「電機メーカー社員」とは

家電や重電製品、コンピュータ製品など、あらゆる電機製品の開発・生産・販売を行う。

電機とは「電気機械」の略で、テレビ・冷蔵庫・洗濯機といった私たちの暮らしに身近な家電製品をはじめ、発電機や電池などの重電製品、スマートフォンやパソコンといったコンピュータ製品、あるいは電子部品など、あらゆる電機製品の開発・生産・販売を行う会社のことをいいます。

数多くの電機メーカーがあるなかで、家電製品や電子部品、産業用電機製品といった幅広い製品群を取り扱うことに加え、重電部門を持つ大手メーカーは総合電機メーカーと呼ばれます。

電機メーカーの職種は大きく「技術系」と「事務系」の2種類に分けられ、前者はおもに研究開発を、後者は営業や企画、バックオフィス業務などを担当します。

近年の電機メーカーは、円高の影響や欧州の債務危機を発端にした不安定な経済状況、東日本大震災、価格下落などの影響によって厳しい状況が続いていますが、さまざまな経営努力によって回復基調をみせる企業も出ています。

各社の経営方針や事業展開を見極めることが必要だといえるでしょう。

「電機メーカー社員」の仕事紹介

電機メーカー社員の仕事内容

さまざまな電機製品の開発・生産・販売を行う

電機とは「電気機械」の略で、私たちの暮らしに身近な各種家電製品をはじめ、コンピュータ製品、電子部品など、あらゆる電機製品の開発・生産・販売を行う会社を電機メーカーといいます。

電機製品には幅広い分野があるため、企業によっては音響機器や工作機械、照明器具などに事業分野を絞っている企業もありますが、さまざまな事業を複合的に手掛ける大手企業もあります。

一般的に、日立製作所、東芝、三菱電機、パナソニック、ソニー、シャープ、NEC、富士通の8社が、国内大手電機メーカーに分類されています。

なかでも、発電施設や、工場、商業施設で用いられる設備などの「重電製品」を手掛ける企業は「総合電機メーカー」と呼ばれ、上記のうち日立、東芝、三菱の3社のみが該当します。

電機メーカー社員の就職先・活躍の場

就職先によって事業内容は大きく異なる

電機製品が用いられるフィールドは多岐にわたっており、各種機器の用途や、製品に使われている技術などは、それぞれに異なっています。

主要な販売先や社員の活躍の場も企業によってさまざまで、家電量販店で個人相手に自社商品の説明をすることもあれば、法人企業を取引相手としたBtoBビジネスを専門に行うところもあります。

電機メーカーの特徴や強みは各社バラエティに富んでいますので、気になる企業があれば、会社説明会やインターンシップに参加するなどして、知識を深めてみるとよいでしょう。

電機メーカー社員1日

高度な専門知識を駆使して実験を繰り返す

電機メーカー社員のスケジュールは、各企業ごとに、また担当業務によっても大きく変わりますが、一例として総合電機メーカーで働く生産技術職の1日をご紹介します。

新技術を開発するための実験に、多くの時間を費やします。

8:00 出社
メールチェック、実験準備などを行います。

9:00 実験
仮説モデルを立てて、それを検証する実験を繰り返します。

12:00 休憩

13:00 データ整理
実験結果をまとめ、取得したデータを分析します。

15:00 文献調査
最新の海外論文を取り寄せ、同様技術の進捗状況を確かめます。

18:00 帰社

電機メーカー社員になるには

職種ごとに行われる採用試験を受ける

電機メーカー社員となるには、各社が実施する採用試験を受ける必要があります。

募集職種は「事務系」と「技術系」の2種類に分かれていることが多く、事務系は営業をはじめ、資材や経理、人事など、技術系は設計開発のほか、研究開発や生産技術、品質管理などの業務を担います。

大手では、事務系・技術系ともに「総合職」として一括採用され、入社後に本人の適性などを踏まえて配属先が決定されるため、すぐ希望する業務を担当できるとは限らない点に留意しましょう。

電機メーカー社員の学校・学費

大卒や大学院卒の学歴が必要

大手電機メーカーの総合職採用においては、たいてい「大卒以上」の学歴が条件となっています。

事務系については、全学部・全学科を対象に広く採用されますが、技術系の場合、おもに電気・電子系、機械系、情報・通信系の学部出身者が対象とされています。

なかでも高度な専門知識やスキルが求められる研究職については、大学院での研究経験があり、実験手技に精通した学生が採用の中心となっています。

また、大学院修士課程修了者や博士課程修了者を対象として、各研究室宛に、企業からの推薦募集がかかるケースもあるようです。

電機メーカー社員の資格・試験の難易度

必要な知識は研修などで入社後に身に付ける

電機メーカーに新入社員として採用される際に、何らかの資格やスキルが必須となることはありません。

業務で必要とされる知識やスキルなどは、OJT(実際に働きながら上司や先輩社員から教わること)や、入社後の社内研修などで身に付けていくことが一般的です。

大手では研修制度は充実しており、新入社員のためのビジネスマナー研修、部署異動者向けの研修、管理職に昇進した社員を対象としたリーダー研修など、段階的に必要な知識を学ぶことができます。

電機メーカー社員の給料・年収

企業間による格差が大きい

電機メーカーの平均年収は、600万円~650万円程度とされています。

ただし、電機メーカーは超大手といえる企業から中小企業まで事業規模はさまざまで、社員の待遇は企業ごとに異なっています。

大手では平均年収が1000万円を超えている企業や、それに近い企業がいくつもありますが、中小企業では業界の平均年収以下にとどまっている企業もあります。

また、外資系メーカーになると、国内企業よりも実力主義の要素が濃くなり、営業職で大きな成果を残したり、実績や経験が豊富な業界のエキスパートは、より高年収を得やすくなっているようです。

