「飲料メーカー社員」とは

水、お茶、ジュースなどのさまざまな飲料品を企画・製造し、安全に流通させる。

飲料メーカーとは、水、お茶、ジュース、コーヒーなどのさまざまな飲料品を製造し、消費者の元へ届ける会社です。

世の中のニーズに合わせた商品を考え、生み出しますが、食品と同様、人の身体に入るものだけに、安全性を確保することが非常に重要です。

大手飲料メーカーのほとんどは定期的に新卒採用を実施しており、その募集職種はたいてい技術系としての「研究開発職」や「エンジニアリング職」と、「事務・営業職」に分かれています。

平均年収は650万円~750万円程度といわれており、他の業界と比べても給与は比較的高水準にあるといえるでしょう。

とくに最大手クラスの企業になると、30代後半~40代で平均年収が1000万円に迫るケースも見られます。

国内市場が縮小傾向にあるなか、最近では海外メーカーとの提携によって事業拡大を目指すメーカーも登場し、今後はグローバルビジネスに乗り出していく飲料メーカーがさらに増えると予想されます。

「飲料メーカー社員」の仕事紹介

飲料メーカー社員の仕事内容

飲料品を生産し消費者に届ける

飲料メーカーとは、さまざまな飲料品を製造し消費者の元へ届ける会社です。

食品と同様、飲料品も人々が生活になくてはならないものであり、飲料メーカーは世の中のニーズに合わせた商品を考え、生み出し、流通させることを役目としています。

飲料メーカーには、大きく分けてマーケティングをして新商品を生み出す企画部門、新商品の開発を行う研究開発部門、実際に工場で飲料を製造する生産部門、より多くの人に自社商品が届ける営業部門、生産した商品を各所へ効率的に輸送する物流部門などがあります。

飲料メーカーによって異なりますが、水・お茶・ジュース・コーヒーなど取り扱う種類は多岐にわたり、それぞれが趣向を凝らした商品を販売しています。

飲料メーカー社員の就職先・活躍の場

大手から中小までさまざまな企業がある

飲料メーカーというと、大手メーカーを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、全国各地には中小規模の飲料メーカーも多く存在しています。

こうした企業の中には、商品の数を限定したり独自性のある飲料を製造したりして多くの利益を得ている企業もあります。

また、清涼飲料水だけでなくお酒を中心に扱う飲料メーカーや、外資系の飲料メーカーもあります。

飲料メーカーへの就職を希望する場合は、企業の特色などを研究し、自分がどんな飲料の製造に携わりたいのかをしっかりと考えておいたほうが良いでしょう。

飲料メーカー社員1日

「本社勤務」か「工場勤務」で異なる

飲料メーカーでの勤務時間は、「本社勤務」の場合と、「工場勤務」の場合で大きく異なります。

本社勤務の場合、朝出社し夕方退社する、一般的なサラリーマンと同じ生活で、シフト勤務や夜勤は基本的にありません。

一日の流れは部署によって異なり、一日中デスクでパソコンに向かって仕事をする人もいれば、打ち合わせや営業で一日中外に出ている人までさまざまです。

工場勤務の場合は、飲料メーカーに限らず朝が早めのところが多く、7時から8時ごろが始業の場合が多いようです。

工場の生産方法によってシフト勤務や夜勤もあります。

また、工場勤務はハードな仕事のため、一日の中で休憩がこまめに挟まれるのも特徴です。

飲料メーカー社員になるには

毎年新卒採用が行われている

飲料メーカー社員として働くには、各メーカーが実施する社員採用試験を受験します。

大手飲料メーカーでは新卒採用も毎年行われ、大きく分けて技術系としての「研究開発職」や「エンジニアリング職」と、「事務・営業職」を募集します。

研究開発職は飲料の技術開発や商品開発、生産管理・成分などの研究、エンジニアリング職は生産設備の新規導入や維持・管理に関する業務を担当します。

事務・営業職は、営業、マーケティング、広報、人事、総務、経理、物流といった幅広い業務を担当します。

飲料メーカー社員の学校・学費

技術系職種は理系学生が対象

一般的に、技術系職種についてはいわゆる「理系」の学生を対象とした採用が行われています。

なかでも、研究開発職は生物系、化学系、農学系、薬学系、エンジニアリング職は電気系、機械系、化学工学系などの学部・学科が中心となります。

一方、事務・営業職については、全学部全学科を対象としている企業がほとんどです。

飲料メーカーに就職を希望する場合には、自分がどんな仕事をしたいかによって、進路も考えなくてはならないでしょう。

飲料メーカー社員の資格・試験の難易度

資格よりも専攻が重視される

飲料メーカー社員として働くうえで、特別な資格やスキルが求められることはほとんどありません。

資格よりも重視されるのが、大学での学部・学科や専攻です。

特に技術系職種の場合は大学で学んだことが採用試験における選考基準の一部となることもありますので、しっかりと学んだことをアピールできることが大切です。

また、飲料メーカーに限らず食品業界で求められることが多いのが「普通運転免許」です。

とくに営業職に就く可能性がある場合には、普通運転免許はほぼ必須と考えておいたほうがよいでしょう。

飲料メーカー社員の給料・年収

他の企業と比べて高水準で安定している

飲料メーカーの平均年収は650万円から750万円程度といわれています。

飲料メーカーは大手企業が多いため、他の業界と比べても給与は比較的高水準にあります。

大卒で入社する場合は20万円から22万円程度、大学院修了の場合は22万円から25万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

