銀行員になるには

まずは銀行に入社を

銀行員という職業をめざすには、特別な資格が必要なわけではありません。まずは何よりも「銀行の就職試験に合格して、入社すること」が大切です。

一般的に総合職での採用は「大学卒業者」を前提に募集しているので、大学に在学しながら入社試験をめざすのが最もオーソドックスなルートになります。

ただし、「銀行」と一言で言っても日本にはさまざまな種類の銀行があり、そこで働く銀行員のタイプもそれぞれに異なります。

たとえば日本の中央銀行である「日本銀行」や大手の「都市銀行」は、いわゆる国内トップクラスの有名大学を卒業した人が多く、各都道府県にある「地方銀行」は、地元の大学を卒業した人やその土地の出身者が多い傾向にあります。

また、グローバル化する経済社会のなかで増えてきた「外資系の銀行」は、留学経験者や語学堪能者など海外志向の強い人が中心となって活躍しています。

銀行員になるのに有利な学部は

銀行員として活躍するためには、金融・経済・税務・不動産などの知識が必要になります。こういったことから、銀行員の採用は、文系の「経済学部」や「商学部」「法学部」の出身者が多いようです。

また、最近では金融業界もグローバル化が進んでいるので、語学力を重視して「国際学部」などの出身者を採用するケースもありますし、数字に強いということで理系の学生が採用されることもあります。

上記の学部以外の出身でももちろんチャンスはありますが、金融や経済や不動産に興味があることをアピールするために「簿記」や「ファイナンシャルプランナー」「宅建」の資格を取得したり、語学力があることをアピールするために「TOEIC」や「TOEFL」で高得点をとっていたりすると、採用試験のときにはより強く自己PRをすることが可能でしょう。

仕事体験談