このサイトは製薬会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「製薬会社社員」

仕事内容
病気やケガを治すための医薬品を開発し、生産、販売するのが製薬会社社員の仕事です。新薬を開発するための実験を行う「研究職」や臨床試験を行う「開発職」、医療従事者に医薬品の情報提供とセールスをする「営業職(MR)」、人事や経理などを担当する「事務職」など、さまざまな職種に分かれています。素晴らしい効能がある医薬品を通して社会に大きく貢献することができる一方で、一歩間違えれば副作用や薬害によって患者の健康被害を引き起こしてしまう危険性もあります。社会的な責任が重く、高い倫理観が求められる仕事です。
なるには
製薬会社の社員となるための採用試験では、応募の段階で大学卒業以上の学歴を必要としているところが多いようです。どのような学部の出身者を求めるかは職種によって違いますが、技術職の場合は、薬学や理化学等の知識がなければ実験ができないため、理系の大学を卒業している必要があります。できるだけ高いレベルの大学の「医学部」「薬学部」「農学部」「理学部」で勉強をしてから就職をめざしましょう。営業職(MR)の場合は文系でも採用されることがありますが、入社後の研修は必須です。
給料
製薬業界は、医薬品という景気の影響を受けにくいものを商品として扱っていることもあり、他の業界の企業に比べると給料が安定していて高いことで知られています。また、薬学や理化学などの高度な知識を必要とする専門性の高い分野となるため、優秀な人材を確保するためにも収入や待遇を整えている企業が多いようです。大手製薬会社の初任給は、学部卒で月給22万円前後、大学院の修士卒で月給25万円前後、大学院の博士卒だと月給28万前後で、40代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。
将来性
近年、製薬業界では新薬開発への競争が過熱しています。製薬会社が開発した医薬品は、特許を出願した日から20年間しか特許権が認められず、特許が切れるとジェネリックと呼ばれる後発医薬品の進出によって利益が激減してしまうのです。このような主力医薬品の特許切れによる経営の行き詰まりを防ぐため、多くの製薬会社が新薬開発に力を入れざるを得ない状況です。近年では外資系企業の国内進出や買収が盛んで業界内の再編も起きており、今後も生き残りをかけた厳しい競争が続くことは覚悟したほうがよいでしょう。