このサイトは食品メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「食品メーカー社員」

仕事内容
食品メーカーとは、原材料を仕入れて商品となる「食品」を製造し、製造した商品を卸売や小売の流通に乗せて消費者に向けて販売する企業のことをいいます。ひとくちに食品といっても「生鮮食品」や「加工食品」といった大きなカテゴリーがあり、さらに加工食品だけでも「調味料」「菓子類」「乳製品」「めん・パン類」「香辛料」といったように多様な種類のものがあります。食品会社の組織は、大きく「企画部門」「営業・販売部門」「開発・生産部門」「管理部門」に分かれ、各部門でさまざまな職種に就く社員が活躍しています。
なるには
食品メーカー社員として働くには、各企業が実施する社員採用試験を受けて合格する必要があります。新卒の採用活動は「総合職事務系」と「技術系」に分けて行われることが一般的であり、事務系は学部学科不問ですが、技術系の場合は理工系の学生を対象とした採用となるケースが大半です。また、大手食品メーカーの場合は「大卒以上」の学歴が求められることがほとんどであり、技術系では大学院から就職をする人も少なからずいます。
給料
食品メーカーにおける正社員の平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。しかし、ひとくちに食品メーカーといっても大手から中小零細企業まで数多くの企業があり、一部の大手食品メーカーでは平均年収が1000万円近くにまで達するところもあるものの、なかには一般的な会社員の平均年収よりも低めの平均年収となっている企業もたくさんあります。待遇や福利厚生の内容についても企業によって異なりますが、大手企業のほうが良い傾向にあるようです。
将来性
「食」は人間の生活に不可欠なものですが、加速する日本の少子高齢化にともなって、この先、食品の市場規模は年々縮小していくことが予想されています。そのため、大手食品メーカーはすでに海外展開を推し進めており、今後も東南アジアや欧米などにおけるグローバルビジネスが加速していくものと考えられます。また、社会全体で「食の安全・安心」に対しての意識がますます高まっているなか、食品メーカーには消費者に対して誠実に向き合う姿勢が求められています。