このサイトは住宅メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「住宅メーカー社員」

仕事内容
自社のハウスブランドを中心とした戸建て、マンションの販売を行っています。また、物件引き渡し後のメンテナンスやリフォームなども大切な業務の一つです。各メーカーとも使用する材料から実際の間取り、デザインに至るまで消費者にとって魅力のある、時代の流れに即した商品企画を行っています。1軒の家は住宅メーカー社員のチームワークの賜物です。まずは営業が営業所等で客の対応をし。契約後は、設計が引き継いで図面を作成していきます。出来上がった図面をもとに現場管理が実際に形にしていくことで住宅が完成します。
なるには
住宅という大きな商談に関わる職種であるため、大卒者を採用しているところがほとんどです。中でも生産担当は理系出身である必要があり、専攻も土木や設計などに限定して募集される場合が多いことを心得ておきましょう。採用後も所定の実務経験を積んだ後、建築士などの資格取得を目指すことになります。営業担当は文理問われないのが一般的。住宅に関する専門知識は入社後に十分習得が可能です。高いコミュニケーション能力が求められるため、学歴に自身がなくても十分に勝負できる世界であるといえます。在学中は課外活動等でなるべく多くの人と関わる機会を作るようにするといいでしょう。
給料
営業担当は成績に応じてインセンティブが支給されるため、高収入を目指すことが可能です。戸建ての契約1件につき50万円の報酬が支払われることや、月収100万円を超える営業も珍しくありません。もちろん契約がとれなければ基本給のみとなり、設定されているノルマをクリアできない月が続くと他部署に異動になることもあります。歩合が高額な分、基本給は初任給で20万円前後と極めて平均的です。生産担当の基本給は初任給で月収25万円前後が相場です。勤続年数に応じて比較的順調に金額が伸びていく傾向にあります。扱う件数が多い時には報奨金として手当がついたり、持っている資格に応じて能力給が上乗せされるという特徴があります。最近では営業兼設計という職種を設けているメーカーもあり、より専門的な話ができる営業マンとして大きく収入を伸ばしている人もいます。
将来性
国内の人口は年々減少が進んでおり、不動産の市場は大幅に縮小していくことが予想されます。住宅メーカーの需要は今後減退していくというのが厳しい現実ですが海外に市場を求めたり、今後増加することが予想される単身者世帯、高齢者世帯にターゲットをしぼった商品企画を行ったりと各メーカーとも企業努力を重ねています。また、既存の顧客と長く付き合っていくため、魅力的なアフターサービスの展開も大切になってきます、住居周辺のみならず、今後は必要に応じて、子育て相談や生活相談といった住まいに関するトータルサービスを提供するメーカーが増えてくるでしょう。