「商社マン」とは

総合商社や専門商社に勤める人。営業の仕事を中心に、世界中と「もの」の商取引を行う。

商社マンとは、一般的に商社の「総合職」として営業などの仕事をする人のことを言います。

商社には、分野や業種問わず幅広いものやサービスを扱う「総合商社」と、特定の分野や業種においての取引を専門的に行う「専門商社」があります。

商社マンになるには大卒以上の学歴が必要で、特に大手総合商社(7社)は就職先として非常に人気が高く、語学力だけでなく、高いコミュニケーション力や判断力、リーダーシップなども求められます。

商社マンは残業続きになることや、海外赴任や転勤など多忙な生活になりがちですが、給料や待遇は恵まれています。

また、多くの人の利権を調整し、自らの手で億単位の規模のお金を動かすなど、ダイナミックにビジネスを進めることができます。

「商社マン」の仕事紹介

商社マンの仕事内容

売り手と買い手をつなげるパイプ役を担う

商社は、食料品、石油・石炭などの資源、自動車、あるいは通信衛星など、ありとあらゆる「もの」を世界中と取引する会社です。

商社に勤める社員のうち、営業をはじめとする「総合職」として働く人のことを、一般的に商社マンと呼んでいます。

おもな仕事内容としては、それぞれが取り扱う商材を、国内外を問わずさまざまな仕入先から調達すること、そしてそれらを必要とする販売先へ卸すことです。

メーカーや小売企業にとって、必要な原材料や商品をできるだけ安く、かつできるだけ良い品質で調達することは、重要な経営課題の一つです。

そういったニーズに応えることが商社マンの役割で、専門知識やノウハウなどを駆使してメーカーなどに代わって適切な商材を仕入れ、安定的な事業経営に貢献します。

また、商取引だけでなく、人と人とを繋ぎ合わせて、新しいビジネスチャンスを生み出すという役割も期待されています。

商社マンの就職先・活躍の場

総合商社と専門商社の2種に分けられる

商社は、幅広い商材を取り扱う「総合商社」と、一部の分野に特化した「専門商社」に大別することができます。

総合商社は、財閥系の三井物産、三菱商事、住友商事をはじめとして、伊藤忠商事や丸紅など、日本を代表するそうそうたる企業が名を連ね、取引も大規模なものが多くなります。

専門商社は、大小さまざまに約60社ほどの企業があり、鉄鋼系や医薬品系、エネルギー系、食品系など、それぞれが得意とする分野において独自性を生かした事業を行っています。

商社マン1日

海外とのコミュニケーションが多い

企業や配属先にもよりますが、一般的に商社マンは海外とやり取りする機会が非常に多い職業です。

一例として、総合商社の繊維部門で働く商社マンの1日をご紹介します。

7:30 出社
メールチェック、海外取引先の最新情報を確認します。

10:00 メーカー訪問
取引先アパレルメーカーを訪れ、商品開発の進捗状況や懸念点を共有します。

12:00 休憩
昼食時間を利用し、取引先の路面店に顔を出します。

13:00 テレビ会議
海外支店の担当者を交え、展示会の打ち合わせを実施します。

15:00 デスクワーク
会議での決定事項を取りまとめ、報告書を作成します。

20:00 帰社

商社マンになるには

希望する企業の採用試験を受ける

商社マンになるには、各商社が実施する就職試験を受けて、社員として採用される必要があります。

商社は、総合商社をはじめ就職先としての人気が高いため、採用倍率は非常に高くなりがちです。

内定を得るには、普段から時事問題に興味を持って自身の意見を語れるようにしたり、英語などの語学力を高めたりと、学生時代からの継続的な努力が必要になるでしょう。

なお、商社での仕事は心身ともにタフなものになるため、企業によっては元気で体力のある体育会出身者が好まれる傾向にあるようです。

商社マンの学校・学費

大手総合商社には難関大出身者が殺到する

商社の総合職試験では、大卒以上の学歴が条件となるケースがほとんどです。

学部・学科に関してはとくに問われませんが、働きだした後には経営や金融・ビジネスに関する知識が必要になるため、経済学部や経営学部などで学んでおくと役に立つでしょう。

ただ、古い歴史と高い知名度のある大手総合商社には、一流国立大学や有名私立大学の学生が多数集まります。

もちろん学歴がすべてではありませんが、非常に厳しい競争となることを覚悟しておかねばならないでしょう。

商社マンの資格・試験の難易度

学生のうちから語学力は磨いておくべき

商社マンとなるために絶対取得しなければならないスキルがあるわけではなく、採用時に何らかの資格保有が条件となることはほぼありません。

しかし、業務上多くのシーンで英語をはじめとした語学力が必要となるため、学生のうちからTOEICを受験したり、英検を取得したりして就職試験にのぞむ人が目立ちます。

また、働きだしてからも、語学力向上だけでなく、証券アナリストや中小企業診断士、MBAなどの資格取得を目指すなど、ビジネスマンとしてのスキルアップに励む人が多いようです。

