このサイトは自動車メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「自動車メーカー社員」

仕事内容
自動車メーカーは、人々が乗る自動車を開発し、実際に生産を行う会社のことをいいます。まずは「どのような車を作るか」消費者ニーズや市場動向を踏まえて商品を企画するところからスタートし、デザインや設計図を作り、車体やエンジンなどの組み立てを行い、といったように非常に多くの工程を経て、自動車を作り上げていきます。1台の車を完成させるには、エンジニア、デザイナー、マーケッター、生産担当者など、じつにたくさんの人が関わります。
なるには
自動車メーカー社員として働くには、各自動車メーカーが独自で実施する社員の採用試験を受け、合格する必要があります。企業によって異なりますが、新卒採用の場合、基本的に「大卒以上」あるいは「高等専門学校卒以上」の学歴が求められます。「事務系」と「技術系」は別区分で採用が実施されることも多く、技術系の場合は理工学系の大学や大学院で学んだ人が求められる傾向にあります。事務系の場合は一括採用されたのち、各部門へ配属されるのが一般的な流れとなっています。
給料
自動車メーカー社員の平均年収は、600万円~800万円程度がボリュームゾーンといわれています。業界トップクラスの企業では平均年収が800万円を超えるところもあるなど、一般的な会社員と平均してやや高めの給与水準になっているといえます。ただし、年齢や役職、勤続年数などによっても年収は変わるため、若いうちから多くの収入が得られるわけではありません。大手企業は諸手当や福利厚生も充実しており、安定した環境で働くことができるでしょう。
将来性
50兆円近い市場規模を誇るとされる自動車関連産業は、現代の日本経済を大きく支える産業の一つとなっています。これからの自動車メーカーにはグローバル化のほか、環境・エネルギーや安全性といった、数々の重要問題をクリアしていくことが求められています。新技術が登場するなかで業界再編の動きも出ていますが、今後も「日本のものづくり」の最先端をゆく業界として多くの雇用を生み、存在感を示していくことに変わりはないでしょう。