「ゲーム制作会社社員」とは

ゲーム制作会社_画像

人々の娯楽となるゲーム作品を製作する会社。ゲーム会社から依頼を受けての開発業務が主。

ゲーム制作会社は、娯楽として人々に遊んでもらうためのゲーム作品をつくる会社です。

自社で企画・開発・販売を一気通貫で行うゲームメーカーに対し、一般的に、ゲームメーカーから依頼を受けて開発作業を行う企業をゲーム制作会社といいます。

ゲーム制作会社の規模は比較的大きな企業から中小ベンチャー企業までまちまちであり、そのすべてで必ずしも定期的な採用を行っているとは限りませんが、開発職であれば「専門学校卒以上」の学歴があれば就職できるケースが大半です。

平均年収は400万円~500万円台程度といわれているものの、会社の規模や個々のスキル、経験などによってもだいぶ差が出ます。

ソーシャルゲームが主流になり、新しい制作会社が続々と立ち上がるなど業界の動きは激しく、今後も新たな技術の登場によって新しいゲーム市場が生まれることが予想されるなか、時代の波に乗れる会社が生き残っていくものと考えられます。

「ゲーム制作会社社員」の仕事紹介

ゲーム制作会社社員の仕事内容

ゲーム作品をつくる会社で働く

ゲーム制作会社は、人々に遊んでもらうためのゲーム作品をつくる会社です。

ゲームには家庭用のゲーム専用機で遊ぶ「コンシューマーゲーム」と、スマートフォンの普及によって近年主流になっている「ソーシャルゲーム」などがあります。

ゲーム制作会社は、プラン(企画)に基づき、プログラミング言語を使ってキャラクターのセリフや動き、音楽などを入れ込んだシステムを構築し、一つの作品として仕上げていきます。

同じゲーム業界の種類として、「ゲームメーカー」があります。

一般的に、ゲームメーカーが自社でゲームの企画・開発・販売まで行うのに対し、ゲーム制作会社は、ゲームメーカーから仕事を依頼され、開発部分のみを担当して行うことが多いのが特徴です。

ゲーム制作会社社員の就職先・活躍の場

いくつかの種類がある

ひとくちにゲーム制作会社といっても、そのビジネスモデルや事業展開によって、いくつかの種類に分けることができます。

ゲームの企画から開発、流通、宣伝、販売までをすべて手掛ける「パブリッシャー」(一般的なゲームメーカー)、パブリッシャーの企画の下でゲームを実際に制作する「ディベロッパー」、自社で企画を持ち込んで制作する独立系ゲーム会社の「インティペンデントディベロッパー」、近年特に人気のある「スマートフォンアプリ制作・開発会社」などです。

ゲーム制作会社社員の1日

どんな仕事を担当するかによって変わる

ゲーム制作会社では、多くの社員がそれぞれの仕事を分業して行っています。

どの仕事を担当するかによって、一日の流れは大きく変わります。

ここではプランナーとして働く人の一日をご紹介します。

10:00 出社 メールチェック
ゲーム制作会社は、一般的に朝は遅めです。
他社のゲームに関する情報を収集したり、新製品のプレスリリースをチェックしたりします。

11:30 ミーティング
プランナーはゲームの設計図となる「仕様書」の作成が主な仕事です。
プランナーとクリエイターが協力して、良いゲームを作り上げようと意見を出し合います。

13:00 休憩

13:30
完成品のチェック
仕様書部分のプログラミングが完成したので、担当者と共にチェック。
バグや不備があればプログラマーと再度打ち合わせます。

15:00  外出
ゲームセンターや書店に行き、情報収集。
自社が制作したゲームの反応をチェックするのも欠かせない仕事です。

16:00 帰社
再び仕様書の作成に戻る

19:30 退社

ゲーム制作会社社員になるには

企業規模によって条件が変わる

大手企業が中心のゲームメーカーに対して、ゲーム制作会社は比較的小規模の会社が多く、学歴については一般的に「専門学校卒以上」であることが応募条件になるケースが多いようです。

