「映画宣伝」とは

映画の公開に合わせて効果的なプロモーション活動を行い、映画の魅力を広く世に伝える。

「映画宣伝」は、映画が新規公開される際に、観客動員が増えるようにプロモーションプランを立案・実施していく仕事です。

通常はチームでプロモーションを行います。

新聞、雑誌、テレビ局などのマスコミに直接映画を売り込む「パブリシティ」、さまざまな企業と共同でプロモーションを行う「タイアップ」、テレビ、雑誌などに広告を出稿する「メディアバイイング」、宣伝物を作成する「クリエイティブ」、そしてそれらを統括する「宣伝プロデューサー」などに分かれています。

大手配給会社の映画宣伝部は、倍率も高く、採用されることは困難ですが、契約社員やアルバイトで成果を上げて、正社員となるケースもあり、まずは映画業界に携わることが大切です。

かなり多忙な日々となりますが、映画好きには非常に魅力的な仕事です。

「映画宣伝」の仕事紹介

映画宣伝の仕事内容

映画の魅力を世間にPR

映画宣伝とは、新しい映画が公開される前にイベントやメディアへの露出などのさまざまなプロモーション活動を通じて映画の魅力を広く世間に知らせる仕事です。

プロモーション活動の種類としては、

・出版社やテレビ局などのマスコミに売り込む「パブリシティ」
・コンビニや食品メーカーとコラボをする「タイアップ」
・新聞や雑誌などにお金を出して広告を出す「メディアバイイング」
・ポスターやチラシなどの宣材物を作成する「クリエイティブ」

などがあり、これらの仕事を総括的に見ながら一つの作品の宣伝を動かす司令塔が映画宣伝プロデューサーです。

世間の人々に「この映画を観てみたい」と思わせて観客動員数を増やすことが映画宣伝の最大の目的です。

映画宣伝の就職先・活躍の場

映画宣伝を行うさまざまな企業

映画の配給を行う企業はさまざまです。

東宝や松竹のようなメジャー系邦画の配給会社、ワーナーズやソニピクチャーズのようなメジャー系洋画の配給会社、ギャガやヘラルドのようなインディペンデント系の配給会社、フランス映画社やアップリンクのようなミニシアター系の配給会社、この他にも数十社に及ぶたくさんの映画配給会社があります。

このような企業に映画宣伝部という部署があり、それぞれが自社作品の宣伝を担当しています。

映画宣伝1日

映画宣伝のタイムスケジュール

10:00 出社
10:30 備品準備
11:30 スタジオ入り
12:00 昼食休憩
13:00 取材開始
18:00 帰社して資料作成

映画宣伝の仕事はマスコミへの売り込みや取材対応がメインです。

取材がある日は朝からポスターや映画の資料を準備し、早めにスタジオ入りして出演者を出迎えます。

一日に何本もの取材が入ると分刻みのスケジュールをこなすこともあります。

時間通りにマスコミや出演者に動いてもらうことが鉄則です。

映画宣伝になるには

映画の配給会社に就職を

映画宣伝の仕事をするためには、映画の配給会社に採用される必要があります。

大手配給会社の映画宣伝部は、大卒の新卒で入った方がより早く第一線で働かせてもらえるケースもありますが、契約社員やアルバイトから正社員になるケースもあります。

この業界はこれといって資格が必要なわけではなく、魅力的な人間性と情熱溢れたやる気があれば受け入れられる風土があるため、アルバイトや契約社員から挑戦する人も多いようです。

映画宣伝の学校・学費

映画の専門学校や大学で学ぶ道

映画業界を目指すために絶対に必要な学歴はありませんが、知識習得のため映像関係の専門学校で学ぶ人が多いようです。

映画の企画から製作までを学ぶ学校や、映画の宣伝、マーケティングを学ぶ専門学校など、より専門的な技術や知識を習得できる学校もたくさんあります。

専門学校以外にも芸術学部を設けている大学などがあります。

大学のほうが学費は高くなりますが、そのぶん就職の際に選択肢が広がるというメリットがあります。

映画宣伝の資格・試験の難易度

語学の資格が役立つことも

映画宣伝は映画に関する知識はもちろんのこと、宣伝マンのアイディアやセンスが重要なカギとなる仕事です。

特定の資格を取得すれば採用されやすいというわけではないので、資格試験に関しては特に気にしなくてもよいでしょう。

ただし、映画業界の就職における採用試験は非常に狭き門となることで知られています。

近年では仕事においてもグローバル化が進んでいるので、語学に関する資格が役立つケースもあるのではないでしょうか。

映画宣伝の給料・年収

マスコミに比べると低い傾向に

映画宣伝の仕事の給料は、所属する会社によって異なります。

大手映画会社に新卒で入れば月収22万円前後でしょう。

テレビ業界、新聞業界、広告代理店などの大手と比べるとやや低い賃金といえるでしょう。

とはいえ、大手になればなるほど同年代の一般平均以上のお給料やボーナスはもらえます。

その一方で、中堅どころや、映画宣伝を専門に行っている宣伝会社など、規模が小さくなるにつれて給料は安くなってくると考えられます。

映画宣伝のやりがい、楽しさ

映画を通じて素晴らしい出会いを

映画の宣伝に携わることの最大の魅力は、映画に出演する俳優やタレント、原作を手がけた作家、映画を作る監督など、普段なかなか出会うことのない人々と知り合うチャンスができることです。

