「不動産会社社員」とは

住宅や土地、商業施設といった不動産の売買・賃貸・管理あるいはそれらの仲介を行う。

不動産会社とは、おもに土地や、アパート・マンション・一戸建てなどの各種住宅あるいはオフィスビルや商業施設とった建物など、さまざまな「不動産」の売買、賃貸、管理、あるいはそれらの仲介などを行う会社のことをいいます。

本全国には非常に多くの不動産会社があり、大規模な住宅開発、都市再開発などを行う「デベロッパー」と呼ばれる手企業もあれば、いわゆる「街の不動産屋さん」のように賃貸仲介のみを行う小規模の企業もあります。

不動産業界では「営業職」の需要がとくに大きいですが、この仕事は熱意さえあれば専門知識や特別なバックグラウンドがない人、あるいは未経験からでもスタートしやすいといわれています。

不動産会社では、給与体系に「インセンティブ(歩合給)」の制度を取り入れられているケースがよく見られ、成果を出せば出すほど収入がアップしやすい仕事です。

人口減少、少子高齢化など業界を取り巻く環境は厳しさも増しており、市場ニーズに対応できるプロフェッショナルとして力を発揮できる会社が生き残っていくものと考えられます。

「不動産会社社員」の仕事紹介

不動産会社社員の仕事内容

不動産にまつわるさまざまな業務を行う

不動産会社とは、土地や、住宅、オフィスビル、商業施設などの建物といったさまざまな「不動産」の売買、賃貸、管理、あるいはそれらの仲介などを行う会社のことをいいます。

不動産会社と一口にいっても事業内容は企業によって大きく異なり、上記に挙げた事業を複合的に展開している企業もあれば、どれかひとつに絞って営業しているところもあります。

また事業規模もさまざまで、都市開発などの大型事業を手掛ける「デベロッパー」と呼ばれる大企業も、賃貸仲介のみを行ういわゆる「街の不動産屋さん」も、同じ不動産会社の範疇です。

なお、不動産業に関連の深い法律として「宅地建物取引業法」があり、売買や賃貸などの仲介取引を行う企業は「宅地建物取引業者」としての登録が義務付けられています。

不動産会社社員の就職先・活躍の場

就職先には数多くの選択肢がある

不動産会社は全国に30万社以上もあり、企業によって手掛ける事業の種類も多岐にわたります。

主なものとして「売買仲介」と「賃貸仲介」が挙げられますが、同じ事業でも、来店客に対応する店舗型なのか、顧客をまわる訪問型なのかというように、営業スタイルは企業によって異なります。

その他、戸建て住宅や分譲マンションを、広告宣伝から契約まで一手に引き受ける販売代行会社や、マンションやビルの管理を専門に行う会社など、就職先には多数の選択肢があるでしょう。

不動産会社社員1日

コミュニケーションを取る機会が多い

手掛ける事業内容によって不動産会社で働くスケジュールはさまざまですが、デスクワークも外訪も両方こなすケースが一般的です。

入居希望者や大家さん、地主、設備業者、大工など、多くの人と接する機会があります。

9:00 出社
メールチェック、案件ごとの打ち合わせなどを行います。

10:00 物件内覧
入居希望者と共に物件をまわり、部屋を案内します。

11:00 デスクワーク
賃貸借契約書や入居費用の見積もりを作成します。

12:00 休憩

13:00 物件調査
新規に担当することになった物件を訪れ、現地調査します。

15:00 退去立会
退去者の部屋を訪れ、部屋の破損状況などについてチェックします。

17:00 打ち合わせ
空き部屋のリフォームについて、工事業者と協議します。

18:00 帰社

不動産会社社員になるには

営業職は誰でも始めやすい

不動産会社社員として働くには、各不動産会社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

大手企業ではたいてい毎年新卒採用を実施していますが、中小企業の場合は定期的な新卒採用がなかったり、あるいは即戦力となれる中途採用のみを行っているところもあります。

