「製薬会社社員」の仕事とは

製薬会社社員の仕事内容

医薬品の開発・生産・販売をになう

病気やケガの治りを良くしたり、苦痛を取り除くための医薬品を開発し、生産、販売するのが製薬会社社員のおもな仕事です。

新成分などに関する研究、実験を行う「研究職」、人体に投与した際の安全性を確かめるための治験などを担当し、成分を商品化する「開発職」などの部門が、おもに製品開発にたずさわります。

さらに、医療機関を訪問し、自社製品の情報提供やセールスをする「営業職(MR)」、社内人事や経理を担当する「事務職」など、さまざまな部門の人々が製薬会社社員として働いています。

高い効能を持つ医薬品は、社会に大きく貢献することができる一方で、用法や容量を誤ると健康被害を引き起こしてしまう危険性もあります。

そのため、医薬品の副作用を最小限に抑え、安全に使用できるよう、啓蒙活動を行うのも製薬会社社員の大切な仕事です。

製薬会社社員の就職先・活躍の場

国内外の製薬会社に就職する

製薬会社社員は、国内または外資系の製薬会社の正社員として雇用され、所属する部門によりさまざまな場所で活躍します。

研究部門に所属する社員の場合、研究所に勤務したり、海外の研究所に赴任して、現地の研究員と合同で研究を行ったりすることもあります。

開発職になると、研究により得られた基礎データをもとに、実用化するための実験や、試作品を用いての臨床実験、一般の人々を募って治験を行ったりと、手広く活動します。

そして製品が出来上がると、MRが各医療機関で新製品の営業をしたり、広報部が各種メディアに向けて広告を打ったりして、新しい自社製品を周知します。

それ以外にも、現在のニーズや購買層を分析するマーケティング部門など、多くの人の働きにより、新薬が売り出されます。

製薬会社社員1日

どの部門に所属するかで全く違う

製薬会社とひとくちに言っても、研究職、営業職、広報、事務職など、さまざまな部門の人が働いており、職務内容も違ってきます。

ここでは研究部門に所属する製薬会社社員の1日を取り上げてみます。

研究職に属する製薬会社社員のスケジュール


09:30 朝礼
本日行う試験についての指示、昨日の実験結果の共有などをします。

09:45 実験準備
分析データは限りなく同じ条件下における再現性も重視されるため、実験前の環境整備も重要です。

10:30 サンプル前処理
分析のためのサンプルを採取し、実験に使用するための前処理を行います。

12:00 休憩
前処理にかかる時間などによっても違いますが、昼に差し掛かってしまう場合は先に昼食をとり、実験が継続して行えるコンディションにしておきます。

12:30 実験開始
前処理を行ったサンプルを分析機器にセットし、分析を行います。
実験データが取れたら、サンプルの状態を見ながら再び同じ手技を繰り返し、データを採取します。

18:00 実験終了
データの結果などを記録書にまとめ、実験器具の後片づけをおこない、業務終了です。

製薬会社社員になるには

技術職の場合、理系大卒以上の学歴必須

製薬会社の社員となるための採用試験では、応募資格が大学卒業以上の学歴所持者となっている場合が多くあります。

どのような学部の出身者を求めるかは職種によって違いますが、技術職の場合、薬学や理化学等の知識がなければ実験ができないため、最低でも理系大学卒以上の学歴が必須となります。

特に、「医学部」「薬学部」「農学部」「理学部」で勉強をしてから就職をめざすことをおすすめします。

営業職(MR)の場合は、文系・理系関係なく採用されますが、入社後にMRの認定試験を受けるための厳しい研修が半年ほど続きます。

製薬会社社員の学校・学費

研究職を目指すなら博士号があると有利

どのような部門で働きたいかによって必要となる卒業学科は違いますが、事務職においても医薬品は他の小売業と違う扱いとなるため、大学卒業以上の学歴が必要となることが多くなります。