さまざまな職業の人との出会いは刺激的ですし、仕事を通して築いた人脈は今後の自分のスキルにもつながります。

宣伝プロデューサークラスになると企画や脚本から参加することも多く、給料もアップし、そのやりがいは更に大きくなるでしょう。

映画宣伝のつらいこと、大変なこと

心身ともにハードな現場も

映画の宣伝の仕事は激務になることも多いといわれています。

取材や撮影の際は朝早くから夜遅くまで働くこともありますし、ロケともなれば遠方まで足を運ばなければいけないこともあるのです。

不規則な生活になることが多いので、自分の体調管理に気をつけなければいけません。

また、マスコミや出演者に対する取材手配やスケジュール管理などでは人一倍気配りが必要とされるので、一人でストレスを抱え込まないことが大切です。

映画宣伝に向いている人・適性

人の心を動かせる人間的な魅力を

宣伝というセクションは、映画を製作する際にかかわる関係者のほかに、予告編会社、デザイナー、広告代理店などとの交渉、そして、テレビ、新聞、Web、雑誌など、あらゆるメディアと接触し、作品がいかに面白いか、話題性があるかをアピールしていかなければなりません。

人の心を動かせる強い想いと実行力が、周囲をひきつけるためのカギとなる素質です。

映画の知識以上に人間的な魅力のある人が向いている仕事といえるでしょう。

映画宣伝志望動機・目指すきっかけ

映画が好きな気持ちが原点に

映画宣伝を目指す人の中でも一番多い志望動機は、やはり「映画が好き」ということ。

これは洋画・邦画関わらず共通して一番多い声です。

次に意外と多いのが「宣伝やプレスのお仕事に興味がある」という声です。

ほかには「華やかなイメージがあるから」「タレントさんと会えそうだから」などの理由から映画宣伝を志望する人も多くいます。

中途採用の場合は、出版社やテレビ局、芸能事務所などマスコミ業界からの転職が多いようです。

映画宣伝の雇用形態・働き方

正規雇用は非常に狭き門

映画宣伝の仕事に就きたい人の多くが大手の映画配給会社で正社員として働くことを志望しますが、このような会社に新卒採用で入るのは非常に狭き門です。

アルバイトや契約社員の採用であれば行っているというケースも多いので、まずは非正規雇用からスタートして経験を積み正規雇用へのステップアップをめざすのも一つの手段です。

中途採用も盛んな業界なので、出版社やテレビ局などで経験を積んでから転職をするという道もあります。

映画宣伝の勤務時間・休日・生活

土日出勤や残業をすることも

映画のスタッフや、芸能事務所、マスコミは、基本的には土日祝日が休日ではありません。

取材や映画のイベントなどが土日祝日に入ってくることも多々あるので、映画の宣伝に携わる仕事をする人も必ずしも暦通りに休めるわけではないということは知っておくとよいでしょう。

また、勤務時間は企業によって定められていますが、忙しい業界なので残業する日がほとんどです。

自分自身でのタイムマネージメントと体調管理が求められます。

映画宣伝の求人・就職状況・需要

非正規雇用も多い業界

映画宣伝の求人を出しているのは映画の配給会社です。

邦画の配給会社、洋画の配給会社、ミニシアター系の配給会社とさまざまな企業があり、新卒採用と中途採用があります。

ただし正規雇用は狭き門となっているため、アルバイトや契約社員などの非正規雇用で働く人が多い業界でもあります。

実績を積めばフリーランスの宣伝マンとして個人で開業することもできますが、幅広い人脈や高いスキルがなければ顧客の獲得は難しいでしょう。

映画宣伝の転職状況・未経験採用

未経験者が重宝されることも

映画宣伝の採用活動においては、新卒採用だけではなく中途採用も盛んに行われています。

中途採用で特に多いのはマスコミ業界からの転職者です。

雑誌の編集者、テレビの広報担当者から、芸能事務所のマネージャーまでさまざまなケースがあります。

このような職業からの転職志望者は仕事内容もある程度把握しており順応性が高いことから、映画業界での仕事が全くの未経験であっても歓迎されることが多く、転職成功率も高いようです。

映画宣伝の現状と将来性・今後の見通し

時代に合わせた新しい宣伝方法を

もともと映画宣伝の多くは雑誌や新聞、テレビ、街頭広告といった各メディアを利用して行われるものでしたが、最近ではPCやスマートフォンなどのインターネットを使ったオンラインでの宣伝が注目を集めるようになっています。

人々のニーズやライフスタイル、業界の潮流が変わっていく中で新しい可能性の模索が始まっているのです。

映画宣伝は時代に合わせた宣伝方法が必要とされる仕事なので、将来性は十分にあるといえるでしょう。