1分でわかる「ブライダル企業社員」

仕事内容
ブライダル企業社員は、結婚式を挙げたいと考えるお客さまに対して、挙式・披露宴のプランニングや、結婚式当日のさまざまなサービスなどを手掛ける仕事です。

結婚式を挙げたいお客さまを見つけ、お客さまの結婚式に対する要望をヒアリングしたうえで、数ある結婚式場やブライダル企業のなかから自社を選んでいただけるように提案を行い、結婚式当日が最高の一日になるよう、お客さまと一緒にイベントの企画を考えていきます。
なるには
ブライダル企業社員は、結婚式場の運営や、挙式サービスを手掛ける企業で働くことができます。

学歴はさほど重視されませんが、ブライダル系の専門学校を出て、そのままブライダル企業へ就職をするルートが一般的です。

そのほか、大手企業では幹部を目指せるキャリアとして、大卒者中心に採用を行っているところもあります。

ブライダル企業ではプランナー以外にも、営業やマーケティング、また総務や経理といった管理系の職種など、さまざまな仕事に従事する人が働いています。
給料
ブライダル企業社員の給料は、企業の規模や地域、職種、経験などによって変わってきますが、平均年収は300万円~500万円程度といわれています。

経験を積んで、マネージャーや部長、支配人など、役職が上がっていけば、給料も少しずつ上がっていくでしょう。

ただし、景気の影響を受けやすい業界であること、またサービス業は競争も厳しく、人件費もかかるため、どれだけ経験を積んでいったとしても、飛びぬけて大きな収入を得るのは難しいといわれています。
将来性
挙式や披露宴のあり方は、ファッションと同じように時代によって移り変わっています。

現代は、お金をかけない結婚式を挙げる人も増えており、より「自分たちらしさ」「オリジナリティ」を追求する傾向が強くなっているといわれます。

このような世の中の移り変わりや顧客ニーズにいかに対応していくかが、ブライダル企業の生き残りを左右するといっても過言ではありません。

そして、企業が提供するサービスをつくり出す社員一人ひとりの人間性、仕事に対する熱意がより強く求められてくるでしょう。