとえばテレビ局の制作現場で契約社員やアルバイトをしていた人が映像制作会社に転職したり、CGデザイナーがより深く映像制作に携わりたいと転職を考えたり、映画やCMの制作会社で編集作業をしていた人が、個人向けの映像制作をしている企業に転職したりなどです。

こうした職歴のある人は過去のキャリアをいかしやすいので、即戦力として働けるチャンスも多くなります。

映像クリエイターの志望動機と例文・面接で気をつけることは?

未経験・社会人から映像クリエイターになるには

全くの未経験者が映像制作会社に転職した場合、基本的には見習いやアシスタントからのスタートになります。

基本的には編集補助などとして先輩の仕事を手伝いながら業務の流れを覚えることになり、この期間が数ヶ月から数年続きます。

見習いのうちは非正規雇用の扱いであることも多く、給料も低く思うように仕事を任せてもらえないこともあるため、こうした現状を踏まえて転職することが必要です。

映像クリエイターへの転職に必要な資格・有利な資格

映像クリエイターに特別な資格は必要ありません。
そのため何歳からでも、誰でも転職できる可能性があります。

映像クリエイターへの転職に役立つ職務経験は?

映像クリエイターとして役立つ職務経験は、ディレクター業務や撮影・編集業務の経験があることです。

本職を持ちながら趣味で映像制作を手掛けていた人が、大手の映像制作会社へ就職を目指す場合などは、スキルがあるため比較的スムーズに転職できるでしょう。

また広告代理店やイベント会社で働いていた人が、現場での仕事に関わりたいと志望することもありますが、このように営業や企画に携わっていたという人も仕事の流れがわかっているため、転職しやすいでしょう。

そのほか動画サイトでの評価や映像関係のコンテストでの受賞歴も転職の際に評価対象とされることがあります。

映像クリエイターへの転職面接で気をつけるべきことは?

たとえ趣味で映像制作のスキルがあったとしても、職歴がなければ評価されないことも多くあります。

自分の作品に自信があったとしても、慢心せず一から修業するつもりで真摯な気持ちで面接にのぞむことが大切です。

映像クリエイターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

映像クリエイターは何歳になっても転職することができます。

とくに近しい業界からの転職は多く、実際、長年CGデザインや番組制作をしていた人が映像制作に携わることは少なくありません。

ただし、仕事をする上では流行を追ったり幅広い世代の気持ちをつかんだりしなくてはならないため、常に勉強をしたり新しいものを取り入れたりしていく柔軟な姿勢が必要です。

まったくの未経験からの転職となると、ほかの業界と同様20代後半から30代までがひとつのボーダーラインとなるでしょう。