とくに研究・開発の分野で活躍したいといった場合、大学院博士後期(博士)課程を修了している人のほうが、前期課程修了者(修士)よりも就職にかなり有利なようです。

中には博士しか採用しないといった場合もあるので、基礎研究をしていきたい人は大学院への進学を視野に入れるほうがよいでしょう。

製薬会社社員の資格・試験の難易度

MR候補社員は入社後の研修が厳しい

製薬会社社員に応募する際は、志望する部門によって応募資格が異なります。

たとえば、研究や開発部門の場合は理系大学卒業以上(研究職の場合は博士号があるほうが望ましい)が応募資格となっている場合が多いです。

広報部の場合、医学出版社や医療メディアでの実務経験が求められる場合があります。

MRは比較的卒業学部を選ばない傾向にあり、文系大学卒業者も多く採用されますが、採用後のMR認定試験に向けた研修は専門知識が必要となるため、理系大卒のほうがやや有利といえます。

製薬会社社員の給料・年収

景気に左右されず、高め安定

医薬品の売れゆきは景気の影響に左右されないため、他の業界の企業に比べると給料が高めで、安定していることで知られています。

薬学や理化学などの高度な知識を必要とする専門性の高い分野となるため、優秀な人材を確保するためにも、高収入であったり、待遇の良い企業が多いようです。

大手製薬会社の初任給は、学部卒で月給22万円前後、大学院の修士卒で月給25万円前後、大学院の博士卒だと月給28万前後で、40代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

また、外資系の製薬会社は実力至上主義のため、勤務時間も労働条件も厳しいですが、その分国内企業に比べ給与は高いです。

製薬会社社員のやりがい、楽しさ

新たな医薬品を世に出すため結束する

ひとつの新薬を開発する際には多くの人の時間と努力が必要になり、その分、自社で開発した新たな製品が世に出るときの達成感は、筆舌に尽くしがたいものがあります。

様々な学術論文によるメタ分析や基礎的研究に始まり、新たな作用機序の化学物質の発見・開発に成功するまで10年以上かかることも少なくありません。

さらに、動物実験を皮切りに、人体に投与した際の作用・副作用などのデータを治験によって集め、それらを元に、正式に製品としてパッケージングされます。

そして営業販売部や広報部が販促活動をし、世に普及してゆきます。

このようにして、たったひとつの製品にも製薬会社社員全員が結束することは、製薬業の楽しさや魅力につながるといえるでしょう。

製薬会社社員のつらいこと、大変なこと

「失敗は成功のもと」の精神を貫く

新たな成分や、新たな作用機序の物質を発見したり開発したりするためには、気が遠くなるほどの実験や研究が必要になります。

そのほとんどが望ましい結果の出ない実験や研究で、実験を成功させるというよりも、実験データが示すことを考察し、それに基づき新たに実験をする、考察とチャレンジの繰り返しです。

それは、いつ終わるかもわからない、気の遠いものとなります。

また、そのようにして一度製品化した薬品でも、20年間の特許申請期間が切れるとジェネリック医薬品が台頭し、売り上げが減少します。

新たな製品を作り続けるには売上高の維持、ひいては研究費の確保が必要であり、常に失敗をし続ける折れない心が必須となります。

製薬会社社員に向いている人・適性

医学・保健学・薬学などに明るい人

製薬会社では、新たな医薬品の研究開発のほか、その会社の主力製品のアップデートを適宜行い、それらについて顧客に適切な説明をしたり、啓蒙のためのイベントなども企画します。

これら製薬会社での仕事全般において、ほとんどのセッションでは医薬品にまつわる専門知識が必要となるため、医学や薬学、看護学を修めたり、生化学を勉強した人には働きやすいといえます。

