このサイトはゲーム制作会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ゲーム制作会社社員」

仕事内容
ゲーム制作会社は、娯楽として人々に遊んでもらうためのゲーム作品をつくる会社です。ゲームは、ゲーム専用機で遊ぶ「コンシューマーゲーム」と、スマートフォンの普及によって近年主流になりつつある「ソーシャルゲーム」に大別することができます。ゲーム制作会社は数が多く、なかには自社でゲームの企画から行う会社もありますが、たいていの場合、ゲームメーカーから依頼を受けて開発作業をすることがおもな仕事内容となっています。
なるには
ゲーム制作会社の規模は、比較的大きな企業から中小ベンチャー企業までまちまちであり、すべての会社で必ずしも定期的な採用活動を行っているとは限りません。プログラマーやグラフィックデザイナーなどの「開発職」については、大卒の学歴が求められるケースはあまり多くなく、専門的な知識やスキルが必要になることから、ゲーム関連の専門学校で学んだ後に就職する、という人が大半です。一方、ディレクターやプランナーなどの企画職を目指す場合は大卒者のほうが有利になることもあります。
給料
ゲーム制作会社の平均年収は、400万円~500万円台程度といわれています。ただし、会社の規模や、その人自身の経験、スキルなどによってもだいぶ差が出てくるようです。全体としては、ゲームの企画から開発・販売までを行うゲームメーカーよりは、メーカーの下請けとして開発を行う制作会社のほうが給与水準は低めとされています。近年はスマートフォン向けのソーシャルゲームを制作するベンチャー系の開発会社も増えており、大ヒットゲームを次々と生み出すようになると、給料が一気に上がることも考えられます。
将来性
ソーシャルゲームの台頭が目立つようになっている現在。これまでビッグタイトルを多数手がけてきた大手ゲームメーカーもソーシャルゲームへ移行する動きを見せています。ソーシャルゲームはコンシューマーゲームに比べ、さほど技術力が問われず低予算で開発がしやすいことから、ベンチャー企業が業界に参入するケースが相次いでいます。ITの進歩による変化はめざましく、今後も新たな技術の登場によって新しいゲーム市場が生まれることが予想されるなか、時代の波に乗れる会社が生き残っていくでしょう。