このサイトは旅行代理店社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「旅行代理店社員」

仕事内容
旅行代理店とは、旅行業者が企画した旅行商品(パッケージツアーなど)を仲介して販売したり、自社で企画・手配をする会社です。具体的には、宿泊や交通が一体化したツアープランや、交通機関の予約、手配、販売、旅行傷害保険加入の手続き、旅行情報の提供など、お客さまへ楽しい旅を提案するために多岐にわたる業務をこなします。旅行代理店では、おもに「カウンターセールス」として来店されたお客さまへの商品の販売をするほか、「営業」「企画・マーケティング」「添乗」などの職種で働く人もいます。
なるには
旅行代理店社員として働くには、旅行代理店の求人募集を見つけて、応募するところからスタートします。旅行代理店は大手から中小までさまざまな規模の会社があり、大手では「大卒以上」の学歴が求められるケースが多くなっています。学部や学科はとくに問われませんが、観光学部のほか、社会学部、商学部、人間文化学部などでも観光学について学べるところがあります。正社員以外に、アルバイトや契約社員、派遣社員として旅行代理店に勤務する人も少なくありません。
給料
旅行代理店の給料は勤務先によって異なりますが、新卒で入社した若手社員の場合、手取りで20万円前後になることが多いようです。ただし、勤務先の規模や経験などによってだいぶ幅があり、これよりも低い給料で働く人もいます。残業が多くなりがちな仕事であるため、残業代がきちんと支給されるかどうかによっても収入は変動してくるといえるでしょう。旅行業界は景気の影響を受けやすいため、ボーナスの支給有無は会社の業績によって変動するケースが多くなっています。
将来性
旅行代理店では、各社が専門性を高めた商品を販売したり、より顧客目線の充実したサービスの提供といったさまざまな工夫によって、厳しい競争のなかでしのぎを削りながら生き残りをかけています。観光の活性化による経済効果も期待されており、旅行代理店の役割は今後も重要視されていくでしょう。人が人に対してサービスを提供する仕事であることから求人も安定しているものの、旅行業者のほとんどは東京に集まっているため、地方での就職は厳しいといえるかもしれません。