不動産業界は営業職の需要が特に大きいですが、この業界での営業は熱意さえあれば未経験でもスタートしやすいといわれており、専門知識や特別な経歴がなくても、仕事に就くことは可能です。

不動産会社社員の学校・学費

希望する企業によっては学歴が問われる

不動産会社は、ある程度大きな企業であれば、他の業界と同様に、採用にあたっては大卒以上などの学歴が必要になるでしょう。

その中でも「総合デベロッパー」と呼ばれる大手上場企業は、就活生からの人気が高く、国立大学や有名私立大学の学生が多く集まるため、就職の難易度は高めです。

中小企業の場合、特に学歴を問わないところも多数ありますので、就職先次第では誰にでもチャンスがあるといえます。

学部については、民法などの法律が業務に絡むため、法学部の出身者は若干有利かもしれませんが、宅建業法をはじめとして、実務に必要な知識は働きながら身につけていくことが一般的です。

不動産会社社員の資格・試験の難易度

宅地建物取引士は目指すべき

宅地建物取引業者は、その事業所ごとに5人に1人以上の割合で、「宅地建物取引士」という資格の保有者を配置しなければなりません。

不動産取引の契約時に必須となる「重要事項説明」も、宅地建物取引士でなければ行えない業務ですので、資格保有者は企業から常に求められますし、給与面でも優遇されることが期待できます。

試験の合格率は20%前後とそれほど高くありませんが、きちんと勉強すればたとえ学生のうちからでも合格は十分に可能です。

不動産会社への就職を目指すなら、資格取得を検討してみましょう。

不動産会社社員の給料・年収

実力によって上下する傾向

不動産会社で働く人の給料は、勤務先や個々の成績などによって大きく変わってくるようですが、20代から30代前半のうちは、年収300万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっています。

ただし、不動産会社の営業職については、給与体系に「インセンティブ(歩合給)」の制度を取り入れているケースがよく見られるため、人によっては若くても年収1000万円以上を得ています。

なお、業界の代表的資格である「宅地建物取引士」を取得すると、基本給とは別に資格手当が付く企業も比較的多くあります。

不動産会社社員のやりがい、楽しさ

取り扱うものの大きさと重要性

不動産会社の仕事は、人々の生活に必要不可欠な「住まい」を取り扱うという点に、大きな魅力があります。

住む場所は、人々の暮らしを構成する要素の中でも大きな比重を占めており、また金額的にも高額になりがちで、マイホーム購入などは多くの人にとって一生に一度の重要な買い物です。

そんな「住む場所を決める」という重大なライフイベントに立ち合い、顧客のためにより良い選択の手助けができることが、不動産会社で働くやりがいにつながっているといえるでしょう。

不動産会社社員のつらいこと、大変なこと

ノルマに追われる可能性もある

売買仲介や賃貸仲介を営む不動産会社の中には、営業職にノルマを設定している企業がよくあります。

「契約件数」や「仲介手数料総額」といった形で自身の営業成績に目標が課され、日々その数字を意識して働かねばなりません。

ときにプレッシャーがかかるケースもありますが、成績がよかった場合はその分給料に反映されますので、モチベーションにつながっている側面もあります。

また、不動産会社社員なら誰でもノルマがあるわけではないのですが、営業職として働く人数が非常に多いため、不動産会社イコール厳しいノルマに追われる仕事、という印象が強いかもしれません。

不動産会社社員に向いている人・適性

誰とでもコミュニケーションがとれる人

不動産は年齢や職業などに関係なく、誰にでも必要となるものですので、不動産会社社員が接する顧客もさまざまです。

そのため、相手が下宿先を探す若い学生でも、大きく歳の離れた資産家の老人であっても、きちんと話を理解して的確にニーズをくみ取れる、高いコミュニケーション能力が必要になります。

