1分でわかる「食品スーパー社員」

仕事内容
食品スーパー社員は店舗、本社のいずれかに配属されます。

店舗業務はレジ部門、水産・鮮魚部門、精肉部門、青果部門、惣菜部門、グロサリー部門、日配部門、総菜部門に分かれており、社員はそれぞれの部門の主任やチーフとして、品出し・陳列、在庫管理、商品の発注、売り場のレイアウト、接客対応、パートやアルバイトの管理を行い、店長、副店長も社員が務めます。

本社には店舗で実績を積んだ後に異動になるのが一般的です。

本社配属の社員は複数店舗を管理・指導するスーパーバイザー、市場調査を行う経営企画部門、販売計画を練るバイヤー部門、チラシ店内装飾の作成を行う販売促進部門、人事、総務、経理といった事務部門などに分かれ、会社の中枢として経営を支えます。
なるには
高卒者の採用枠も比較多いといえますが、出世のスピードや初任給を考えると大卒者はやはり有利です。

学歴、経験があまり問われない業界ですが、年齢制限だけは注意しましょう。

また、異業種からの転職であっても、飲食店等で食材の加工経験のある人はかなりの割合で優遇されます。

食品スーパーへの就職を希望している人はアルバイトとして入職し、社員登用を目指すのもおすすめです。

意外と車を運転する機会が多いため、AT限定でもよいので普通自動車免許を就職前に取得しておきましょう。

また販売士の資格を取っておくと採用の際に大きなアピールポイントになります。
給料
平均年収は450万円前後といわれていますが、経営規模による差が大きいため、平均値と実際の就職先の額面が大きく離れることもあります。

役職手当が充実しているため、勤続年数に応じた給与が伸びていく業界であるといえます。

大体入社から3~5年で主任・チーフ、8~10年で副店長、10~15年で店長といったペースでキャリアアップしていくようです。

給与面では大卒者が有利で、高卒に比べ、月収で3~5万円の差がつくこともあります。

もちろん、経験やスキル、年齢は考慮されるので転職者は場合によっては新卒者より初任給が高くなります。

給与体系が確立されている一方で長時間勤務、肉体労働といった激務に収入が見合っていないと感じる人が多いのが現状です。
将来性
大規模経営の有名スーパーの場合はかなりの収益を得ており、国内を代表する大企業にも数えられるほど成長しています。

市場規模は他の業界と比較にならないほど大きく、従事する労働者数も多いため、採用時のハードルも低めです。

安価で販売できるプライベートブランド商品は消費者にも高い人気を誇っており、食品スーパーの躍進には欠かせないものになっています。

また多様化するライフスタイルに応じられるネットスーパーの存在感は年々増していく一方です。

amazonや楽天といった実店舗を持たない販売店とも競合していくことになるため、利便性を追求した新たなサービスを模索していくことが急務といえます。