このサイトは繊維メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「繊維メーカー社員」

仕事内容
繊維メーカーとは、合成繊維(ナイロン、ポリエステル、アクリルなど)や天然繊維といった各種繊維の開発・製造を行い、世の中に提供する企業のことをいいます。繊維業界は「衣食住」の一つである衣料を製造するのに必要となる素材を供給する産業として古くから成長してきた分野ですが、近年は高機能・高付加価値製品や、繊維事業で培ってきたノウハウを生かせる別事業へ手を広げる企業が増えているといわれます。
なるには
繊維メーカーの社員として働くには、各社が実施する採用試験を受験する必要があります。大手繊維メーカーの大半は新卒採用を毎年行っており、基本的に「大卒以上」の学歴が求められます。また新卒では「総合職」としての採用が基本となっていますが、大きく分けると「技術系」と「事務系」の2種類の職種があり、技術系に関しては、化学、電気・電子制御、機械といった理工系の学生が多く集まります。
給料
繊維メーカーの平均年収は、500万円~600万円程度といわれています。最大手では平均年収700万円以上となっているところもありますが、繊維メーカーは数が多く、また古くから続く中小規模の企業もたくさんあるため、企業ごとに給与や待遇面にはだいぶ差があると考えておいたほうがよいでしょう。初任給は最終学歴によって異なり、大手であれば学部卒は20万円~22万円程度、修士了は25万円前後、博士了は28万円前後くらいになっているようです。
将来性
近年は国内市場が成熟するとともに衣料品が伸び悩んでいること、そして中国や東南アジアから安価な繊維が大量に輸入できるようになったことなどから、業界規模は縮小傾向にあります。そのなかで、国内の大手繊維メーカーは続々とM&Aに乗り出して事業の多角化や規模を拡大しているほか、世界的にも需要が大きな高機能繊維の開発に力を入れ、グローバル市場で競争していこうとする動きが強まっています。