1分でわかる「映像制作会社」

仕事内容
テレビ番組や映画、コマーシャルなど、さまざまな映像を制作するのが映像制作会社の社員の仕事です。

企業の規模によって採用する職種は異なりますが、一般的には、映像の企画や全体構成を考えるディレクター、編集を担当する編集マン、撮影を担当するカメラマン、照明専門のライトマンがいます。

また、シナリオを担当するシナリオライターやCGを手がける映像クリエイターが在籍していることもあります。

この他には、営業や経理などを担当する事務職の社員もいます。
なるには
映像制作会社で働く上では特別な学歴や資格は必要ありません。

テレビ局の正社員をめざす場合は大卒以上の学歴が求められることが多いのですが、映像制作会社の場合は高卒や専門学校卒でも採用するケースが多いようです。

未経験者も歓迎する傾向があるので、転職をめざす人にとっても挑戦しやすい業界といえます。

センスやアイディアが成功のカギを握るので、就職試験では「映画鑑賞が趣味」「絵を描くのがが得意」「動画の編集の経験がある」などの自己アピールをするとよいでしょう。
給料
映像制作会社社員の給料や年収に関する統計はありませんが、企業や雇用形態によって大きな差があります。

テレビ局や広告代理店の関連会社として設立された企業であれば、経営は安定しており、給料も比較的良い傾向があるようです。

また、映像制作会社の中でも大手企業の正社員であれば、ボーナスや家賃補助などもあり年収500万円をめざすことも可能です。

その一方で、中小企業の場合、業務量が安定しないことや経費削減の余波を受けて人件費を削らざるを得ないこともあり、時給1000円ほどの非正規雇用で働くことも珍しくありません。
将来性
近年では動画サイト向けの広告が好調ですし、スマートフォン向けのゲームアプリやインターネット放送局のオリジナル番組など、昔はなかったような新たな映像コンテンツも次々と生み出されています。

映像制作会社社員の業務の幅はこれからも無限に広がっていくでしょうし、その中には世間への影響力が大きい仕事や莫大な利益を生み出せる仕事もあるでしょう。

まだまだ成長の可能性を秘めているので、新しいことに挑戦したいという人にとっては非常にやりがいのある職業です。