このサイトは文房具メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「文房具メーカー社員」

仕事内容
文房具メーカーは、鉛筆、消しゴム、ボールペン、はさみといった多種多様な文房具を作る会社です。文房具メーカーの仕事は、大きく分けると「企画」「生産」「営業」といったものに分かれており、各部門に所属する人がそれぞれの役目を果たしながら、協力して働いています。「人々の求める文房具は何か?」「もっと使いやすい文房具を作るにはどうすればいいのか?」という製品の企画からスタートし、仕様やデザインを決定して、工場で生産します。そして、文房具店や量販店、ホームセンターといった文房具を取り扱う販売店や卸を通じて、自社の商品を人々の元へ届けます。
なるには
文房具メーカー社員として働くうえで、特別な資格が必要とされることはほとんどありません。新卒採用ではだいたい企業によって「大卒以上」あるいは「高等専門学校卒・専門卒以上」の学歴が求められ、総合職として一括採用されて、入社後に本人の適性や希望などを考慮したうえで配属先が決まるのが一般的な流れです。文房具メーカーの採用人数は大手でも数十名程度とさほど多くないため、倍率は非常に高くなることもあります。中途採用の場合は、経験がある人の採用が中心となっています。
給料
文房具メーカーの平均年収は500万円~600万円程度となっており、他業界とさほど変わらないといえるでしょう。しかし、文房具メーカーは数が多く、株式公開をしていない小規模の会社では給料が低めのところもあるようです。大手ではそれなりの安定性が見込めますが、年功序列の要素もやや強めとなっています。この業界で年収をアップさせたいのであれば、大手へ正社員としてするか、部長クラスの管理職を目指す必要があるでしょう。待遇や福利厚生も企業ごとに内容が異なりますが、大手は充実している傾向にあります。
将来性
世界有数の文房具消費国といわれる日本ですが、IT技術の進歩によって文房具が使われる機会は以前よりも減っているといわれます。業界そのものも緩やかな縮小傾向となっている一方、最近ではスマートフォンなどと連動したデジタル文具も続々と出始めており、今後はさらにこうした高付加価値商品が普及するものと考えられています。海外に活路を求める文房具メーカーも出てきており、厳しい市場環境の中でも、独自の戦略で大きく伸びていく会社が出ることは十分に考えられます。