このサイトは自動車部品メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「自動車部品メーカー社員」

仕事内容
自動車部品メーカーは、自動車を製造する際に必要とされるさまざまな部品をつくり、供給する会社のことをいいます。自動車は1台あたり約2万から3万ほどの部品でできているといわれ、部品製造には専門的な技術や設備が必要とされることから、エンジン、ブレーキ、ランプ、ネジやボルトなどの部品ごとにたくさんの専門会社が存在しています。自動車部品メーカーは自動車メーカーとは切っても切り離せない関係にあり、トヨタ系、ホンダ系といったように、大手自動車メーカーの系列会社もたくさんあります。
なるには
自動車部品メーカー社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受験する必要があります。大手自動車部品メーカーの新卒採用では、一般的に「大学あるいは大学院の卒業か修了見込み」であることが応募資格となりますが、一部高等専門学校の学生も対象としています。職種は大きく分けて設計、実験、開発・研究、生産技術、品質保証などに携わる「技術系」と、営業、調達、生産管理、経理・財務、人事などの「管理系」があり、技術系では機械系、電気系、電子系、金属工学系、材料工学系などを学んだ人であれば知識を生かしやすいでしょう。
給料
自動車部品メーカーの平均年収は、500万円台後半とされています。ただし、国内に自動車部品メーカーはたくさん存在しており、企業によって平均年収にもだいぶ差が出ているようです。大手自動車メーカーの系列会社は比較的待遇がよく、なかでも最大手になると平均年収は800万円以上となっているところもあります。初任給については、最終学歴によって最大で数万円程度の差がついていますが、大手の自動車部品メーカーと中小の自動車部品メーカーではほとんど変わりがないようです。
将来性
自動車業界は景気の影響を受けやすい産業の一つであり、自動車メーカーの景気が悪ければ自動車部品メーカーの景気も悪くなり、その逆もまたしかりです。最近では新興国での自動車需要が大きくなっていることから、系列での取引を超えたグローバルな取引をする自動車部品メーカーが増えています。また、次世代自動車の普及を見据えたエレクトロニクス系メーカーとの連携など再編の動きも活発化しつつあり、こうした流れはしばらく続くものと予測されます。