とくにプログラマーやグラフィックデザイナーなどの「開発職」については、大卒の学歴が求められるケースはあまり多くありません。

ただし、大手の場合には、まれに「大卒以上」の学歴が必要とされ、プランナーやディレクターなどの「企画職」を目指す場合は、大卒が有利と言われています。

ゲーム制作会社社員の学校・学費

ゲーム作りの基礎を身に付ける

ゲーム制作会社社員になるために、絶対にゲーム系の専門学校で学んでいなくてはならないというわけではありません。

ただし、技術者な要素の強い開発職志望の場合は、プログラミング経験やデッサン力などが合否を左右することもあります。

専門学校ではゲーム制作の流れや業界について基礎から学ぶことができるため、知識を得ておくうえでは決して無駄にならないでしょう。

ただし、独学も不可能ではなく、実際に自分自身でプログラミングを学び、作品をつくっていく中でスキルアップしている人も大勢います。

ゲーム制作会社社員の資格・試験の難易度

特別な資格がなくても就職できる

ゲーム制作会社に就職するにあたって、特別に資格が求められることはほとんどありません。

ゲーム制作会社では、たとえ数多くの資格を持っていたとしても、それだけで就職が有利になるというわけではありません。

ゲーム制作会社では、プログラムを組む人、デザインを作る人、BGMを作る人、シナリオを考える人など、自分がどんな仕事をしたいかによって求められるスキルは異なるため、何よりも、ゲーム制作に対する熱意や思い入れ、向上心などが重視されます。

ゲーム制作会社社員の給料・年収

職種によって差が出る場合も

ゲーム制作会社に勤めている人の平均年収は、400万円から500万円台程度といわれています。

職種によっても給料に違いが出やすく、プログラマーなどの開発職よりは、現場をまとめるディレクターや企画職であるプランナーの給料が高いのが一般的です。

また、近年はスマートフォン向けのソーシャルゲームを制作するベンチャー系の開発会社も増えていて、大ヒットゲームを次々と生み出すようになると、給料が一気に上がることも考えられます。