顧客以外にも、大工や設備業者をはじめとしてさまざまな人と共に仕事をする機会が非常に多いため、人と接することが好きな人は不動産会社社員に向いているといえます。

不動産会社社員志望動機・目指すきっかけ

住まいという大事なものに関わりたい人が多い

不動産は人々の生活の基盤をなす大事なものであり、不動産業には大きな責任が伴います。

そうした重要性の高いものを取り扱う仕事がしたいと不動産会社に就職する人は少なくありません。

また、不動産業界は実力次第で年齢に関係なく高収入を得られるチャンスがあり、将来的には資格や資金を得て、独立開業する道も拓けます。

そのため、大きな野心を抱いて不動産会社に入ってくる人も、決して珍しくはないようです。

不動産会社社員の雇用形態・働き方

思い描くキャリア次第で働き方はさまざま

不動産会社で働く人は、ひとつの企業に長く勤める人もいますが、転職する人も決して少なくない印象です。

企業によって業務内容は大きく異なりますので、さまざまなスキルを身につけて成長したいと考える人や、自分の実力に自信があって、より高い収入を求める人などが転職するようです。

また、「宅地建物取引士」の資格を取得し、スキルと経験を積んで、独立する人もいます。

独立する場合は、自分で事務所を経営することになるため、営業手腕や経理知識、スタッフのマネジメントなど、さまざまな能力が必要になりますが、成功すればより大きな収入が期待できます。

不動産会社社員の勤務時間・休日・生活

勤務場所によって事情は多少異なる

不動産会社社員の勤務時間は他業界のサラリーマンとほぼ同じですが、店舗勤務の場合は、始業時間・終業時間共に1時間程度遅くなることが一般的です。

休日についても、本社勤務などの場合は土日祝日が休みとなりますが、店舗勤務の場合はシフト制が採用されているところもあり、来店客の増える土日のうちどちらかは出勤することが多いでしょう。

ただ、勤務場所にかかわらず、顧客のスケジュールを優先させないといけないときもあるため、休日が不規則になることもあり得ます。

不動産会社社員の求人・就職状況・需要

求人数は多いが、条件はよくチェックすべき

不動産業界は離職率が高く、他の業界と比べると短いサイクルで人が入れ替わっていきます。

このため、企業にもよりますが、中小企業を中心として多くは採用活動を積極的に行っており、特に営業職の求人は数多くあります。

また、不動産会社自体の企業数も非常に多くあるため、就職口を見つけることはそれほど困難ではないでしょう。

ただ、待遇や勤務体系などは企業によってかなり差がありますので、募集職種なども含めて、採用情報はよく確認することが必要です。

不動産会社社員の転職状況・未経験採用

未経験者の採用にも積極的

不動産会社の中でも特に営業職は、人によって合う・合わないがはっきりと分かれる傾向にあります。

優秀な営業成績をあげて高い収入を得る人がいる一方で、日々のプレッシャーを負担に感じてすぐに離職していく人もいます。

このため、各企業は転職者を常に受け入れており、たとえ業界未経験者であっても採用には前向きで、意欲さえあれば就職できるというケースが数多くあります。

未経験者にとってチャンスの大きな業界といえますが、逆に考えればそれだけ新規参入者が多いともいえますので、生き残っていくためには努力が問われるでしょう。

不動産会社社員の現状と将来性・今後の見通し

徐々に競争環境は厳しくなっていく見通し

「人の住まい」に関するビジネスを展開する不動産会社は、いつの時代になっても一定の需要があるといえます。

しかし、昨今の人口減少や高齢化などによって、不動産を必要とする人の数は、中長期的には減少傾向にあります。

また、非正規雇用で働く人が増えたことなどから、低価格物件の人気が高くなっている傾向も見られ、業界を取り巻く環境には厳しさもあります。

さらなる競争激化が予想されるなかで勝ち残っていくには、法律知識に精通しているなど、独自の強みを持つことがますます重要になってくるでしょう。