このサイトは飲料メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「飲料メーカー社員」

仕事内容
飲料メーカーとは、水、お茶、ジュース、コーヒーなどのさまざまな飲料品を製造し、消費者の元へ届ける会社です。食品と同様、飲料品も人々が生活するうえでなくてはならないものであり、飲料メーカーは世の中のニーズに合わせた商品を考え、生み出し、流通させることを役目としています。ひとくちに飲料品といってもその種類は多岐にわたりますが、人の身体に入るものだけに、安全性を確保することが非常に重要です。
なるには
飲料メーカー社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。大手飲料メーカーのほとんどは定期的に新卒採用を実施しており、その募集職種はたいてい技術系としての「研究開発職」や「エンジニアリング職」と、「事務・営業職」に分かれています。技術系職種については基本的に理系学部・学科の人を対象としていますが、事務・営業職については、全学部全学科を対象としている企業がほとんどです。
給料
"飲料メーカーの平均年収は650万円~750万円程度といわれており、他の業界と比べても給与は比較的高水準にあるといえるでしょう。売上高が大きな企業ほど給与面は恵まれている傾向にあり、最大手クラスの企業になると、30代後半~40代で平均年収が1000万円に迫るケースも見られます。 大手飲料メーカーでは、年齢や役職が上がっていくにつれてアップする給料の上がり幅も大き目となっているため、長く働けば、それなりに満足いく収入を得ることができるでしょう。
将来性
時代によって求められる飲料は変わり、近年では人々の健康意識の高まりからお茶やミネラルウォーターのほか、「トクホ」と呼ばれる特定保健用食品飲料、低カロリー飲料、栄養ドリンク系飲料、野菜系飲料の人気が高まっているようです。国内市場が縮小傾向にあるなか、海外メーカーとの提携によって事業拡大を目指すメーカーも登場しています。今後もアジアを中心とする海外で活路を見出そうと、積極的にグローバルビジネスに乗り出していく飲料メーカーが増えると予想されます。