このサイトは電力会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「電力会社社員」

仕事内容
電力会社とは、社会インフラとなる電力を生み出し、それを住宅、企業、工場、商業施設などに安定的に供給する会社です。また、エネルギーの効率的な利用方法に関する課題を解決したり、新しいライフスタイルを提案したりと、多岐にわたる事業を展開しています。電力会社の仕事は、大きく営業、広報、人事、資材、燃料などの「事務系」と、配電、火力・水力、電子通信、土木建築などの「技術系」に分けることができ、各部門においてさまざまな職種の社員が協力して働いています。
なるには
電力会社社員として働くには、各社が実施する採用試験を受験する必要があります。大手電力会社では定期的な新卒採用を実施しており、一般的には大学や大学院をはじめ、専門学校、短大、高等専門学校、高校それぞれの学生を対象とした募集がされています。なお、電力会社の仕事は大きく営業、広報、経営企画などの「事務系」と、配電、火力、原子力、土木建築などの「技術系」に分かれ、事務系であれば基本的に学部・学科不問ですが、技術系の場合には学部・学科が指定されることがあります。
給料
電力会社の給料は、年収にして600万円~700万円台がボリュームゾーンとされています。初任給は学歴によって差がつけられており、大卒の場合は20万円前後となっています。事業基盤の安定性もあり、昔から比較的安定した給与が期待できるといわれる業界ですが、公共性の高い事業を営んでいるだけに、原発事故のような大きなトラブル、あるいは不祥事などが発生した場合には大幅な給与カットも行われる可能性があります。
将来性
もともと各地域の電力会社が独占的に事業を営んできた電力業界ですが、福島第一原発の事故や電力自由化などの出来事をきっかけに、電力会社を取り巻く環境は大きく変化しています。各社とも、消費者の「信頼」を得るためにさらなる企業努力が必要とされると同時に、異業種の電力業界参入によって競争がますます厳しくなるなか、事業フィールドを広げながらより良いサービスを追求するなど、新たな挑戦が求められる時代に突入しています。