このサイトは石油会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「石油会社社員」

仕事内容
石油会社とは、ガソリンや火力発電の燃料など、私たちの暮らしに不可欠なエネルギー源である石油の輸入や精製、販売を行う会社のことをいいます。日本では石油の99.7%程度を海外からの輸入に頼っており、原油油田で採掘された原油はタンカーで運ばれ、製油所でガソリンや軽油、重油といった石油製品へと精製されます。この原油の輸入から精製・生産、製品販売までを一貫して手掛けている「石油元売り会社」のことを、一般的に石油会社と呼びます。
なるには
新卒採用では、大手石油会社はの多くは「総合職」としての採用を行っており、基本的に大卒以上の学歴が求められます。総合職は「技術系」と「事務系」に分かれ、技術系では基本的に理工系学部・学科の卒業・修了予定者が対象となりますが、事務系の場合は学部・学科不問であることがほとんどです。大手の元売り会社は知名度が高く給与水準が高めであること、また待遇も充実していることなどから、採用試験はかなりの高倍率になりがちです。
給料
大手石油会社の平均年収は800万円~900万円前後がボリュームゾーンとされており、他の業界・業種と比べても高めの水準にあるといえます。20代後半では年収500万円程度のところが多いですが、大手では40代になると年収1,000万円を超える人も出てきます。大手では諸手当や福利厚生も充実しており、良い待遇で働くことができますが、平均年収トップクラスの企業とそうでない企業では数百万円単位での差が出ています。石油会社すべてで高い給料が得られるというわけではありません。
将来性
国内の人口減少や燃費のよいエコカー普及などの理由によってガソリン需要が年々低下していることから、近年、石油業界では再編の動きが活発化しています。大手石油元売り会社は相次いで経営統合を表明し、規模を大きくしながら生き残りを目指しています。今後、火力発電燃料が天然ガスへとシフトする流れがさらに強くなるものと考えられるなか、各社は石油ビジネスにとどまらず、よりダイナミックでグローバルな総合エネルギー会社としての勢いを強めていくものと考えられます。