脚本家の1日のスケジュール・生活スタイル

脚本家の業務スケジュール

自宅での作業が中心

脚本家は基本的に一人の独立した事業主です。

ほとんどは会社に属さず、フリーランスで仕事をしています。

テレビドラマの脚本制作の場合、毎日テレビ局に行って脚本を書き内容を議論するということは少なく、仕事の大部分は自宅で行い、日々一人で机に向かうというスタイルが一般的です。

書き直しは日常茶飯事

脚本が完成しても、そこで終了ではありません。

プロデューサーや現場のスタッフ含む制作者側と会議を重ね、時にダメ出しをされて書き直しを重ねます。

撮影が実際に開始されても突如話を変えるように要求されることも少なくなく、撮影終了までは気が抜けません。

場合によっては徹夜して脚本を何度も何度も書き直すといった作業に追われ、不安定さとハードな生活がつきものとなります。

執筆スタイルはさまざま

脚本執筆のスタイルは人によってさまざまです。

毎日数時間決めた分だけ書く人もいれば、構想に力を入れて締め切り間際の数日感で一気にしあげるという人もいます。

自宅作業のためほかの職業よりも自由度は高く、作品の執筆の参考になる本やビデオを見たり、ネタを探して旅や取材に行ったりすることもできますが、一方で仕事がなければ収入は途絶えてしまいます。

ほかのフリーランスの職業と同様、きわめて不安定な状態であることも忘れてはなりません。

掛け持ちをする脚本家も

脚本家は、もし仕事が途切れたら収入のあてはありません。

特に駆け出しで売れっ子でもない脚本家の場合、収入がとても低いことが多く、生計を立てるためのアルバイトや仕事の掛け持ちをする人もいます。

脚本家の仕事があったとしても、あまり気が進まない分野のものを生活のために仕方なく執筆したり、シナリオとは関係のないライティング系の仕事をしたりする人も少なくありません。

脚本家で働く脚本家の1日

脚本家のスケジュールはそのときに担当している仕事によって変わりますが、執筆の作業中は自分のペースで働くことが多いようです。

打ち合わせや収録のために出向く以外は、基本的に自宅や事務所で仕事をすることになります。

11:00 起床
前日は明け方まで執筆していたため、遅めの起床です。
12:00 昼食休憩
13:00 自宅でシナリオ執筆作業
一人で机に向かいながら執筆作業を行います。
一気に何ページも描き上げることもあれば、まったく進まない日もあるなど日によって進度はさまざまです。
17:00 テレビ局のディレクターと打ち合わせ
テレビ局での打ち合わせのため外出します。
ディレクターと今後の展開や具体的な動きについて打ち合わせます。
19:00 打ち合わせ終了後、帰宅
打ち合わせを終えて帰宅し、話し合いの内容をまとめておきます。
20:00 夕食休憩
21:00 執筆作業再開
先ほど打ち合わせた内容を踏まえながら、脚本を執筆していきます。
執筆が捗るため、夜間に一気に執筆していきます。
25:00 就寝
きりのよいところまで仕事を仕上げて就寝します。
納期が迫っているときや急な変更があった場合は徹夜になることも少なくありません。