また、技術職の場合は、他の職種よりもやや高めの設定としている企業が多いようです。

大手飲料メーカーでは、勤続年数や役職が上がっていくにつれて給料もアップしていく傾向にあり、安定した生活が遅れると考えてよいでしょう。

飲料メーカー社員のやりがい、楽しさ

お客さまが喜ぶ姿を見られる

飲料メーカー社員としてのやりがいや喜びは、やはりお客さまから反響があったときです。「おいしい!」という声を聞いたときや、飲料を口にして笑顔になってくれるのを見た瞬間は、それまでの苦労も吹き飛ぶでしょう。

直接反響がなくても、インターネットやテレビ・雑誌などで商品が評価されているのを見れば同様にやりがいを感じられます。

また、自分が手掛けた商品がヒットすれば、その後何十年も愛され続けるロングセラー商品になる可能性もあります。

社員の一人として、自社ブランドを育てていくことも、この仕事の大きな魅力だといえるでしょう。

飲料メーカー社員のつらいこと、大変なこと

多くの時間と手間がかかる仕事

商品を作り上げて世の中へ届けるという作業は、多くの時間と手間がかかる仕事です。

特に新商品が開発される際は、さまざまな部署の多くの社員が関わり、長い時間をかけてようやく完成にこぎつけます。開発までに何年もかかる商品も少なくありません。

しかし、いざ商品が完成したからといって、消費者に受け入れられなければすべてが水の泡となってしまいます。

どんなに時間と手間をかけて作り上げたものも、競合他社との厳しい戦いを勝ち抜かなくては、ヒット商品にはならないのです。

飲料メーカー社員に向いている人・適性

「食」への興味とお客さまへの心

飲料メーカーで仕事をするには、世の中に求められる飲料を製造し、世の中に広く届けていくため、まず自分自身が広く「食」というものに興味を持っていることが大切です。

飲料に限らず、食に興味を持っていなければ、飲料メーカーでの続けていくのは難しいでしょう。

そして、飲料を通じて世の中に笑顔や幸せを届けたいと心から思えるような人でなければいけません。

食に興味があり、お客さまのことを考えて仕事ができる人が、飲料メーカーとして働くうえでは必須といえるでしょう。

飲料メーカー社員志望動機・目指すきっかけ

会社や製品にほれ込んで

飲料メーカーで働く人の志望動機では、その会社の「製品が好き」という理由で、飲料メーカーを志望する人も少なくないようです。

これらは熱意を伝えるうえではよいですが、ただ「製品が好き」「会社が好き」というだけでは説得力が弱く、他の志望者とも内容がかぶってしまう可能性が高いため、注意が必要です。

その会社や製品が好きになったきっかけや具体的なエピソードを盛り込むほか、入社後自分がどんな仕事をしたいのかまで語れるようにするとよいでしょう。

飲料メーカー社員の雇用形態・働き方

派遣や契約社員で働く人もいる

飲料メーカーの求人の多くは正社員ですが、なかには派遣社員や契約社員といったさまざまな雇用形態で働く人もいます。

募集職種は営業や事務、品質管理、製造など、事務系職種や工場での勤務が多いようです。

大手飲料メーカーは人気が高いため、正社員の求人は相当な高倍率になることもあります。

正社員より応募資格が緩めに設定されていることもあるので、中途採用で飲料メーカーへの転職を希望する場合には、正社員以外の求人も探してみるとよいでしょう。

飲料メーカー社員の勤務時間・休日・生活

安定して休暇をとることができる

飲料メーカーの休日は、多くの場合「週休2日制」で、土日祝日が休みとなることが多いようです。

ただし、工場勤務の場合は、本社とは別のカレンダーに従って休みをとるケースもしばしばみられ、変則的な休みとなることがほとんどです。

大手飲料メーカーでは、社員の休暇をしっかりと管理していて、一般的な休暇制度として年次有給休暇、年末年始休暇、夏期休暇があり安定して休暇を得ることができます。

さらに、慶弔有給休暇、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇などを整えている企業が多いようです。

飲料メーカー社員の求人・就職状況・需要

新卒採用も募集人数は少ない

飲料メーカーでは、ほとんどの企業で毎年新卒採用が行われています。

飲料メーカーへの就職を目指す学生には十分なチャンスがあるといえますが、各社とも採用人数についてはそこまで多くないようです。

採用実績として、技術系職種と事務系職種あわせて50名以下、多くても100名に満たないほどの企業が多く、志望者の人数からするとかなりの狭き門となることもあります。

飲料メーカーへの就職を希望する際は、大手企業だけでなく、全国にある中小の飲料メーカーにも視野を広げることが必要でしょう。

飲料メーカー社員の転職状況・未経験採用

離職率は低めで転職は難しい

飲料業界は他の業界と比較すると、離職率は低めです。

大手企業は給与面や福利厚生面に恵まれている場合が多く、働きやすい環境があることなどから、一度勤めると長く働き続けるといった人が多いようです。

こうした大手飲料メーカーでは、求人は新卒採用を中心に行うため、他の業界よりは中途採用の求人はあまり多くありません。

中途採用の求人は人員不足になった際や、事業を拡大する際に不定期で募集するというケースが多いため、こまめにホームページなどで求人情報をチェックする必要があるでしょう。

飲料メーカー社員の現状と将来性・今後の見通し

統合や買収で淘汰されていく

近年の飲料業界では、同じ飲料業界のメーカーや食品メーカーとの統合や買収といった動きも多く、メーカーのなかには飲料事業から撤退する例も出ています。

この先も人口減少によって市場が縮小し続けていくものと考えられており、市場を海外に広げ事業拡大を目指すメーカーも登場しています。

また近年では人々の健康意識の高まりから「トクホ」と呼ばれる特定保健用食品飲料、低カロリー飲料、栄養ドリンク系飲料、野菜系飲料の人気が高まり、時代の変化によって求められる飲料が変わりつつあります。