開発職に就くか、営業職や事務職かにより多少の違いも出てきますが、社内全体でさまざまな情報を共有するためには一定以上の医薬品に関わる知識は必要になるでしょう。

製薬会社社員志望動機・目指すきっかけ

薬の持つ可能性を多方面に拡大したい

製薬会社に就職する人の場合、薬学部を卒業し、薬剤師の国家資格を所持している人が多くいます。

そういった人が製薬会社で働くことを志望するもっとも多い理由としては「薬の可能性の開拓や周知に興味があり、薬を作る場にたずさわりたい」といったものです。

調剤薬局に就職する薬剤師は多くの製薬会社から仕入れる薬剤の知識を広く持ち、患者さんに近い場所で働きますが、製薬会社の社員は薬そのものを深く知るという点で違いがあります。

その会社で扱う薬に対して可能性を感じ、更なる改良や、人々へ広くその存在を知らせたいという理由で、入社を志望する人が多いです。

製薬会社社員の雇用形態・働き方

正社員もしくは派遣社員が多い

製薬会社社員の雇用形態はほとんどが正社員ですが、事務職や社内のシステム構築・運用、検品などのセクションにおいては派遣社員が行っていることもあります。

派遣社員ですと、雇用元は製薬会社ではなく派遣会社となり、給与体制も正社員とは違って時給換算の場合も多くなります。

正社員の場合は、雇用元は製薬会社となり、月給制のことがほとんどで、社内の福利厚生なども利用することができます。

しかし、派遣社員のようにさまざまな製薬会社で働くということはできないので、知見をより広げたいといったときには自らの努力が必要不可欠です。

製薬会社社員の勤務時間・休日・生活

土日・祝日が休みの会社が多い

製薬会社社員の雇用時間は、9:00~18:00くらいの間で7~8時間勤務、週休2日(土・日・祝)というところが多いようです。

残業もあまりなく、働く時間も日々ほとんど変わらないので、生活のリズムをつかみやすく、予定も入れやすいことが多いです。

研究開発部門で働く場合は、実験の進捗によっては深夜までラボにいることもあり、また共同研究のために海外赴任することもあります。

また営業職でも、学会や研究会などがあれば週末や休日にかかわらず展示発表をすることなどがあり、他の部署より不規則といえます。

製薬会社社員の求人・就職状況・需要

専門性の高い部門の求人数は少ない

製薬会社ではいろいろな部門の求人を出しますが、こと研究・開発職といった専門性の高い職種の求人数は少なく、年に数名ということもあります。

さらに、各製薬会社では薬理学や生理学の中でも自社に必要な専門知識を、狭く深く持っている人を採用する傾向があり、そのため博士号のほうが修士号より就職しやすい傾向です。

一方で、MRなどの営業部門や経理事務などの求人は、研究開発に直接たずさわるほどの専門性を必要としないため、文系大卒でも会社のニーズに沿った人材であれば採用されます。

製薬会社社員の転職状況・未経験採用

分析経験や薬剤師の資格があると有利

調剤薬局などで薬剤師としての実務経験がある人は、製薬会社への転職は比較的しやすいようです。

品質管理部門などの求人ですと、実務経験が無かったり、未経験採用の場合でも、薬剤師の資格を所持していることが応募条件となっている場合があります。

また、研究所や大学院などでの分析経験がある人や、社会人経験が一定年数以上ある人を応募条件としている場合もあります。

このようなことから、研究開発などの製造部門にたずさわりたい人は、大学院を卒業し、さらに研究所で分析経験を積んでから転職することも視野に入れるとよいでしょう。

製薬会社社員の現状と将来性・今後の見通し

後発医薬品による売上減少が課題

近年、製薬業界では新薬開発への競争が過熱しています。

製薬会社が開発した医薬品は、特許を出願した日から20~25年間しか特許権が認められず、特許が切れるとジェネリック(後発)医薬品の進出によって利益が激減してしまいます。

このような主力医薬品の特許切れによる経営の行き詰まりを防ぐため、多くの製薬会社が新薬の開発に力を入れざるを得ない状況です。

また、外資系企業の国内進出や買収が行われ、業界内の再編も盛んになっており、今後も生き残りをかけた競争が続くことが予想されます。