このサイトは脚本家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「脚本家」

仕事内容
脚本家は、映画やテレビドラマ、演劇、ゲームなどの脚本を書く仕事で「シナリオライター」とも呼ばれます。監督やプロデューサーと打ち合わせながらストーリーを考え、登場人物を設定し、セリフや動き、心理描写、情景描写などを合わせて脚本に書いていきます。オリジナルの脚本を書く場合と、原作をもとにして書く場合がありますが、いずれの場合でも文章力や構成力はもちろん、アイディアや時代のニーズを読む力、協調性などが必要とされます。
なるには
脚本家は学歴や資格が必要な仕事ではないため、熱意と実力があれば、誰でも脚本家として活躍することができます。脚本家になるための決まった道もありませんが、シナリオスクールで学び、学校内コンペなどを通じてデビューを目指す方法、公募のシナリオコンクールに応募する方法、自分の書いたシナリオやプロットをテレビ局や制作会社に持ち込む方法などが挙げられます。実力を磨きつつ、関係者に自分の作品を見てもらうことが近道と言えます。
給料
脚本家の多くは会社に所属するわけではなく、フリーランスで働いています。また、脚本家の仕事は「作品1本あたり」でギャラが決められているため、年収は人によってだいぶ異なります。有名な脚本家になれば年収1000万円以上を稼ぐことも可能ですが、下積み時代は月に数万円程度の収入になることや、突然仕事がなくなる可能性も考えられます。不安定な生活になることは避けられないため、目指すには強い覚悟が求められます。
将来性
テレビやラジオ番組の制作費が減少し、脚本家のギャラも下がる傾向にあるなど、業界を取り巻く状況は厳しい状況です。一方、近年はインターネット配信のドラマなど、脚本家にとって新しい活躍の場も生まれています。従来のスタイルとは変わりつつありますが、時代の流れについていくことは必須と言えるでしょう。クリエイターの一人として、いかに創意工夫し、世に求められる仕事ができるかが、脚本家として生き抜く秘訣と言えます。