テレビディレクターの給料・年収

テレビディレクターの平均年収・給料の統計データ

属する勤務先によって差がある

テレビディレクターの年収は、キー局・地方局・番組制作会社のどこに属しているかによって、かなりの差が開きます。

キー局の場合、30代で年収は1000万円台になり、40歳のベテランクラスにもなると1500万円を超えることも多いです。

しかし、地方局では同じ年齢でもキー局の7割程度にとどまることが普通です。

さらに番組制作会社の場合は、年収は500万円前後になります。

労働時間が長く、休みもあまりないことが多い番組制作の仕事ですから、番組制作会社では年収が割に合わないと考える人もいるようです。

テレビディレクターの平均年収・月収・ボーナス

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
テレビディレクター
(転職ステーション)
575万6000円 -
ディレクター
(Indeed)
300万円~ 月給:25万6000円
時給:1659円
番組ディレクター
(求人ボックス)
360万円 月給:30万円
初任給は21万円ほど
派遣社員の場合
平均時給:1553円
ディレクター・AD
(転職会議)
351万円 20代前半の年収:277万円
20代後半の年収:354万円
30代の年収:  527万円

求人サイトを見てみると、テレビディレクターの年収は300~600万円ほどの金額となっていることが多いようです。

これは、テレビ局ではなくて番組制作会社の求人が多いことと、ディレクターとADの求人が混在していることが理由と考えられます。

勤務先や仕事内容によって収入に大きな幅がある業界なので、平均年収は目安程度に見ておくとよいでしょう。

テレビディレクターの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

テレビディレクターの手取りの金額は、毎月およそ25~35万円ほどになります。

多忙なテレビ業界では、深夜残業や休日出勤が非常に多いので、残業代や深夜手当などで月給が高くなる傾向があります。

また、自分が担当した番組の視聴率や反響などによって、ボーナスが出ることもあります。

テレビディレクターの初任給はどれくらい?

テレビディレクターの初任給は、大体20万円になることが多いようです。

ただし、企業によっては最初はADからのスタートになるので、もっと低めの金額になることもあります。

また、テレビ局の場合は最終学歴や年齢によっても初任給の金額が変わるので、25万円以上になることもあります。

テレビディレクターの福利厚生の特徴は?

テレビディレクターの福利厚生は、企業によって大きな差があります。

キー局やNHKのような大手の放送局の場合は住宅手当や休職制度が充実していますが、規模の小さな番組制作会社やプロダクションになると、過酷な労働環境の中で働くことが珍しくありません。

残業代が出ない、休みが取れない、住宅手当や扶養手当がない、ということはよくあることなので、労働環境をよく確かめたうえで就職活動をすることが大切です。

テレビディレクターの給料・年収の特徴

変化の激しいマスコミ

テレビディレクターになれたとしても、のんびりとはしていられません。

マスコミ業界全般にいえることではありますが、テレビ番組制作の現場は毎日変化があり、とても流れが速い世界です。

流行に敏感になり日々新しい情報をインプットしていなければ、斬新な企画も出せなくなってしまいます。

ディレクターを目指す熱心な若手がどんどん出てきますので、実力が出せなければすぐに給料にも反映されてしまうようです。

日々、情報をアップデートしながら世の中を見つめることが大切です。

実力主義の世界

ディレクターとして成功するには、自分の個性を出しながらうまく大勢の人をまとめることが肝心です。

また、すでにあるものと同じような番組を作っても視聴者は楽しんでくれませんから、世間が求めているものを察知して、面白い企画を出すひらめきも必要です。

テレビ番組の結果は一番に「視聴率」に現れます。

一見厳しく思えますが、ある意味では自分の仕事がどう受け止められているのか、評価がわかりやすい仕事だといえます。

評価が上がれば給料も上がる、実力主義の世界だといえるでしょう。

テレビディレクターの勤務先別の給料・年収

テレビ局に勤務するテレビディレクター

テレビ局に社員として正規雇用されているテレビディレクターの場合、年収は高い傾向があります。

キー局やNHKのディレクターであれば、30代で1000万円を目指すことも不可能ではないでしょう。

番組制作会社に勤務するテレビディレクター

一方で、番組制作会社に正規雇用されているテレビディレクターの場合、年収はおよそ500万円前後になる傾向があります。

経験年数が短い人や、規模の小さい制作会社に勤めている人であれば、年収300~400万円ほどになることも珍しくありません。

テレビディレクターが所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
(株)フジ・メディア・ホールディングス 1167万円 46.5歳
(株)テレビ朝日ホールディングス 1387万円 42.7歳
TBSホールディングス 1586万円 51.0歳
日本テレビホールディングス(株) 1372万円 48.8歳

出典:2020年現在(各社有価証券報告書より)

フジテレビの平均年収

フジテレビの平均年収は46.5歳で1167万円です。

テレビ朝日の平均年収

テレビ朝日の平均年収は42.7歳で1387万円です。

TBSの平均年収

TBSの平均年収は51歳で1586万円です。

日本テレビの平均年収

日本テレビの平均年収は48.8歳で1372万円です。

テレビディレクターの正社員以外の給料・年収

派遣社員

テレビディレクターのなかには、制作会社から派遣社員として雇われている人もいます。

派遣の場合、時給1500~2000円ほどで働くことが多いようです。

一般的なパートやアルバイトに比べると高めではありますが、仕事内容はハードになることがあります。

フリーランス

テレビ局や番組制作会社で経験を積んだテレビディレクターのなかには、フリーランスのディレクターとして独立する人もたくさんいます。

フリーになることで放送局の垣根を越えて自由に番組を作れるようになりますし、仕事のスケジュールを柔軟に組むことができるようになります。

ただし、収入がアップするかどうかはその人次第です。

実力があれば年収500万円以上稼ぐことも可能ですし、仕事のオファーがなくなれば収入はゼロになってしまいます。

フリーへの転身はリスクがつきものなのです、

テレビディレクターが収入を上げるためには?

テレビディレクターが収入を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

まず、テレビ局に勤めているディレクターの場合は、昇進してプロデューサーを目指すことで確実に年収をアップさせることができるでしょう。

番組制作会社に勤めているディレクターの場合も、プロデューサーになれることもありますし、業界内で別の制作会社に転職することで待遇をよくできることもあります。

腕に自信がある人は、フリーランスになって自分の力をためしてみるのもよいのではないでしょうか。

人脈や実力があれば、大幅に収入をアップさせることができるでしょう。