ゲーム制作会社社員のやりがい、楽しさ

消費者の反応をモチベーションに

ゲーム制作会社で働く魅力のひとつは、自分がした仕事の結果を「作品」という形に残すことができることです。

仕事が無事に終わったときには達成感を得られますが、さらにそれが作品として世の中に出たときには、また一段と大きな喜びの気持ちを味わうことができます。

そして自分が世に出したゲームが、売上などの数字で消費者の反応がダイレクトにわかるのは、ある意味では大きなやりがいにもなります。

「楽しかった!」という消費者からの反応が、制作のモチベーションになるのです。

ゲーム制作会社社員のつらいこと、大変なこと

激務でハードな生活

ゲーム制作会社というと、大好きなゲームに毎日触れ合って楽しそうなイメージを抱く人もいるかもしれません。

しかし、現実はタイトなスケジュールの中で多くの業務をこなして作品を完成させなくてはなりません。

とくに制作会社の場合、大手ゲームメーカーの下請け的な存在であるケースも多く、厳しい納期の下に動かなくてはならないこともしばしばです。

当然、作業が思うように進まなければ残業や休日出勤で対応しなくてはなりませんし、納期前には徹夜作業になることもあり、精神的にも肉体的にもハードな仕事と言えます。

ゲーム制作会社社員に向いている人・適性

ゲームの「作り手」として

ゲーム制作に携わるうえで、ゲームを愛する気持ちは欠かせません。

しかし、「作り手」というのは、ただのゲームユーザーとはまったく異なる存在です。

いくらゲームをすることが好きでも、ゲームを作ることに興味がなければ、いざ仕事を始めてから理想と現実のギャップに苦しむ可能性があります。

「世の中の人に楽しんでもらう」という気持ちを忘れず、作品づくりに没頭できるような情熱を持っている人こそが向いていると言えるでしょう。

ゲーム制作会社社員志望動機・目指すきっかけ

具体的な志望動機が必要

ゲーム制作会社を志望する人のほとんどは、「ゲームが好き」「大好きなゲームに関わる仕事がしたい」と強く考えています。

ただし、ゲーム制作会社を志望するうえでしっかりと考えておきたいのは、これからは「ユーザー」としてではなく、「作り手」になる覚悟があるかということです。

単純に「ゲームが好き」という気持ちだけでなく、ゲーム制作を通じて世の中に何を伝えたいのか、どのような仕事をしていきたいのかといった将来のビジョンまで語れるようにするとよいでしょう。

ゲーム制作会社社員の雇用形態・働き方

男性中心の業界

ゲーム制作会社をはじめとするゲーム業界は、アルバイトよりも正社員での採用が多く、昔から女性よりも男性のほうが多い業界といわれています。

とくにゲームクリエイターとなると、社員は全員男性ということも珍しくありません。

しかし、数はさほど多くありませんが、ゲーム制作会社で活躍している女性ディレクターやプランナー、プログラマー、デザイナーなども増えてきています。

近年は予算の都合から、キャラクターデザインやイラストレーターなど専門的な仕事は下請けやフリーランスなどの外注に出す場合もあります。

ゲーム制作会社社員の勤務時間・休日・生活

フレックスタイム制で自由な社風

ゲーム制作会社やゲームメーカーといったゲーム制作の現場は、時期によって仕事の量や忙しさの波が激しいため、「フレックスタイム制」や「裁量労働制」を採用しています。

また、職種によって勤務時間が異なるケースもよくあります。

たとえば、プロデューサーやディレクターになると裁量労働制で働く人が多く、その日の仕事の状況に応じて自分で勤務時間を決めることができます。

残業や休日出勤が多い反面、勤務時間については比較的、柔軟な考え方がなされていることが、ゲーム業界の企業の特徴だといえるでしょう。

ゲーム制作会社社員の求人・就職状況・需要

職種によって求人の差がある

ゲーム業界は人気が高い業界である一方、人手不足になりがちといわれています。

とくにプログラマーなどの開発職は専門的な要素が強く、一部の能力がある人に重要な仕事が回ってきたり、良い待遇で採用されたりしやすくなっています。

もちろん、新卒や未経験者の採用も行われていますが、最初は下積みのような地道な作業も多く、そこで仕事を辞めてしまう人も少なくないようです。

また大手企業には応募者が殺到するため、採用試験の倍率は相当高くなることもあり、狭き門だということを覚悟しておいた方がよいでしょう。

ゲーム制作会社社員の転職状況・未経験採用

中途採用も多い

ゲーム制作会社では、中途採用も活発に行われています。

とくに、中小規模の企業では即戦力になれる人が強く求められており、経験やスキルがある人ならいつでも大歓迎というところも少なくないようです。

またゲーム業界では、年齢が若いほうが転職しやすいと言われています。

ゲーム制作の仕事は専門性を要するものが多いため、どうしても一人前になるには時間がかかります。

できれば20代のうちに転職を実現させて、現場で経験を積んでいったほうがよいでしょう。

ゲーム制作会社社員の現状と将来性・今後の見通し

ソーシャルゲームの時代へ

スマートフォンの普及により、現在ではスマートフォンを使って遊ぶ「ソーシャルゲーム」が主流になりつつあります。

こうしたなか、ゲーム制作会社のあり方も徐々に変わりつつあります。

ソーシャルゲームはコンシューマーゲームに比べ手軽に開発しやすいため、ベンチャー企業がソーシャルゲーム業界に参入するケースが相次いでいます。

これからゲームクリエイターを目指していきたい人、ゲーム制作会社で働きたい人にとっては、チャンスが広がっているともいえるでしょう。