電機メーカー社員のやりがい、楽しさ

世界を舞台にものづくりができる

日本は技術立国という言葉に端的に表されるように、卓越した工業技術をもとに経済を発展させてきました。

大手電機メーカーは世界的なブランドを確立しており、そこで働く社員は、世界を舞台にしたビジネスを手掛けられる点が、働くうえで大きなやりがいにつながっているといえます。

現在においても、電機メーカー各社はさまざまな分野で世界最先端の技術水準を擁していますので、技術系の研究開発職などでは、非常に高度な仕事に携わることができるでしょう。

電機メーカー社員のつらいこと、大変なこと

電機業界は激動の時代を迎えている

これまでの電機メーカーは、誰もが知る名だたる大企業をはじめとして、業界全体で安定しているイメージが強く、就職できれば終身雇用は半ば約束されているような側面もありました。

しかし電機業界の移り変わりは早く、中国などの新興国メーカーが大きくシェアを伸ばしてくると、価格面で世界競争力を失った国内企業は一気に業績を悪化させ、リストラなどが相次ぎました。

また、消費者が求める商品も短いスパンで流行り廃りがあり、電気メーカー各社には、機動的な経営判断が問われるようになっています。

電機業界は、たとえ最大手といえども安泰でない、厳しい時代を迎えているといえます。

電機メーカー社員に向いている人・適性

組織のなかで働ける協調性のある人

電機メーカーの仕事は、企画開発や営業、マーケティングなど、たくさんの部署の社員と協力して仕事を進めることになります。

大手企業などでは非常に大所帯となるため、個の意見を通すよりも、集団のなかでそれぞれの役割をまっとうすることが求められる傾向が強くなります。

また、歴史ある伝統企業が多いこともあり、従来のやり方を踏襲することや、チームの和を乱さないことが重視されるケースも珍しくありません。

組織の一員として働ける、協調性のある人が電機メーカー社員に向いているでしょう。

電機メーカー社員志望動機・目指すきっかけ

ものづくりの代表的業界で働きたい人が多い

電機業界には、新製品や新技術が日々開発されているというイメージが強いため、ものづくりに関係する仕事がしたいと電機メーカーへの就職を希望する人が多い印象です。

電機製品は、家庭のなかでも、街中でも、学校でも、また各種産業においても、あらゆるシーンでさまざまな用途に活用されている、社会になくてはならないものです。

そういった製品製造に携わり、人々の生活をより便利に、より豊かにしたい、あるいは産業に貢献したいと考える人は少なくありません。

電機メーカー社員の雇用形態・働き方

契約社員からでも正社員になれる可能性が

電機メーカーでは正社員のほか、営業職や事務職、企画職などの契約社員も多数働いています。

ただ、企業としては優秀な人材を確保したいため、契約社員に対しても働き次第で正規雇用する「正社員登用制度」を設けているところが多く、雇用形態に関わらずチャンスは十分にあります。

また、正社員の働き方として、大手電機メーカー各社はグループ内に複数の企業を抱えているため、人によってはグループ企業への出向を命じられるケースもあるようです。

電機メーカー社員の勤務時間・休日・生活

比較的柔軟な勤務体系のところが多い

電機メーカーの勤務時間は、本社勤務などオフィスワークの場合、8:30~17:30くらいとなっているところが多いようです。

ただ、本社だけでなく、全国各地の支社や研究施設、工場で働く場合もありますので、それぞれの勤務地によって事情は異なるでしょう。

また、電機メーカーでは、フレックスタイム制を導入しているところや、出産・育児中の社員を対象に短時間勤務制度を取り入れているところも多く見られます。

それぞれの都合に合わせて、ある程度弾力的に勤務時間を選択できるでしょう。

電機メーカー社員の求人・就職状況・需要

大手は毎年数百人単位の採用を実施している

大手電機メーカーはその事業規模が非常に大きいことから、新卒求人についても大量採用を実施しており、最も多いところでは事務系・技術系あわせて毎年500名~1000名程度を採用しています。

なお、事務系に比べると技術系のほうが2倍~3倍程度多めに採用されるケースが一般的です。

ただ、そういった大企業は歴史と伝統のある知名度の高いところばかりであり、就職希望者は多数となるため、いくら採用枠が多くても競争は非常に厳しいものとなります。

電機メーカー社員の転職状況・未経験採用

電機業界は転職市場における人気も高い

電機メーカーは、即戦力となれる実務経験者を中心に、中途採用を実施しているところも数多くあります。

中途採用においては、新卒時とは事情が異なり、欠員が生じた場合や業務拡大に合わせて、必要となる職種がピンポイントで募集されるケースがほとんどです。

このため、希望する職種・勤務地の募集がすぐに見つかるとは限りませんし、また電機メーカーは就職先としても相応のブランド力があるため、倍率も高くなりがちです。

電機業界で働きたいなら、ある程度中長期的なスパンで転職活動することが必要かもしれません。

電機メーカー社員の現状と将来性・今後の見通し

大手でも先行き不透明感は払拭できない

近年、大手電機メーカーは、円高の影響や欧州の債務危機を発端にした不安定な経済状況、東日本大震災、価格下落などの影響によって業績悪化に陥る傾向が強くなっています。

大幅な人員カットや事業売却、海外との資本提携をする企業も出ており、先行き不透明な状況が続くでしょう。

そのなかでも、各社はグローバル展開やIT・ネットワーク技術による独自の提案などによって活路を見いだそうとしています。

就職先の選定にあたっては、各社の経営方針や事業展開を見極めることが必要といえるでしょう。