映画宣伝の仕事に就くには

映画宣伝になるまでの道のり

何をしたいのかを明確に

映画宣伝の仕事といっても、業務の幅は多岐にわたります。

さまざまな分野で、映画の宣伝と関わることができるため、まずは自分がどういうポジションで関わりたいか考えることが大切です。

たとえば、映画宣伝の全体を決めていく宣伝プロデューサーになりたい、映画の面白さをマスコミに直接伝えるパブリシティ業務がしたい、映画の公式HPや予告編をつくりたい、などです。

映画宣伝の仕事をするには

映画宣伝の仕事をするには、映画配給会社に就職するのが一般的です。

大手配給会社の映画宣伝部は、大卒の新卒で入社するのが大半です。

しかし契約社員やアルバイトから継続して結果を残し、正社員になるケースもあります。

また大手の配給会社に新卒採用で入るのはとても狭き門であるため、常にアンテナを張り、定期的な中途採用などの情報を逃さないようにすることも大切です。

映画宣伝の仕事は人の心を動かす仕事です。

「映画が好きだ」「この仕事をやりたい」ということをアピールして人の心を動かすことができれば、きっと採用担当にも思いが伝わるのでしょう。

映画配給会社に限らず、映画宣伝を専門にしている宣伝会社や、映画を専門にしているデザイン会社、ホームページ制作会社、広告代理店などで働くこともひとつの方法です。

映画宣伝の資格・難易度

映画業界で働くには資格が必要ではありません。

それ以上に、魅力的な人間性と情熱溢れたやる気があれば受け入れられる風土があるため、未経験アルバイトや契約社員からキャリアを始める人も多くいます。

映画宣伝の仕事は、映画を一般の方に面白いと思ってもらうだけではなく、どうしたら「商品」として利益を上げられるかを考え、計画的に実行していかなければなりません。

そのため、映画が好きなだけではなく、一般の方の消費ニーズをしっかり汲み取り、時勢を見極め、心に残る宣伝を行っていくことが必要です。

さまざまな立場で映画の仕事に関わる人々としっかりとコミュニケーション力や、物事をおし進めていける能力や体力、忍耐力、発想力なども求められます。

映画という枠にとらわれず、さまざまな経験を積んでおくとよいでしょう。

映画宣伝になるための学校の種類

映画を学べる学校

映画業界を目指す専門学校は多くあります。

映画の企画から製作までを学ぶ学校や、映画の宣伝、マーケティングを学ぶ専門学校など、映画業界を目指す人々のために、より専門的な技術や知識を習得できる学校もたくさんあります。

芸術学部を設けている大学出身の人も少なくありません。

決まったルートはない

ただし、実際に映画業界では、こうした専門性の高い学校出身以外の人も大勢働いています。

なかには高卒からアルバイトで入ってきたという人も少なくなく、必要な知識やスキルは現場で学ぶこともできるため、必ずしも学ばなければならない知識や通わなければならない学校はありません。

映画宣伝に向いている人

映画宣伝はさまざまなプロフェッショナルたちの力が合わさってできています。

映画宣伝は多くの人の心を動かす仕事なので、人間的に魅力があれば、映画業界の経験がなくても幅広く受け入れてくれる可能性があります。

幅広い業務内容に柔軟に対応するためには、高い人間性を身につけておくことが一番大切なことなのです。

映画宣伝に向いている人・適性・必要なスキル

映画宣伝のキャリアプラン・キャリアパス

映画宣伝としてキャリアを積むと、一つの作品の宣伝を全体的に統括する宣伝プロデューサーとなります。

宣伝の方向を決める重要な責任を担いますが、その分仕事のやりがいや給料もアップします。

映画会社から映画会社へ転職する人も多く、キャリアアップはしやすいといえるでしょう。

また、映画業界に一度入り人脈をしっかりと作っておけば、フリーランスで映画宣伝の仕事を委託することもできますし、映画ライターや映画評論家となる道もあります。

映画宣伝を目指せる年齢は?

映画宣伝には、何歳からでもなることができます。

新卒で入社しすぐに映画宣伝に配属されることはめったにありませんが、ターゲットが若い映画には若い映画宣伝が当てられることは珍しくありません。

また、他の部署である程度経験を積んでから、配置換えにより映画宣伝となる人も少なくありません。

キャリアアップの道もあり、年齢を重ねてもできるのがこの仕事です。