商社マンの給料・年収

高給を得られる反面、仕事は厳しい

大手総合商社勤務の場合、平均年収は1000万円を超えます。

30代前半の比較的若いうちに1000万円以上を得る人も珍しくなく、他業界の会社員と比べると、給料や待遇面は恵まれているといえます。

ただし、給料が高い裏には、深夜に及ぶ長時間残業が慢性化していたり、海外転勤を含む異動が多かったりといった厳しい労働事情が隠れています。

就職先を選ぶ際には、企業の知名度や年収のみにこだわるのではなく、自身が手掛けたい仕事や労働環境、私生活とのバランスなどを総合的に勘案することが大事です。

商社マンのやりがい、楽しさ

世界を股にかけたビジネスができる

商社マンの仕事の特徴として、世界中で広く活躍できるという点が挙げられます。

若手のうちからどんどん仕事を任せてもらえるという傾向も強いため、一年目から海外出張するケースもあり、グローバル志向の強い人には非常に楽しい仕事環境といえます。

アメリカやヨーロッパなどの主要国に限らず、観光目的で訪れることはまずないような発展途上国でビジネスをするケースもありますので、人間としても成長できる機会に恵まれているでしょう。

商社マンのつらいこと、大変なこと

肉体的・精神的な負担が大きい

商社の仕事は事業規模や金額の大きいものが多く、動かすお金は数億円、数十億円単位、ときにはそれ以上に及びます。

そのため、各商社マンにかかるプレッシャーは並大抵ではなく、また業務量も膨大になるため、心身ともに追い込まれる激務となるケースも珍しくありません。

また、海外出張や海外赴任する頻度も高く、場合によっては日本より治安が悪かったり生活が不便だったりする国で暮らす可能性もありますので、仕事だけでなく私生活面でも、負担は重くなりがちです。

商社マンに向いている人・適性

主体性をもって物事に取り組める人

商社マンの仕事は、あらかじめ決まった仕事を所定の順番でこなすというよりも、試行錯誤しながら自分で新しいビジネスを創出していくという側面が大きくなります。

仕事が与えられるのを待っているのではなく、主体的に仕事に取り組んで自ら仕事を取ってこれる人が、商社マンに向いているでしょう。

また、商社マンのなかには、資格取得や語学力向上などに熱心な人が多い印象で、厳しい出世競争を勝ち抜いていくためにも、日々の自己研鑽は重要です。

誰に指示されるでもなく、自主的に勉強に励める人は、商社マンの資質があるといえます。

商社マン志望動機・目指すきっかけ

面接官を納得させられるだけの志望動機を

世界を相手にダイナミックな仕事ができる商社マンに憧れを抱く人は多く、知名度の高い大手総合商社を中心に、毎年多くの学生が就職を希望します。

面接においては、自己PRなどと合わせて、必ず志望動機を問われることになりますが、誰にでもあてはまるようなありきたりなものや抽象的なもの、単なる憧れだけでは内定を得ることは不可能です。

自己分析や過去の経験などを踏まえて、「だから商社でなくてはならない」と断言できるだけの確たる理由を面接官に述べられるよう、しっかりと準備しておきましょう。

商社マンの雇用形態・働き方

転勤する頻度が高い

企業や配属部署にもよりますが、商社マンは数年単位での隔地転勤を繰り返すことが一般的です。

大手総合商社ともなれば世界各地に支店や営業所を設けていますので、国内に限らず、海外に異動となるケースも多々あります。

もし結婚して配偶者や子供がいれば、単身赴任するにせよ家族で移住するにせよ、自分だけでなく家族に対しても、決して少なくない負担を強いることになります。

商社マンを目指すなら、業務上そうしたリスクをはらんでいることも、一考するべきかもしれません。

商社マンの勤務時間・休日・生活

多くの商社マンは激務

商社マンの勤務時間は、他業界のオフィスワーカーと同様、おおむね8:30~17:00くらいに定められています。

しかし、企業によって差はありますが、大手などでは夜遅くまで仕事に追われるケースが多く、また業務後も取引先との接待などがあるため、帰宅する頃には日付が変わっていることもよくあります。

仕事もプライベートも充実させたいというのではなく、私生活を多少犠牲にしてでもビジネスの第一線でバリバリ働きたいという人でないと、商社マンは務まらないかもしれません。

商社マンの求人・就職状況・需要

新卒採用の場合、手掛ける分野は選べない

大手総合商社をはじめとして、ほとんどの商社では毎年総合職の新卒採用を実施しており、数十名単位の求人をしているところも珍しくありません。

新卒として採用されると、総合商社では入社後に配属先が決定されますが、商社の仕事は取り扱う商材ごとに必要な知識やノウハウが異なるため、基本的に分野をまたぐ異動はありません。

配属先の決定には本人の意向も考慮されますが、人によっては自身の希望ではない分野の仕事を退職するまで続けなければならない可能性もありますので、あらかじめ留意しておきましょう。

商社マンの転職状況・未経験採用

分野に応じた職務経験が必要

中途採用を実施している商社も多数あり、とくに大手総合商社各社は、「キャリア採用」と呼ばれる社会人経験者の採用に積極的です。

キャリア採用の場合は、新卒時とは異なり、分野ごとに募集がかかるケースが大半で、商社勤めの経験はなくても構いませんが、前職でその分野に関係ある仕事をしていた人が求められるようです。

ただし、転職市場においても商社の人気は高く、多くの就職希望者が集まりますので、採用されるためには自身のスキルや前職での実績をアピールする必要があるでしょう。

商社マンの現状と将来性・今後の見通し

日本の商社は世界的に見ても高評価

近年の商社は、モノの取引だけでなく、さまざまな事業を複合的に展開する企業が増えています。

資源開発事業やIT事業、新エネルギー開発のための投資などが代表的ですが、企業によっては製品開発から製造・販売まで一貫して手がけるSPA(製造小売)事業を展開しているところもあります。

そうした新たな取り組みが奏功し、大手7社と呼ばれる業界トップの総合商社はいずれも世界的評価を高めています。

そこで働く商社マンも将来性は豊かで、本人の努力次第で大きなチャンスを掴むことができるでしょう。